「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 28日

姉さんだったらいいな!!! Pam Tillis。

PCでYoutubeが見られず、ブログを休んでいました。
いままでFlash Playerの最新版で普通に見れたのに、しかも他の2台のG4とG5は難なく見られるのに。
それで旧バージョンに戻したら、見ることができる。
釈然としませんが、Adobe様から無償提供なので. . .



三人兄弟の長男だったので、小さい頃からず〜っと姉がほしかった。
この年になった今でも。


あこがれの姉のようなカントリー歌手 PamTillis、 でもCDは二枚しか持っていない。
「Greatest Hits」(1997年)
e0220506_20324370.jpg

優しさのなかにも、憂いをふくんだお顔のジャケットで、90年代のヒット曲を網羅。

ライナーにも優しそうな写真が。
e0220506_20341032.jpg

e0220506_20345420.jpg

PamTillisは、お父さんもカントリーの歌手らしい。


もう一枚はTGG Directという怪しげなレコード会社。
Pam Tillis「Live」(2008年)
e0220506_20452283.jpg

もう少しまともな写真にしてほしい、デザインも変だし。
でも音は非常に良い!!

なぜなら、このDVDからのコピーだから。
Pam Tillis 「Live At The Renaissance Center」(2005年)
e0220506_20491994.jpg


e0220506_20492972.jpg


小さい会場らしくステージが狭そうです。
e0220506_2053328.jpg

Bassは低くて深い音色、OrganとSteel Guiter、それにFiddle、Mandorin、Guiterを持ち替えながら歌う若い二人。

GuiterはDorin Favorite いかにもテレキャスターといった音で、気持ちの良いフレーズを繰り出す。
e0220506_213732.jpg


DrumsのKent Slucherはアグレッシブな叩き方、まるで目の前でシンバルが炸裂しているようで、
思わず目をつぶってしまうほど。
e0220506_2104566.jpg

録音も相当いい!!

攻撃的なドラミングが顔に表れています。
e0220506_2113052.jpg


若いメンバーを従えて、
e0220506_215982.jpg

e0220506_2153016.jpg


クレジットにはProducerとBassが同じ姓、兄弟でしょうか。
e0220506_2172388.jpg



もはやYoutubeがなくては、ブログが成り立たなくなりつつあります。
大ヒット曲「Cleopatra, Queen of Denial」
1992年のステージらしい。

右側の赤いジャケットが、先日のブログで紹介したMary-Chapin Carpenter、真ん中はやはりカントリー歌手のSuzzy Boggus、左はわかりません。
でも打ち合わせがなかったのか、三人の動きが合ってない、これも面白い。

右側にFiddleで若き日のMark O'connor、残念ながらFiddleの音が小さい。
他のメンバーの名前をいちいち上げませんが、ナッシュビルの超一流揃いです。

1分40秒に注目、観客の男性が大慌てで、友人のカメラを拝借しています。
そんなに必死にならなくても。



ブログタイトル「姉さんだったらいいな!!! Pam Tillis」ですが、私よりうんと若い、でもいいんです。
あこがれの姉のような存在だから。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-28 21:33 | 音楽
2011年 07月 25日

川俣 征 陶塑展へ。

仕事の合間を縫って、友人と。
鹿沼から古峰が原方面へ向かい、日向の橋を渡ると看板が見えます。
e0220506_20352835.jpg

右折して進むと、路はどんどん狭くなり、古いお地蔵様や、
e0220506_2172155.jpg

二十三夜塔などが、
e0220506_20535695.jpg

なにやら怪しげな気配が立ちこめているようで、心霊写真のようになってしまった。
何かが見えそうで. . .

