Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 17日

連戦連勝 ヤフーオークション!!

ヤフオクの落札価格が下がっていることは、先日のブログで記しました。
その時はBOSE AW-1でしたが、
e0220506_21293649.jpg

ついでに少しだけその後分かったこと。
低域の開口部をよく見ると、左右で構造がまったく違います。

e0220506_2131432.jpg

普通のバックロードホーンのようなスロープがついていますが、


e0220506_2132159.jpg

見えにくいですが、直径7mmぐらいの先端が尖った柱状突起が7本、しかも長さもそれぞれ違う!!(アルミのようです)
一体どういう効果と意味があるんでしょうか?
不思議なOパーツみたいです。
低域増強に効果があるなら、左右とも同じにすると思いますが、別な訳があるのだと思います。

このAW-1の実測重量は7950g、最新のAWMSIIはBOSE発表6500gと、約1500gもの差があります。
音道はAW-1が2400mmに対して2030mmだそうです。
(CDメカのために音道の長さを減らしたとのことですが、カセットメカの替わりのCDなので、別に減らさなくても、と素人の考えですが. . .)
音道が370mm減った分のアルミダイキャストの重量が、1500gの差でしょうか。
このAW-1は低音出過ぎですが、最新モデルはバランスが良いようです。



昨日届いたSONY D-3000
e0220506_2150384.jpg

右上にGIUGIARO DESIGNのエンブレムが光っております!!
木部はホンジュラスマホガニーの杢の突き板!!

これを昨年あたりの1/2以下で落札。
D-3000は3人から頼まれていますが、大好きだったラジカセの修理が、現在まったく手につきません。
分解する気になれない。
3台ともいつでもいいと言われていたので、在庫のジャンクで間に合うのですが、あまりに奇麗なD−3000だったので落札してしまいました。
「時々CD音飛びジャンク」だったせいもあるのでしょうが、ホントに安く落札。

届いてビックリ!!
まったくと言っていいくらいキズがありません。
e0220506_2204629.jpg

天板の開閉もスムーズです。
e0220506_2202539.jpg

天板も非常に奇麗!!
e0220506_2221633.jpg

後ろにはBASS VOL.が。
e0220506_2234592.jpg

入出力端子は金メッキ!!
しかも光学出力までついて。
これで当時270000円!!
BOSEとSONYで競い合っていた感がありますね。
この関係についてはまた後日(後日取り上げる予定が,ずいぶん貯まってしまったような. . .)

このD-3000ですが、あまりにも美麗なので自分用にとも思ったのですが、本人は山形行きをご希望のようです!!
仕方ありません、無理強いはできないので. . .
(音飛び云々はあっさりピックアップレンズ清掃で、30秒もかかりませんでした)


余談です。
His Master's Voice ならぬVince Gill様の甘〜いお声にうっとり. . .
e0220506_22112049.jpg

Vince Gill「Next Big Thing」2003年)
e0220506_22174255.jpg

全部いい曲ばかり、特に13.「Old Time Fiddle」メーンのFiddleはStuart Duncan!!オールドタイム風の音色とケイジャンみたいな弾き方でしかも流麗!!この曲だけでも一日中聞いていられる、飽きない。
いつも気になるDrums 最初の一撃でもうChad Cromwell!!
Bassは手堅くWillie Weeks。
カントリーには珍しくSax.でJim Horn等々。



寸法を測ったりしなくてすむ仕事、ディンプル加工が出来ました。
e0220506_22454643.jpg

e0220506_2246384.jpg

参考価格ではありません。
e0220506_22484646.jpg

トップ材との合計重量。
e0220506_2248138.jpg




連戦連勝 明日の予告。
e0220506_22555283.jpg

[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-17 22:59 | オーディオ
2011年 06月 16日

ドライブが怖い?!

