Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 24日

「Moonlight Shadow」からBlackmore's Nightへ。

前回のブログを投稿してから、その後がどうも不完全燃焼。
でもその理由がわからず、ず〜っと気になっていました。
今朝早く解決、早くブログに定着させれば放念することができる!
もともと足りない脳内メモリを、余計なことに喰われてしまっています。

台風の去った夜の月から、
e0220506_1025151.jpg

Mike Oldfield の「Moonlight Shadow」へと結びつけましたが(こういうことを止めれば、もう少し楽になるんでしょうが. . .)、他にも有名な曲がありました。
このことが引っかかっていたわけです。



Blackmore's Night「Shadow Of The Moon」(1997年」
e0220506_10295556.jpg


1997年来日時の動画。




たぶんこの海賊盤CDと同じ内容に思われます。
Blackmore's Night「Japan Tour 1997」
e0220506_10371835.jpg

e0220506_10373720.jpg

このSylphというレーベルはどれも超高音質!!!
以前のテープによる海賊盤は、ピッチは狂っているし、音は揺れるし、高音も低音も出ないし、でしたが、最近のブートは場合によるとオフィシャル盤をも凌駕!!!

盤面までカラーコピー!!!
e0220506_10421454.jpg

でも、できたらCD1、CD2を別な画像にして欲しかった。


もう一曲ありました。
「Under A Violet Moon」(1999年)
e0220506_1045572.jpg


この動画は「Castles & Dreams」(2005年)DVDからです。



バックコーラスのお姉様は姉妹ですが、双子か? 良く似ています、声もおんなじ!

2枚組ですが、もう1枚は何かよくわからない、ゲームみたいのもついています。
e0220506_10583340.jpg

e0220506_1135844.jpg

最近、孫のようなお子さんに恵まれたリッチーさん。
e0220506_1151774.jpg

お二人とも幸せそうですね!!!



ここで、Ritchie Blackmore Wikipediaでさわりのみ。

リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore 本名:Rihard Hugh Blackmore(リチャード・ヒュー・ブラックモア) ,1945年4月14日 - )は、イギリス出身のギタリスト。アメリカ合衆国在住。身長179cm。ミドル・ネームがハロルド(Harold)と表記されることも多いが、誤りである。

ディープ・パープルの元メンバーとして有名。その後、別のハード・ロック・バンド、レインボーを率いた。現在はフォーク・ロック・プロジェクト、ブラックモアズ・ナイトで活動している。


とありますが、「フォーク・ロック・プロジェクト」がおかしいですね。



Ritchie Blackmoreについては、あらためてアップしようと考えていますが、来年の正月休み三日間返上しないと、というくらいなボリュームになりそうです。
そうすると無料枠を使い切ってしまうことになる。
エキサイトブログは現在の無料サービスではなく、有料ブログへ移行しなくてはならない。
(だから画像を少なくして文字数も減らせば、と足立さんに言われていますが)、やるだけやらないと不完全燃焼。
どうしてこんなに自分で自分がコントロールできないのか?


リッチーさんは、奥方のキャンデスの母上がマネージメント。
でもそのおかげで、仕事を途中で投げ出したり、ステージで喧嘩したりせず、演奏活動と家庭生活を両立しているわけですね。
あやかりたいけど、もう奥方はいりません、こりごりです!!!
[PR]

# by ditzyzesty | 2011-09-24 11:36 | 音楽
2011年 09月 22日

工房の片付けから「Moonlight Shadow」まで。

三日間を費やして何とか片付けました。
手仕事の部屋は10帖ですが、ジャンクオーディオが場所をとっているため、結構狭いんです。
それで隣の6帖には大きなテーブルにMacが山積み、床の上もMacで犬が歩くスペースしかありませんでした。
それを捨てることができないため、母屋に移動。
こうしていつも、あっちのものをこっちへ、こっちのものをそっちへ、みたいなことをしています。
叔父や叔母の実家でもあるため、玄関から仏壇までの歩くスペースも確保しておかなければならない。
たぶん明日にはやってくるので。

お彼岸なので彼岸花。
e0220506_21101517.jpg



G4を3台、iMacを2台残しました。
e0220506_2113568.jpg

e0220506_21132857.jpg

チェリー材のテーブルは1M幅で長さ2.2M、伸縮式でレールを引っぱって中央に板を載せると、なんと長さ2.7M!!

お客様が見えるとよく言われます。
「大きくていいですね、自分用にテーブルお作りになったのですか?」
「いいえ、自分ち用のは決してお作りになりません、某オフハウス宇都宮駅東店でお買い求めになりました!」
「そんなもんなんですか?」
「はい、私はそういう人間なんです」
「. . . . . . .」
これだとお客様はがっかりでしょうね。

でも1M幅で2.2M長さ(2.7Mまで延長)、ほとんど無傷で21.000円!!!
チェリー材は高価なので、材料代だけでも5万円近いでしょう。
何よりも、自分で作るより早い!!!