古くは隠れ里だったのでしょうか。


よりいっそう路は狭まり、
e0220506_20561472.jpg

すれ違うことは不可能。
e0220506_2057234.jpg

この先、人跡未踏のけもの道?!
e0220506_205839.jpg

その手前にシェイ.ケイコが、
e0220506_211115.jpg



なかには川俣さんとオーナー、スタッフの皆さんが(画像なし)

それと主役のピエロ達が大勢。
e0220506_2132547.jpg

e0220506_2133748.jpg

e0220506_214719.jpg

e0220506_2142124.jpg

e0220506_2145119.jpg
e0220506_21556.jpg
e0220506_215166.jpg

e0220506_2154699.jpg

e0220506_2153158.jpg



宮田さん作の陶器のスタンド。
e0220506_21101931.jpg

e0220506_21103455.jpg

宮田さんは、こういう細やかな仕事が非常に上手!!!


楽しく話しを伺っていたら、お客様が殺到!!
e0220506_21125222.jpg

栃木県でいちばん人気のギャラリーだと思う、たぶん。




帰りには、蓮の花を見ることができました。
e0220506_21325576.jpg




e0220506_21332167.jpg




e0220506_21333839.jpg



苦しみから逃れて、早く極楽浄土に行きたい(ウソです)
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-25 21:40 | 日常
2011年 07月 24日

Makitaのコードレスドリル発注記念で、MR.BIG。

クラブアップルの実が大きくなってきたな、と思っていたらやはり病気が発生。
e0220506_9365859.jpg

病気には強いということだったのですが. . .
Bises 1999.10月号、
e0220506_93924100.jpg

焼きリンゴをするような子供もいないけど、
e0220506_9402680.jpg

リンゴ園の名残が少し欲しかったので、
e0220506_9413763.jpg

4種2本づつ購入、メイポール1本のみが残り、しかも弱った枝に実がつく。
e0220506_9465715.jpg

種を残そうという必死の思いでしょうか。
来年はほんの少しだけ防除をしてみよう。



普段は電動ドリルはほとんど使用しません。
大きい木工機械は好きですが、手に持つ電動工具はあまり好きでなくて。
電動工具は不安定な作業になるから。

40年前に初めて購入した記念すべき電動工具、嬉しかった!!
これでなんでもできると。
e0220506_9563336.jpg

「日立電気大工」 うまいネーミング!!
e0220506_9573585.jpg

このドリルのモーターを利用して、付属アタッチメント(カンナ、丸ノコ、ジグソー)をつけると、電気大工になれる. . .

でも、まったくなれません。
使いものにならない。
唯一残ったのがドリルのみ。
でも6.5mmまで、しかたないので、13mmをあとから買って使っていました。
e0220506_102282.jpg

これが重くて、非力な腕ではコントロールしずらい。

でもギター加工では、どうしてもボール盤で穿孔加工できないような時があり、それが嫌で嫌でもうギター加工もやめようかな、とも。
穿孔加工のみ依頼出来るところもないし. . .


時間がかかってもいいから、手作業なら楽しいのですが、
こんな小さいドリルもあります(もちろん手動)
e0220506_1095461.jpg

0.5mm~1.8mmまで(実物大)


ギター加工は大切な収入源なので、やめるわけにもいかず、いろいろ考えた結果、コードレスの軽いドリルを購入することにしました。
e0220506_10123911.jpg

マキタです。
私の年代はモートル(ロートルではありません)は日立!の刷り込みがあり、いままでマキタのことは視野にありませんでした。
でも道具屋さんが「旧型のドリルがあり、それなら安くできる」と言うのでマキタに決定。

なんと言ってもMR.BIGのPaul Glbert、Billy Sheehanもご愛用だし!!
でも凄いこと考えますね、スタジオでこんなことしてもどうってことないけど、やはりライヴで目に見えるという効果は圧倒的です。

MR.BIGのCDが見つからないので、RACER Xで代用、でもBilly Sheehanはいませんが。
「Superheroes」(2000年)
e0220506_10425319.jpg

ライナーが派手!!
スーパーヒーローだから恐いものなし! 何でもできちゃう!!
e0220506_10432646.jpg

裏はポスター
e0220506_10545636.jpg

再結成第二弾ですが、名盤でしょう(はっきり言って録音はX)