今日は所用で小山市へ。
8日前に通った時に麦刈りしていた畑は、田植えがすんだばかり。
e0220506_208573.jpg

8日前、少し右よりです。
e0220506_2095911.jpg

こうして季節が過ぎて行くんですね。


毎日こういう話題は気が引けるのですが、客観的に見ていまの状態は面白い。

自動車を運転していて一番厄介なのが、前を行く車のナンバーを加減乗除すること。
これ、止めようとしても止まりません。
自動です、しかも制御できない。
大きい数字4桁、時に3桁や2桁もありますが、足し算から始まって引き算かけ算割り算と、しかも順番を入れ替えて。
避けるためには先頭を行くか、車間距離を離すこと。

でもそのために注意がおろそかになり、目的地を通り過ぎてしまったりします。
それと大きい店の駐車場で、入り口が2〜3カ所あると、どこから入っていいのか迷ってしまう。
以前にはなんでもなく意識せずに行動していたことが、普通に出来ない。
そのために家に戻ってくると、何かへとへとに疲れています。

どうしてこういうことをしてしまうのか調べました。
これも脅迫神経症の症状の一種だそうです。
この本の中の、
e0220506_531999.jpg

終わりのほうに、
e0220506_20282532.jpg

7.の計算脅迫行動にあたります。
それと、
4.左右対称、正確、順序にこだわる脅迫観念
10.整理整頓脅迫行動
11.貯めこみ/収集強迫行動 もはっきりと現れています。
 (お金を貯めこむならいいんですけど、楽器、オーディオ、木工機械、車等々カタログが膨大!)
たすかるのは3.の性的強迫観念が出現していないこと。これが出たらたいへん!!

仕事ができないのにこんな余計なことでエネルギーを使ってしまう。
どうしてか?

斯界で有名なダニエル.エイメン(オーメンでなくて良かった!)
e0220506_5313586.jpg

内容によると、私は「過集中型不安」だという。
脳のなかの「前帯状回」と「基底核」が活動過多になっているらしい。
「前帯状回の活動が過剰になると、気持ちの切り替えがうまくいかず、嫌な考えが頭から離れなくなったり、やめたい行動をやめられずにくり返したりすることになる」
ぴったり当てはまっています(喜んでもいられないが)

「それに加えて基底核の活動過多が重なると、心配ごとが頭にこびりついてしまう」
これもそう。
本に書かれているくらいだから大勢いるんだ。
う〜ん、ある程度人間の病気は、おおよそパターン化しているということでしょうか。

こうもあります。
「集中することで前帯状回の活動過剰が悪化するのは、『集中しなくては』というプレッシャーで不安が増し、困った考えや行動がなおさらこびりつく人たちだ。
これでは、深く集中するほど問題は悪化する。
危ない状況からは物理的に身を引き離す工夫をしたり、同じ考えのくり返しを断ち切るテクニックを見つけたりすると、非常に役にたつ」

もう一冊の本
e0220506_53245100.jpg


これで対処して早く何とかしないと、もう6月半ば過ぎなのに売り上げゼロなので. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-16 21:11 | 日常
2011年 06月 15日

Orphan Girl

Crooked Still 「hop high」(2007年)
e0220506_20161592.jpg

Vocals Aoife O'Donovan
Cello Rushad Eggleston
Banjo Gregory Liszt
Bass Corey DiMario
(4人とも姓が普通ではありません)

ブルーグラスにおける擦弦楽器はFiddle(まれにViola)となっておりますが、そこにBluegrass Cello(勝手に名付けてますが)というアプローチで瞬く間に地位を確立し、そればかりかフォロワー続出、でもまだ誰も彼の領域までたどり着けない。
上の画像左奥、Rushad Eggleston。

彼はFiddleのDarol Angerの門下生のようです。
e0220506_20194143.jpg

画像左のCasey Driessen、この人もいい意味でそうとう変!!(失礼ながら見た目も変!!目が怪しいし)

Darol Angerはかなりの門下生を輩出していますが、もともとはMandolinのDavid Grismannのバンド出身。
70年代のDavid Grismann Quintetはほんとうに面白かった。
実験的で革新的でもあり、いま聞いても新鮮。

ゲストでStepane Grappelliを招いたり、BassがRay Brownだったり、一時はRob Wassermanの時も。
Fiddle の天才Mark O'ConnorがGuiterだったり(彼はフラットピッキンのチャンピオンでもあります)、Hal Blaineが参加していたこともあったりと、いったい何人かかわったのか?というくらい。
e0220506_20584547.jpg



それでCrooked Still 。
いままで4枚アルバムを出していますが、Rushad Egglestonは3枚目までで辞めてしまいました。
てっきりリーダーかと. . . 違ってたんですね。
「hop high」のなかの白眉とも言えるのが、元歌Gillian WelchのOrphan Girl。
e0220506_21283378.jpg