行方不明だったG3 iBookもでてきたし、
e0220506_21284252.jpg

e0220506_2129245.jpg


広くなったし、
Before
e0220506_2265677.jpg


After
e0220506_21294664.jpg

これで、仕事をする気になれます。



きれいになったところでの仕事始めは、神田さんから依頼されたキャビネットの扉13枚。
別なことで仕事始めにしたかった、と言ったら神田さんには失礼か。
でも長いつきあいで気心知れているから、こんな図面でも大丈夫!!
e0220506_21355537.jpg

(前にもブログにしたような?)

加工時間は正味6時間、自分で言いますがはっきり言って速い!!!
e0220506_21381287.jpg

毎日この仕事が続けば、山のようにCDを買えると思う。
e0220506_21391738.jpg

犬にとっては、どうでもいいことでしょうが。



いつもは往復4時間かけて、神田さんが引き取りにきてくれます。
その前に材料を4時間かけて届けてくれますが、私のところに1〜2時間いるので、合計10時間強!!
ガソリン代を考えると、神田さん自身で作ったほうが早いと思うけど. . .
でも、そこまでして私に仕事を回してくれる、ありがたいです!!

神田さんは今回大忙しで、間に合わないという。
そういうことでもあるので、昨日は豪雨のなか届けてきました。

行ったら工房に見慣れぬラジオが。
e0220506_2147627.jpg

電動ドリルの充電、携帯電話の充電もできると。
e0220506_21482070.jpg

もちろんHITACHI製なのでマキタの充電はできません。
e0220506_21502553.jpg

CDはついてなくてAMとFMラジオです。
周波数特製がかまぼこ型で、中域重視と感じました。
職人さんの現場専用モデルですが、これ欲しい。



帰りも豪雨で恐い感じでした。
無事に家にたどり着き、外にいる犬を工房内に避難させて、台風が通り過ぎるのを待ちました。
思っていたほどの強風はなく、午前0時には東の空に月が。
e0220506_21575515.jpg


こういう月を見ると、
Mike Oldfield 「Moonlight Shadow」



VocalのMaggie Reilly がなんともいいですねぇ。
(映像と音が合ってないけど、この時代の動画ではよくあること)
今でも少しふくよかになって歌っていますが、この歌声にはかなわない!!!

スタジオ録音盤ではDrumsはSimon Phillipsのはず。
動画では別人のようですが、Drumsの音は間違いなくSimon Phillips。
でも顔は違っていても、上からスティックを叩きおろす演奏の仕方はやはりSimon Phillipsのよう。
このDrumsは誰なんでしょうね。

Wikipediaによると、
”サイモン・フィリップス(Simon Phillips 1957年2月6日 - )は、イギリス・ロンドン出身のセッションドラマー、スタジオミュージシャン。 数多くのバンドやプロジェクトに参加した。1992年より亡きジェフ・ポーカロの後任としてTOTOに加入。”


話を戻し、当時は歌詞の意味がわからず、ロマンチックな歌と思っていましたが対訳をみると、

「Moonlight Shadow」

彼女が彼を最後に見たのは
月影にさらわれる姿
彼は彼女のことを心配しながら、案じながら
月影にさらわれていってしまった
土曜日の夜の不可解な出来事の中
彼はいってしまった。遠い向こう岸の世界へと
彼は無謀な争いに巻き込まれてしまった
彼女にはそれをどうすることもできなかった

夕闇の中でささやく木々は
月影にさらわれて
切ない悲しみの歌を奏でる
月影にさらわれながら
彼女に見えたものは拳銃の影だけだった
彼はいってしまった。遠い向こう岸の世界へ
彼は逃亡中のならず者に6発も撃たれて
彼女にはそれをどうすることもできなかった

遠い天国であなたにあえることを祈り続けます
いつか天国であなたにあえることを祈り続けます

午前4時
月影にさらわれて
あなたの姿がぼんやりと見えてくる
月影にさらわれて
銀色の輝きの中で星がゆっくりと動いていく
遙か遠くの向こう岸で
今夜私とお話ししに帰ってきてくれる?
でも彼女にはどうすることもできなかった

遠い天国であなたにあえることを祈り続けます
いつか天国であなたにあえることを祈り続けます

遠い天国であなたにあえることを祈り続けます
いつか天国であなたにあえることを祈り続けます

彼女が彼を最後に見たのは
月影にさらわれる姿
多くの人々が彼に別れを告げに集まってきた
月影に誘われて
105人の群衆の真ん中でたたずみながら
夜は重苦しく、空気が動いている
でも彼女にはどうすることもできなかった
月影にさらわれて・・・・


以上は「マイク・オールドフィールド・レビュー」様のウェブページによりました。
恐い歌だったんですね。
動画のなかでも不吉なシーンがありました。

それを踏まえて昨夜の月をよく見ると、
e0220506_22315642.jpg

はっきり言いますが、フォトショップ加工はしていません(きっぱり)
この血のように赤い線はなんでしょうか?!



Simon Phillipsの動画を追加します。
昨晩はYoutubeの「お気に入り」で見つかりませんでした。
けっこういつの間にか消えてしまっています。
大切な動画に限って. . .

私にとっては苦手なジャンルの音楽ですが、好きなDrumerなら見たり聞いたりできる!!



3歳半からDrumsを叩いていたそうです、父親も音楽家、もう何にも言えません. . .
[PR]

# by ditzyzesty | 2011-09-22 22:44 | 日常