お二人がRYOBIでもHITACHIでもなく、MAKITAのドリルをを選んだ理由はわかりませんが、ツアーにはマキタが相当協力したそうです。
MR.BIGのSignature Model ドリルを作れば、あちらのカーペンター達がこぞって買ったと思うけど. . .(文化の違いか、日本の大工さんは買わないでしょうね、たぶん)

来日の折にはマキタ安城工場へ、見学にも行っています。
e0220506_105148.jpg

友人の話によると、当時お茶の水の楽器屋さんで、ギター、ベースに並んでドリルが売られていたそうですが、宇都宮では見てないなあ。


HARD OFF小山店で、今さらながらのVHS、デッキもないのに. . .
e0220506_1104530.jpg

e0220506_111541.jpg

Live And Kickin'(1992年)での1曲目、「Daddy、Brother、Lover、Littleboy」
こればかりは見なくてはわからないということで、Youtube埋め込みで。
2分45秒から注目です。

ギターとベースがユニゾンで、トリッキーなプレィを。
この頃はピック3枚組み込みでしたが、最近は4枚にパワーアップした模様。

20年近く前の映像ですが、BassのBilly Sheehan(現在はビリー.シーンですが、当初はビリー.シーハンと表記されてました)うまいです、どんなに早弾きしても非常に理知的!!


ついでに歌詞もコピー&ペーストしときます。

If you're a red hot fire cracker
I will light your fuse
If you cry like a little girl
I'll dry your baby blues
When you need a man of action
I'm ready to make my move
Like a shotgun shot, Johnny on the spot
There's nothing I can't do

Everything you're looking for
You can find in me
I'll be anything you want
Anyone you need
I'll be your daddy, your brother, your lover
And your little boy

When your body needs salvation
I'll be your tender touch
I'll take all the love you give me
And give you twice as much
When we get undercover
And do the horizontal mile
I'm in the mood to answer to your call of the wild

Everything you're looking for
You can find in me
I'll be anything you want
Anyone you need
I'll be your daddy, your brother, your lover
And your little boy

Everything you're looking for
You can find in me
I'll be anything you want
Anyone you need
Everything you're looking for
Anything that you want and more
I'll be your daddy, your brother, your lover
And your little boy

Your daddy, your brother, your lover
And your little boy

I'll be your everything
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-24 11:30 | 音楽
2011年 07月 23日

日暮れて道遠し. . .

川俣さんの展覧会用の額の残りが昨夕できあがり、急いで益子まで届ける。
前日取りに来ていただいた41枚は、もうピエロが入って仕上がっているものと思ってましたが. . .

金箔でお化粧中。
e0220506_511931.jpg

宮田さん、金箔が飛ばないように、部屋を閉め切って仕事しています。
e0220506_531758.jpg

昨日、今日と涼しくて良かったですね!

他は額に入っているのか?と思い気や、
e0220506_552014.jpg

e0220506_554324.jpg

e0220506_565190.jpg



額入りはたったこれだけ。
e0220506_56327.jpg

「これで大丈夫?」
「明日の昼から搬入と飾り付けだから、何とかなるだろ」


まったく似たような私なので、これ以上何にも言えませんが、最後の最後まで良くしようと粘っている、と思うことにして. . .
日暮れて道遠し. . .ですね(人のことは言えません)



先日、私にとって「禁断のYoutube埋め込み」をやってしまったので、あとはもういくらでも。
でもなるべく自重しようと。

やはり手もこころも動く音楽、Mary Chapin CarpenterとMichael Doucet with Beausoleilの「Down at the Twist and Shout」を。

Mary Chapin Carpenter「Party Doll」(1999年)
e0220506_5454125.jpg

ここで3曲目に「Down at the Twist and Shout」をMichael Doucet with Beausoleilが参加して演奏しています(スーパーボールで、自身のバンドと共に)