Orphan とは孤児のこと。

じつはGillianさんのCDはもってなくて、Youtubeで視聴しただけ。
(Emmylou Harrisもカバーしていますが. . .)
Crooked Stillによるカバーはスピード倍近い、歌も不思議なうまさ、Rushad EgglestonのCelloのノリが凄い、BanjoはBela Fleckの影響を感じます。
本当はさみしい切ない歌なんですが、Rushad Egglestonは孤児になってしまった少女のこころを、叩き付けるように演奏しています。

詩の一部を。

I am an orphan on God's highway
But I'll share my travels if you go my way
I have no mother no father
No sister no brother
I am an orphan girl

I have had friendships pure and golden
But the ties of kinship I have not known them
I know no mother no father
No sister no brother
I am an orphan girl

But when He calls me I will be able
To meet my family at God's table
I'll meet my mother my father
My sister my brother
No more orphan girl

Blessed Savior make me willing
And walk beside me until I'm with them
Be my mother my father
My sister my brother
I am an orphan girl


9曲目の「Lulu Gal」(意味不明?、だれか教えてください。)
Dirk Powellのアルバムからですがこの曲もいい!!

Crooked Still、Rushad EgglestonをYoutubeでぜひ見てください、Celloでこんなことやっちゃうんだ?!となりますので。
e0220506_2325839.jpg


ライナーを見るとThanksに、
FidlleのLissa Schneckenburger、Darol Anger、Bruce Molsky、Michael Docet、Matt Glaser、Casey Driessen、BanjoのBela Fleck、GuiterのScott Nygaard、それから懐かしのEugene Frissen。
まだまだ書ききれないくらい。
これだけ大勢の人との関係のなかで、すばらしい音楽がうまれる。
いまの自分の状況と比較のしようもありませんが、良い意味で考えさせられます。



いつまでも何もせずにはいられないので、出来ることから。
宮崎のY様のタモ材テレキャスターシンラインモデル。
e0220506_22471556.jpg

Y様のアイディアで内部構造を変えています。

内部の側面を丸鑿でディンプル加工。
e0220506_22484787.jpg

e0220506_22491143.jpg


Y様からのメール。
>振動面積(表面積)が広くなり、従来のシンラインやチェンバーよりふくよかな音になり「ボディーサイズ」からはイメージを越えた素晴らしい音になると思います。(楽しみです)

イメージ通りになれば良いのですが。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-15 23:17 | 音楽
2011年 06月 14日

Facebookで出会い系?!

 
そのうち出るだろうな、と思っていたらやってきました。

XX XXXX
XX XXXX 2011年6月13日 17:01
件名: どうもです
いきなりメッセージをしてしまってごめんなさい!
どうしてもお話したいことがあってメッセージを送りました。
facebook内ではちょっと話づらいことなので、直接メールが出来ればと思います。
XXXX@ezweb.ne.jp
突然で驚かれたとは思いますがメール待ってます!

こんなのが昨日メールで。
もう文面見ただけで最初から怪しい!!
いちおうプロフィールを確認しましたが、友達0人(友達なしって普通ありえません)、好きな作家は川端康成に大江健三郎だと(ノーベル賞で揃えたわけ?)
どうでもいいけど音楽はカルロス.サンタナにニルバーナ。
ご出身は武蔵大学とか。
こんなんで引っかかる人いるのかな。

アカウント登録していても普段使わないヤフーメール、たまに見るととんでもない量のろくでもないメールが届いています。
よくあるのが「上流階級の奥様と月に数回お付き合いするだけで、お小遣い30万円!!」
こんなキャッチコピーで、ホントに捕まえることできるんだろうか。
なめられているとしか思えませんが。


Facebookはかなり個人的なことも記入してしまうので、要注意ですね。


あまり具合が悪いと書きたくありませんが、このところ数字で困っていました、加えてここ2.3日文字変換が難しい。
すごく迷います、老人性の痴呆症か、と思うくらい。
それなので、書きたいこともたくさんありますが、ここまで。

画像がないのも何かさみしいので、地層みたいなおがくずを。
e0220506_20502635.jpg

[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-14 21:05 | 日常
2011年 06月 13日