Michael Doucet with Beausoleil(1990年)
e0220506_551421.jpg

81年と84年のアルバムをまとめたCD。
Michael Doucet は、コメントをくださるSlide ONE様の友人でもあります。
近々お会いになるそうなので、できましたらサインをお願いしたいのですが. . .
e0220506_5534283.jpg

ケイジャン音楽の大家、今年で60歳なのでこの写真は35歳前後か。

話は元に戻りますが、Mary Chapin CarpenterとBeausoleilはなんどか競演しているようです。
でもこのYoutubeで見られる演奏が一番!!
観客席の前は、地元の名士と奥方らしき方達で占められています。
そのせいでしょうか、もう最初からメンバー全員飛ばすこと!!
特にMichaelさん、楽しそうに演奏しています。

アコーディオンは初期のメンバーErrol Verretと思っていたら、どうやら違うようです。
(でもこのジャケット写真から年齢を重ねて、この動画の顔になるとのではと思うのですが)
ここでのアコーディオン いいですね。
心がわくわくしてきます。


演奏が終わって最後に名士の奥方が、納得!!といった感じで首を振るのが面白い!




音楽はいいですね。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-23 06:38 | 木工
2011年 07月 21日

破れかぶれでDropkick Murphys「Worker's Song」

川俣さんのピエロの陶塑展が24日からで、搬入が23日、額縁の納品が20日頃としていましたが、数が多くて決まったのも遅かったため、若干遅れてしまいました。

今日川俣さんが益子から取りに来てくださったので大助かり。
取りあえず2種41枚の積み込みを。

後ろ姿の川俣さん!!
e0220506_2122824.jpg

拭漆は4回。
額に合わせて今晩金箔を押すそうです。
e0220506_21232111.jpg

材はサペリマホガニー。
陶板を貼るための、シナベニアの仕上がりが良くなくて気になっていたけど、「これで上等」と。

以前は北海道のシナの木だったのですが、現在はロシア材、間もなくアメリカのバスウッド材に変わるそうです(偶然今日見えた、東京の材木屋さんが仰っていました)
今はマレーシアでロシアのシナ材で生産、でも間もなくロシアが出荷しなくなるため。
日本のシナベニアは仕上がりが良かったですが、アメリカのバスウッドベニアは、ロシア材よりもっと良くないでしょう。
バスウッドは毛羽立ちが多く、しかも塗装ムラになりやすい、色は真っ白で奇麗ですが。
シナベニアはあまり使用しないけれども、でも気になります。


41枚仕上がっても、残りがまだ2種11枚あります。
木地ができて、
e0220506_2134316.jpg

夕方拭漆を、
e0220506_213558.jpg

昨日までは湿度も温度もあり、乾きすぎるくらいでした。

ここで、Slide ONE様 お気遣いありがとうございます!!
漆の乾燥は、空気中の水分を取り込むことによる酸化重合なので、湿度70〜85%、温度25〜30度ぐらいがいちばん良い条件になります。
ですから昨日までは良かったのですが、こちらは今日の夕方 温度が18度で湿度が45%となってしまいました(寒いくらいです、このまま秋になってもいいくらい)

室内でも、
e0220506_21403535.jpg

これだと乾きがそうとう遅くなるので、加湿します(22度で50%)

これで夜中に1回、明日朝1回、昼頃最後の1回拭漆をして、明日夜益子まで届けます。
乾き具合が不安ですが、こうなったらなるようにしかならないと。


ブログタイトルですが、仕事でもたついて手が動かなくなったら、アイリッシュパンクに限ります。
アイリッシュパンク東の雄、ボストンはDropkick Murphys。
「Live」(2009年) DVD+CD
e0220506_21512034.jpg

デザインもパンキッシュ?
e0220506_215353.jpg

結成から15年、2004年からメンバー不動ですが、生粋のアイリッシュはBassのKen Caseyだけです。
可愛い少女たちが大勢でアイリッシュダンスですが、パンクにあってないようで. . .
お互いに困った様子が、ところどころで見られて微笑ましい。
e0220506_21551928.jpg


イギリス軍とアイルランド勢との先祖の遺恨を引きずっているのか、会場のあちこちで末裔たちが小競り合い。
屈強なガードマンが大勢で止めるのに必死。
e0220506_21584914.jpg

でもよく見ると、たぶんに予定調和的で、じゃれあっているとしか思えませんけど。


特筆すべきはDrumsのMatt Kellyの2拍子の上手さ!!
スネアのロールは、この人以上はいないのではないかと。
思うに、有名な手数王みたいなドラマーに限って2拍子は変です、あの方もそしてこの方も. . .
e0220506_2234469.jpg

Matt氏は以前よりも、どんどん上手くなっています。


最近はどうなのか知りませんが、かつて手仕事の工房を訪ねると、割とレゲエを聞いている方が多かったようです。
好きずきなのでどうでもいいんですが、レゲエは自分の場合調子が狂う。
音楽に手が合わない気が。
やはりブルーグラスやアイリッシュ等の2拍子がいい。
そして不安な時は、特にこのDropkick Murphys、曲名も「Worker's Song」!!
不安なことなど蹴散らしてくれる。


Youtubeの貼り付けは、なぜかためらいがあります。
自分でアップロードした訳でもないのに、簡単に貼り付けることが申し訳ないような気がして. . .
一回ハードルを超えると多用しそうですね。

今回ばかりは動画で見ないと。


[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-21 22:42 | 音楽
2011年 07月 16日

ギター制作者の作った額縁と木工業者の作った額縁。

ギター制作者でヤマハのアコースティックギターのコレクターでもある増田さんが、先頃見えました。
しばらく前に額縁の作り方の手ほどきをほんの少し。

それなのに、こんなのを作ってこられると、
e0220506_21471037.jpg

もう、木工業を廃業したくなります。
e0220506_21492950.jpg

サウンドホールの象眼の応用ですね。

もう一種類、
e0220506_21504459.jpg

少しモザイクが違いますが、これもお見事!!
e0220506_21515384.jpg



それで件の木工業者が作った額縁(410mmX540mm)
e0220506_22123139.jpg

何の工夫もないし、面白くもなんともない. . .

でもいいんです、中身が引き立てば、どうせ額縁は縁の下の力持ち。
e0220506_22133665.jpg


川俣さんの展覧会が決まり、大慌てでバタバタとやっています。
川俣 征  陶塑展  7月24日(日)〜31日(日)  Chez Keiko(シェイ ケイコ)
e0220506_2216942.jpg


こんなのも中に入って、
e0220506_22154455.jpg

大小合わせて4種類、52枚、拭漆仕上げで21日まで. . .
もう少し陶板が早く出来ていればと思ったけど、早く出来ていても体調が悪かったから. . .


20枚は木地が完成、明日拭き漆。
e0220506_2223093.jpg

あと21枚は明日組み立て。
e0220506_22235126.jpg

あと小さいのが11枚。
否応なしにやらざるを得ない。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-16 22:30 | 木工
2011年 07月 15日

なぜか惹かれる有毒植物 「このうらみはらさでおくべきか」というようなことは考えておりませんが. . .