MacのモニタとJohn Forgerty

Mac G3のCRTモニタがただみたいな値段で、オークションに出品されていたので購入しました。
e0220506_21131963.jpg

17インチですがブラウン管なので、液晶と比較すると奥行きがあります。
e0220506_2114546.jpg


今日届いたJohn Forgertyのブート。
85年から05年までTVで放映されたものを集めたDVD。

Kenny Aronoffの髪が薄くなるにつれて、正比例(反比例?)してドラミングが超強力になっていくのが興味深い。
体型は現在と違い少し弱々しいが、ドラマーとしての地位が上がるにつれて強大になって行く。
e0220506_212133100.jpg

(この頃はJohn さんギターを取っ替え引っ替えしていません。)
Kennyさん目がやさしい垂れ目なので、迫力に欠けるのを本人も気がついたのか、薄い色付きのサングラスから始まり、
e0220506_21281938.jpg

最近は真っ黒の眼鏡でまったく目を隠してしまい、
e0220506_2140954.jpg

体は逆に迫力を増しています。

思うにKenny さんはJohn Forgertyと演奏することで、ドラミングのスタイルを確立していったのでしょう。
歌手のバックとしてドラムで文字通り鼓舞!、見た目もカッコいいドラミング!!、希有なドラマーです。
気が弱っている時はいつも、Kennyさんの勇姿を見ることにしています。


リンカーンの彫像の前で、
e0220506_21475752.jpg

クリントン大統領とヒラリーさん、真ん中はお嬢さん?
e0220506_2149092.jpg

モニカ.ルウィンスキーさんは今頃何してる?

Bass Nathan East
いつ見ても背筋が伸びていて、カッコいい!!
e0220506_21522264.jpg

Sax. Edger Winter
John ForgertyにSax.は初めて?の取り合わせ。
e0220506_21531938.jpg

Guiter Vernon Reid
摩訶不思議なギターで変なフレーズ!! それでいてうまい、面白い。
e0220506_21555298.jpg


ご本人を忘れていました。
e0220506_22153714.jpg

もうこの頃から1曲ごとにギターを変えます、テクニシャンが大変そう。


荒れ果てた荒野のような畑跡で、いつの間にか小山のようになったノイバラ。
e0220506_2211442.jpg

直径約8M、高さ約3.5M!!一面甘い香り!!

これも一枝挿し木したのが、いつの間にか大きくなったバイカウツギ。
e0220506_2242559.jpg

こちらは馥郁とした甘い香り。
夜のほうが香りが強い。

受粉のために昆虫を呼び寄せる香りに人間も引き寄せられる、でも人間は受粉には役立たない。
同じ香りに人間と昆虫が感応するのはなぜだろう。
香りが良いとの理由で花木を植えることが、その植物の繁栄に役立つからだろうか?
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-13 22:18 | Mac
2011年 06月 12日

艱難汝を玉にする?のか、しないのか。

最近はあまり聞かれなくなったことわざに「艱難汝を玉にする」があります。
検索したところ意味は、
「人は辛いことや苦しいことを乗り越えてこそ、大成するものだということ。英語の“Adversity makes a man wise.(逆境が人を賢くする)”を意訳したことばと言う」
だそうです、まあ思っていた通り、でも英語からきているとは意外!!

艱難は下限何歳から上限何歳ぐらいまでの間で有効でしょうか。
5歳ごろから艱難だらけだと、きっといじけたり、ひねくれたりして逆にまずいのではないか。
もちろんその人しだいで、りっぱな大人にもなれることでしょう。
でも「同情するなら金をくれ!!」みたいなことにもなりかねない。

この艱難が70〜80歳にもなったらつらいでしょうね。
私のなかでは上限50歳ぐらいかな、と考えていますが、それ以上の年齢だと「玉」になれずに砕け散ってしまうのではないかと. . .


ここで私自身のこと。
自律神経失調症やら強迫神経症が出現するのは、現在置かれた環境のせいと考えています。
もちろん持って生まれた資質もあることでしょう。
あまり楽しい話題ではないので簡単に記しますが、工房で木工機械を運転中に長男に後ろから角材で殴りつけられたり、油断している時に足蹴りされたり、まあ今はやりのDVです。
そのほか留守中にオーディオを壊されたりと、枚挙にいとまがない。

長男に言わせると現在の自分の状況が良くないのは、父親が悪いからということです。
100歩譲って100%私が悪かったとしても(100X100で100.000単位譲っています)、暴力は良くないと思う。
友人に言わせると、「手伝うから一回グウの音も出ないほど凝らしめればいい」となるのですが、暴力に対しての暴力の応酬では. . .