毎年今頃になると咲き出す朝鮮朝顔の花。
e0220506_2014242.jpg


検索によると、

ダチュラ【datura】
学名:Datura(ダチュラ、ダツラ)
和名:朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)
俗名:キチガイナスビ、曼荼羅華(まんだらげ)
花言葉:愛敬・偽りの魅力・変装

 ナス科 ダチュラ属 ダチュラ。インド原産。一年草。高さ1メートル程度。大きなラッパ状の白い花を咲かせ、見た目は派手。花の長さは約15センチ。夕方より開花しはじめ、強いジャコウのような芳香を放つ。園芸品種があり、花色も白、黄、紫など。大きくなり毎年花を咲かせる。「木立朝鮮朝顔(英名:エンゼルストランペット)」「ダチュラ・ノワール」というのもある。

 全草(根・茎・葉・花・種子などすべての部位)に幻覚性のアルカロイドを含む有毒植物。モルヒネのような直接的な鎮痛効果はないが、痛覚が鈍くなる為、麻酔薬や喘息薬として知られる。江戸時代の外科医、華岡青洲は、ダチュラを主成分とする内服全身麻酔薬「通仙散」を完成させ、日本最初の全身麻酔による乳癌摘出手術に成功した。しかしダチュラは猛毒なので、素人はくれぐれも注意が必要。間違えてダチュラを口にした人が病院に運ばれた等、年に何件もダチュラ中毒事故が起きている。

 ドラッグ界では「魔王」として有名。そうとうな、せん妄状態になる。全ての妄想が行動として表われてしまう。つまり理性がなくなった獣のような状態。意志の疎通も、しゃべる事もろくにできなくなり、まさに「キチガイ」の状態である。効果に強い幻覚作用があるが、アシッドのようなやわらかい幻覚ではなく、とてもカルトチックな幻覚体験である。『ものが綺麗に見える、世の美を感じる』などという幻覚はなく、どちらかというと『核爆発の真ん中』って表現がお似合いだろうか? ちなみに一日以上トブ事もあり、記憶も無いので気をつけて。

 北米インディアン「ズーニー族」の伝説では、昔、男の子と女の子が遊びに出かけた時に、神々が会議している所を見つけた。二人の子供は好奇心から会議場の回りをうろついて観察した。二人は家に帰ると、母親に会議の様子を細かく報告した。神々は二人の子供の好奇心とおしゃべりを怒り、二人をダチュラに変えてしまった。それ以来、人々はダチュラを食べると、自分達が見たことについてしゃべり続けてしまうようになったという。

 ヨーロッパでは、魔女がサバト(魔女の集会)に行く際に、ダチュラを乾燥させたものを香炉に入れて燃やして、その煙を浴びて幻覚にふけったといわれる。
 また、オウム真理教も「ダツラ実験」といって、オウム信者の洗脳に使っていたという説も。


ということですが、物の本によると、
e0220506_20155096.jpg

e0220506_21574919.jpg

e0220506_21581091.jpg

e0220506_21584964.jpg

字が小さくて読みずらいですが、同様なことが書かれています。


8年前に通りすがりのお宅で見事に群生していたので、断った上でいただき実生で増やし、一時は50株にまで増えました。
その後放ったらかしておいたので、今年はたった1株に(暖かい地方の植物なので、冬に根が腐ってしまう)

でも昨日からつぼみが伸びてきて、

今朝7時、
e0220506_20402062.jpg

e0220506_2041668.jpg

夕方4時、
e0220506_20241236.jpg

e0220506_20255744.jpg

その後少しづつ開いて、
e0220506_2026532.jpg

e0220506_2027427.jpg

e0220506_2028288.jpg

7時には開き切りました。
e0220506_2029392.jpg

e0220506_20302814.jpg


夜咲く花だけに香りが強い、「じゃこうの香り」と称されていますが、たしかにいい香りです。
50株もあると、いちばん盛りの時には200輪以上も咲いたと思われます。
庭中がむせ返るような官能的な香りでした。
満月の夜は、真っ白い花が月の光で浮かび上がり幻想的です。


日光のお客様のIさんに、一昨年プレゼントした1株から播種したのを先頃いただきました。
e0220506_20384883.jpg

こんな小さくても、ナス科植物なのであっという間に大きくなって、すぐに追いつきます。

10月末頃まであとからあとから咲き続けてくれますが、花を愛でるだけ、別な使用法は考えておりません。
人間があっさりしているせいか、「うらみ」を持ち続けることができなくて、すぐに忘れるので本人がいちばん楽。

そういえばこれも庭に増殖したトリカブトが、まったく見当たらなくなってしまった。
雑草に負けたのか、誰かに引っこ抜かれてしまったのか。
農家の庭先で、鮮やかな花を咲かせていた鬼ゲシも、近頃まったく見なくなってしまったし. . .


私の住んでいるところでは、以前は大麻を栽培していました。
鹿沼の奥の地域が大麻栽培で有名ですが、現在は無毒大麻に取って代わり、誰も盗みに来なくなってしまい新聞記事にもなりません。
今ではその筋の方達はマンションで人工の光で栽培しているそうです。(栽培キットも売られているし)
思い返すと、朝露を浴びた麻の葉に日光が当たり、それが蒸発する頃麻畑に入ると、酩酊するような感じがしたのを覚えています。
それも本当にあったことなのか、妄想なのか. . .

でも、どうしてこんなに有毒植物は魅力的なのか?
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-15 21:21 | 日常
2011年 07月 14日

見た目でも内容でも、幸せになれるCD。

 
今夜も追い込みで、かんたんなブログに。

Barbara Bonneyのベスト盤(1987〜94年録音)
e0220506_20214934.jpg

1954年 アメリカはニュージャージーのお生まれなので、今年57歳(もっと年上かと. . .)
このCDは96年発売なので、ジャケットの写真は40歳前後のときでしょうか。
まだ少女のようにも見えますが。

歌はビブラートが控えめなので、たいへん聞きやすく感じます。
(一般的な大げさなソプラノは苦手なので)
好きな仕事をしながら、こういう音楽を聞いている時がいちばん幸せです。

現在も活躍中で、最近の画像を借用しました。
e0220506_20273674.jpg

あと少しだけ笑顔が欲しかったけど。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-14 20:42 | 音楽
2011年 07月 13日

嫌なCDジャケット

展示会が急に決まり、写真撮りが15日にあるため、今日と明日の夜はDMに載せるためのもの作り。
ギャラリー企画のグループ展なので、少し気が楽、ものも売るほど在庫してるし。
でも新作も多少は. . .
DM用のものは、少しづつ仕上げていた無指向性のスピーカです。
写真撮るだけなので、細かい詰めは行ないません。
それで、今日のブログは簡単に。


CDもジャケットによって、聞いてみたい気にさせるものと、まったく反対なものとさまざまです。
それぞれ、アーティストやプロデューサーの意向によって、デザインされるのでしょうね。


大好きなVictor Wooten、BanjoのBela Fleckと演っているときはホントに大好きですが、それ以外は良くわからない?
天才過ぎて、私にはついていけないんでしょうか。

「Extraction」(2004年)
e0220506_192418100.jpg

Extraction: そのものズバリ「抜歯」!!
CDにも、
e0220506_19255623.jpg

Extractionされた歯がリング状に。
私にとって非常に嫌なデザインです、だから聞いていません。


この際だから拡大すると、
e0220506_19294069.jpg

コラージュでしょうか、それともフォトショップ?
バーナーの炎は異常に大きいし、血の付いた西洋鋸が台の上に置かれているし、ハンマーは歯科用ではないし. . .
なにやら歯科医は愉悦の表情です。
サディスティックな方のようで、つまり趣味と実益を兼ねているのでしょうか。
それにこの診療台はいつ頃の年代のもの?