公的機関に相談にも行きましたが、「まずお父さんが変わること」って私、まったく暴力的ではありません(「暴力的に変われ」ですか)
警察も呼びましたが、「その最中ではないとどうにもならない」そうです(卑怯なので、逃げ足が速い)
警官曰く「この地区多いんですよね」 こんなの慰めにもならない。
こういうことは相対的なものでなく、自分にとっては絶対的なもの。

戸塚ヨットスクールがまた繁盛(不適切な言葉ではありますが)しているそうです。
親の力ではどうにもならないことってあると思います。
極限状態まで追いつめて人格を変えるのでしょうか。


ここのところこの環境に対する閉塞感が強く、どうにも解決しようもなくかなりまいっていました。
それが精神的な症状として発現しているのでしょう。

今の工房は長男の住居と繋がっているため、いつ襲われるか分からないので何とも落ち着かない。
特に機械加工中は物音が聞こえないので、非常に不安になる(しょっちゅう後ろを振り返っている)
集中もできないし、お客様を迎えるのもためらわれる。

でも光明を見いだしました。
それなら新しい工房を建てればいい!!

なんで今まで気がつかなかったのだろうか。
1.たぶん今にきっと良くなるに違いない。
2.長い間かかって使いやすくした仕事場なので、また再出発はたいへんだ。
3.建築費用がない。

幸い土地はあるので、少し離れたところに20坪の工房を建てることにしました。
友人の神田さんがローコスト建築に明るいので、昨日相談に来てもらいました(本来は出向かなくてはならないのに)
想像以上に安くできそう。
骨組みだけ本職に作ってもらえば、内装は自分で出来るので今秋から始めます。
そのためには早く病気を直して仕事をしなければ。
でないともう60近いので、「玉」になるどころか「玉砕」されてしまう。


このところ友人から依頼されたオーディオをオークションで落札しています。

NEC A-10 III (1986年 118.000円)
e0220506_21274486.jpg

非常に程度がいい!!
これで落札22.500円、ゴリゴリした低音のでるアンプ、と言われたらこれしかない!!
トーンコントロールなどの余計な機能はバッサリ省略、潔いアンプ!

内部はほとんど電源が占めています。
e0220506_21315677.jpg

巨大なトランス2個に電解コンデンサ8本。
e0220506_21325171.jpg

リザーブ電源、電池と同様の働きという(50Hzの正弦波の谷間を逆相の正弦波で埋めてフラットにしています)
そのため8オーム60W+60Wが4オームで理論値通りの120W+120W!!

インシュレーターは面接触と点接触を付け替えられます。
電源コードは普通。
e0220506_2140418.jpg

底部のパネルは厚さ3mm!
e0220506_2271392.jpg

ツマミはすべてアルミの無垢!!
全体の重量は25Kg!!!

作っても作っても原価を割って赤字だったという。
それならどうしてA-10、A-10 II、A-10 III、A-10 IVまで作ったのか?
こういう話ってけっこうあるけどホントかなあ?

音はさすがに雄大です。
低域の延びが凄い、高域はクリア過ぎるくらい。
音場は広いし、いいアンプです。

これも昨日のBOSEといっしょで渡すのが惜しい、でもお金預かっているので詐欺になってしまう。
パイロットランプが点灯しないのと、ボリュームにガリがあるので、そのことを名目にしてしばらく楽しみます。
代理落札はけっこう気を使うので、役得です!!


別なCDを探していてでてきたCD。

Les Paul with Mary Ford
e0220506_21522596.jpg

e0220506_21533047.jpg

20曲でも45分程度、1曲が短い。
好きなのが6曲目の「The World Is Waiting For The Sunrise」
邦題「世界は日の出を待っている」直訳ですが非常にうまい!!
Maryさん 歌はさほどうまくはないのですが、雰囲気がなんともすばらしい!!!
もともとモノラルを疑似ステレオ化したようですが、時代を感じてこれもいい。
できたら真空管アンプで、コーン紙のうんと軽いスピーカならいいだろうなぁ。

MaryさんはLes Paulさんの3度目の奥様、12年ぐらいで離婚しました。
ちょうどレコードが売れなくて苦境の時期、たいへんな時こそ支え合えたらいいのに. . .
ホントに結婚て難しい。
Les Paulさん、懲りずに4度目、5度目の結婚があったかどうか、不明。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-12 22:14 | 日常
2011年 06月 11日

BOSE丸儲け?!

ヤフーオークションでの落札価格が、全体的に1年前の1/3から1/2。
希少価値がある人気商品は以前のように高額になりますが、手に入りやすい商品は値が上がらず落札にもならない。
特に3月11日以降その傾向が強いです。

先日、田村さんにお買い上げいただいたBOSE AW-1(カセット、AM.FMラジオ、AUX CDはありません)
e0220506_20214745.jpg


これと同じものを友人に頼まれたので、アラート登録しておいたところ早速、即決価格で出品がありました。
e0220506_2025114.jpg

それがびっくりするくらいの低価格、しかも珍しいケース付きでキズなしという。
e0220506_20252523.jpg

すぐに落札しました。
30年近く前のモバイルでしょうか。
モバイルしているのを見た記憶はまったくありませんが。

AW-1 本体20万円、ケース付きで27万円という、当時でも今でもとんでもない価格。
このケースが7万円って?! (だからBOSE丸儲け?!)

ケース底部に電池ケース、
e0220506_20545896.jpg

DC用のコードが外にも出ます。
e0220506_20552313.jpg

ケースに入れたままでも聞けるように、スピーカ開口部はメッシュになっています。
e0220506_20581656.jpg


音はやはりBOSEですが、田村さんに譲った個体とは傾向が若干違います。
古い製品は、経年変化で音が変わるのでしょうね。
今回の個体は、ボリュームを上げなくても相当な音量です。
それと低域の締まりが良い。
高域は同じく物足りないけど、低域が締まりがあるせいかバランス良く聞こえます。
田村さんがブログを見ていると大変なので、「田村さんのも十分良い音ですよ」とフォローしておきます。

友人に譲るのが惜しくなったので、しばらく手元に置いときます。
使い道はPCのモニターとして、USBからAUXにピンジャックで。
e0220506_219471.jpg

PCの光学出力からDAC(デジタルオーディオコンバーター)を入れてピンジャックでAUX端子へ。
e0220506_21112475.jpg

KENWOODのMDレコーダーのDAC機能を利用しています。
このDMF-7003はDACとして非常に優秀で、低価格のCDプレーヤーもこれを通すと、かなり音が良くなります。
DMF-7003はMD部が壊れているものが、オークションで1000円程度で出品されているので、送料を含めて2000円足らずで24bitの高音質なDACが入手できます。



仕事を始めたのですが、頭が相当悪くなっています(以前からではありますが、よりいっそうです)
T様のSJモデルの内部を刳り貫こうとしているのですが、
e0220506_21222626.jpg

最初はフォスナービットで、
e0220506_21234122.jpg

片側は出来ましたが、反対側でストップ。
e0220506_21243761.jpg

コントローラーの穴開けが、どうしたら良いか分からない。
ポットの深さ、パネルを落とし込む場所等々の関係が分からない。
本当にどうしたんだろうか?
かなり困っています。


益子町のHさん依頼のストゥール、3月末納品予定だったのですが、地震の影響で建築の工期が延びました。
いよいよ自宅が完成になるので制作しようとしたら、私の具合が悪い。
(不憫なストゥールです)
5月20日に皆さんでストゥールの加工を手伝っていただいたのに. . .
e0220506_21343947.jpg

e0220506_2135437.jpg

私が仕上げておいた脚を、記念にそれぞれ1本づつ鉋をかけました。

今日、脚に貫がはいる穴を開けようとしたら、角度の計算ができない。
e0220506_21383342.jpg

こんな簡単なことなのに。
e0220506_2139649.jpg



以前自律神経失調症になった時も、同じ症状が出たのでさほど心配はしていませんが、でも困った。
PCにたとえるとたぶん、CPUとメモリーを別な作業に食われているのでしょう
その食われている分が、まったく何の役にも立たない作業なので. . .

早く原因を取り除きたいのですが、これが自分自身のことではないので、困っています。
でも親と子の問題は、やはり親に帰結してしまうのでしょうか?
30歳にもなれば自分の人生、もう親のせいにはできないと思うのですが。



昨日の昼食代がCDに換わりました。
ブックオフ鹿沼店、Trisya Yearwood様6枚発見!!