ライナーです。
e0220506_20203217.jpg



Victor Wootenは、ほかにもセンスを疑うようなデザインのCDジャケットが、
e0220506_19375827.jpg

これも気持ちが悪い。
8本の手がリアルだから。
まるでキメラのよう。

デザインはかのCozy Powellの「Octopuss」(1990年)がモチーフでしょう。
e0220506_19404956.jpg

Octopussというより、まるで千手観音のよう!!
ライブで、チャイコフスキーの「序曲1812年」に合わせてドラムを叩いていた姿が、今でも目に浮かびます。
亡くなってから、もう13年。


気味の悪いデザインのCDは、デス.メタルやゴシック.メタルに多くあります。
そんなの並べても仕方がないので、一枚だけ正統派のハードロック。
Dio「Lock Up The Wolves」(1990年)
e0220506_2019048.jpg

Rainbowの初代VocalだったRonnie James Dioのバンド。
Ronnie師(どういうわけか「師」と表現されることが多い)も先頃亡くなってしまったし。
このデザインも? 死屍累々か。
どうしてハードロックはこうなってしまうのか。


e0220506_19583747.jpg

左端、ギターのローワン.ロバートソン、弱冠18歳!
(似てるけどMr.ビーンはローワン.アトキンソン)
上手かったし、可愛かったし!!
今、何してんだろうか?
左から2番目がRonnie師。



何だか今日は男くさくなってしまったので、最後に口直しで、これも大好きな美人で実力派のカントリー歌手。
Chery Wright「The Metroporitan Hotel」(2005年)
e0220506_2033030.jpg

儚げな表情がいいです。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-13 20:21 | 音楽
2011年 07月 12日

残念!リンゴのMacintosh

 
先日のブログでApple社のコンピュータ Macintoshの名の謂れは、リンゴのMacintosh(和名 旭)としました。
今年は実がつき、大きくなるのを楽しみにしていましたが、
e0220506_19333.jpg

その後少しづつ病気が進み、
e0220506_1945646.jpg

ついに枯れてしまいました。
e0220506_1954232.jpg

斑点落葉病にかかっていたのですが、それ以前に腐乱病に罹患していたために、より斑点落葉病が広がったものと思われます。
斑点落葉病のみでは枯れることはまずないので、腐乱病で弱ったところに斑点落葉病が取り付ついたのでしょう。
「弱り目に祟り目」でしょうね。
e0220506_1911401.jpg


別な枝は元気なので、
e0220506_19121561.jpg

斑点落葉病もほとんど出ていない。


リンゴの防除は3月の彼岸過ぎから始まり、収穫時期まで13〜15回薬剤を変えて行います。
殺虫剤、殺菌剤ともにくり返し使うことにより耐性が出るので、同じ薬剤は使えません。
ですから青森県でリンゴの無農薬栽培に成功した方は、どんなに苦労と努力を重ねたことか。
いつか本を読んでみたいと思います。



Y様、トップ材接着後、真っ平ら。
e0220506_19194132.jpg

こんな感じ、
e0220506_19201926.jpg

音楽に合わせて、ゆらゆら揺れています。
e0220506_19211199.jpg


雨蛙も音楽が好きなので、
e0220506_19215046.jpg

ガラス窓を通して聞いています。



宇都宮市の汐崎さん、チャップマン.スティックのピックアップを黒檀の中に納める。
どうやってこんなに薄いケースを作ったらいいんだろうか?
e0220506_19261722.jpg

まったくバカでした!!
大きい材のうちに内部を加工して、あとから外形を切り捨てればいい!!
e0220506_1927462.jpg

裏板は木材だとこんなに薄く出来ないので、このまま流用の予定です。
e0220506_19321036.jpg

始まりましたので、もう少しだけお待ちいただけますか。

頭が働いていない時は、当たり前の考えさえ浮かんでこない。
この間まで、ピックアップのポールピースの間隔の割り振りさえ出来なかった。
これからは、いまの状態を崩さないように維持していかなければ。


Slide ONE様、3枚貼り合わせができました。
トップ材 ブックマッチで、
e0220506_1935124.jpg

バック材もブックマッチ、
e0220506_19343927.jpg

木口から見ると、
e0220506_19361275.jpg

うまくいった、と自画自賛。



前のお宅の奥様から、
e0220506_19412198.jpg

プラムをいただきました!!
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-12 19:44 | 日常