90年代は顎も細くて清楚な「美人シンガー」で「実力派シンガー」
年代順に
1991年
e0220506_2213926.jpg

e0220506_2222144.jpg

e0220506_2223782.jpg

e0220506_223191.jpg

e0220506_2231970.jpg

2001年 じょじょにふっくらとした顎に。
e0220506_2234026.jpg

現在では見た目でも、押しも押されもせぬ「実力派シンガー」

5枚目の「ソングブック」、このなかの6曲目「Perfect Love」が一番好きです。
Bassは最強 Michael Rhodes、Drumsが正確無比Paul Leimのコンビ。
Paul Leimは日本においてあまり知られてないようですが、ヤマハでPaul Leimモデルがあるくらいなので、相当ナッシュビルでは有名なのでしょう。

6枚で1500円!!!
「Perfect Love」1曲だけで、3食抜いても良いと思う。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-11 22:30 | 音楽
2011年 06月 10日

昨日も今日もアイロン掛け!!

昨日は反りがあるハカランダの薄材に、アイロンを掛けて修正しました。
その最中に福田清さんから電話があり、先日私が用意してやったタモ材のテーブル用の板が反ってしまったという。
こういうのって何なんでしょうか、見計らったように同じような現象。

ほかにも用事があるので、早速出向きました。
e0220506_17402180.jpg

中央部で5mmぐらいの反り。
下に反り止めを入れずに天板は脚に乗せるだけなので、このままではテーブルとしての機能不全になってしまいます。
こういう構造がいつのまにか当たり前のようになってしまいましたが、本来のテーブルの作りではないような気がします。

たまにこのようなテーブルを依頼されることがありますが、「反りますよ」といっても、なかなか理解していただけない。
本やら家具のショールームで見たイメージが強いのでしょうか。
「無理が通れば道理が凹む」


でもいまさらなので何とかしなくては。
昨日に引き続きアイロンですが、板厚40mm どうかな?
テーブル天板を専門に制作しているところでは、高周波で修正しますがこちらは高温度で。
(高調波ならCDをフルボリュームで掛ければ出そうですが)
e0220506_17521091.jpg

めったに出番がない懐の大きなクランプを、久しぶりに持参しました。

もしかしたら天板は作り直しになるので、木工は非常にリスクが大きい。
お客様のご依頼であっても、断る勇気を持たなければすぐに自分に返ってきます。


アイロンは当てたままにして、福田さん流の座面削りの実演を見せていただく。
e0220506_1759983.jpg

上手い!!
e0220506_17595095.jpg

手早い!!
e0220506_180134.jpg

チップのついたディスク、私は見ただけで怖いし、恐ろしい、嫌いです!!
e0220506_18191195.jpg

左から順に使って仕上げるそうです。
e0220506_18192711.jpg

福田さんはこれですべて座面を仕上げるというが、私にはまったく真似できません。
そもそもフリーハンドで電動工具を使うのが恐ろしくて. . .
せいぜいジグソー程度ならいいけど、電動ドリルも固定しないと使いたくない。

こんなやり方(失礼!)でも、仕上がりは非常に奇麗!!
ご自分で拭漆もします。
e0220506_18273278.jpg

凄いですね、その人その人に合ったやり方の木工がある、と気づかされます。

作品の一部を、
e0220506_183237.jpg
e0220506_18322460.jpg
e0220506_18324170.jpg


福田さんはそれこそ悠々自適の環境。
だから奥様は「早くやめて」と仰る。
でも木工が楽しくて楽しくて、いま喜寿 あと30年続けたいという。
先輩として生き方を見習いたいと思います。


福田さんの工房からすぐのところで、友人の高橋靖史さん、牧子さんご夫妻の展覧会が12日まで開かれているので拝見しました。
会場は織物作家の渡辺さん宅
e0220506_18435334.jpg

藁葺きの屋根
e0220506_184461.jpg

倉の屋根は地元の大谷石
e0220506_18443122.jpg

古いガラス窓と、装飾のある大谷石の外壁の取り合わせ。
e0220506_18454147.jpg



室内には、牧子さんとお子様の競作のキルト。
e0220506_1847271.jpg

キルトによるステンドグラスのような照明器具。
e0220506_18482862.jpg
e0220506_18484054.jpg
e0220506_18485682.jpg


靖史さんの木彫によるドアノブ。
e0220506_18495799.jpg

e0220506_18501638.jpg

ご夫妻で美しい作品を作る!!、結婚にこりごりでもうらやましい!!!


そのあと以前テーブルを納品した、タイ料理のレストランで昼食にしようと行きましたが、予約でいっぱいでした。
凄い!!
知り合いの店が繁盛しているのは嬉しいものです。
「象の家」
e0220506_18554460.jpg

浮いた昼食代はCDに回します。
かえって良かった!!!と強がりを. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-10 19:07 | 日常
2011年 06月 09日

とりあえず出来そうなことから、ギターの木取り。

仕事が出来ずに焦っている時にこんなメールが届くと、ほっとします。
> 気持ちが萎えている時は、あれも、これも やろうとするのは止めた方が良いです。
>一日、なにか一個出来れば良いと考えましょうや。
> Blogの更新が少ないので、心配しておりました。

本当はこれで安心せずに、頑張れればいいんですけど. . .


出来そうなことから始めました。
Y様のハカランダ材を修正、かなりヨレヨレですが、
e0220506_2055501.jpg

こうしてアイロンをかけて、
e0220506_20574323.jpg

ほぼ平になりました。
e0220506_20585041.jpg

内部に残っている水分を利用して修正しますが、スチーム機能で水分を与えるとだめです。
e0220506_2114025.jpg

導管を伝わって、かなり離れたところに水分が移動していることが分かります。


共木のもう一組のハカランダ材、このように木取りしていましたが、
e0220506_214552.jpg

時間が経って考えが変わりました。
e0220506_21628.jpg

このほうが木目の流れはよくなりました。
仕事せず放っておいて良い場合もあるのか(仕事が遅いことに対する自己弁護)


このままの厚みではトップ材として薄いので、似た木のローズウッドで裏打ちします。
e0220506_2116359.jpg

見えなくなるのですが、やはり出来るだけ木目をあわせて。
e0220506_21172940.jpg


ここまで出来ると一安心(すぐに安心する悪い癖)


Slide ONE様のオバンコール材。
このまま矧ぎ合わせていいように、厚みも揃えてありましたが、どんなことしても木目が合わない。
1.
e0220506_2121918.jpg

2.
e0220506_21213482.jpg

3.
e0220506_21225140.jpg

4.
省略

トップ材を別材にしようとも考えたのですが、オバンコールトップでオイル仕上げがご希望。
私としては、この状態の木目では加工する気になれないので、薄く削って木目を揃えてから半分に挽き割り、中間に別材を挟みサンドイッチ状にする提案をしました。

幅方向と長さ方向を、3次元的に削って木目を揃えます。
39mm厚を32mmにして何とか木目が合ってきました。
本当はあと3mmほど削ると良いのですが。
e0220506_21323480.jpg


近所に製材所がありますが、製材工場において一番権限を持っているのは製材の親方で、経営者も下手に口出しできません。
節があっても製材の仕方によっては、上手く逃げて被害を少なくすることも可能です。
つまり製材によって、材木の価値が上がったり下がったりするわけです。
木目も製材の仕方でかなり変化します。
余談でした。

このあと半分に挽き割り、間にメープルの杢をいれます。
e0220506_21352190.jpg

もったいない気もしますが、板目の木目がキツすぎます。

イメージ的にはこんな感じ。
e0220506_2137726.jpg




ブックオフで以前から気になっていた250円のCD。
Stacie Orrico (2003年) デビュー作です。
e0220506_21524888.jpg

右は手持ちのCD、左が今回購入の250円CD。
半年前から250円!!
何度行ってみても売れていない。
わざわざ目立つように、前に出したりして販売促進に協力しても売れ残り. . .
もう可哀想なので、思い切って買ってしまいました。
欲しい方いたらプレゼント!

Stacieはなぜか日本で先に人気が出て、17歳で来日コンサートをしています。
まだ25歳ですが、いまどうしているのだろうか。
実家はお金持でクリスチャンの純潔主義者という、お付き合いが大変そうです(まったく縁はありませんが)

e0220506_220407.jpg
e0220506_221898.jpg
e0220506_2213338.jpg


日本公演時のDVDから。
e0220506_2242286.jpg

Drums Carl Lamar Carter
e0220506_22114053.jpg

圧倒的なドラミング!! おっそろしく上手い!!
でも日本語検索では引っかかりません。
姓は「Cartar」でも、風貌からして「The Cartar Family 」の末裔ではなさそう、英文検索はしません。
でも、いま何しているのか非常に気になるDrumerです。

別なブックオフでTrisya YearwoodのCD 一枚250円で5枚揃っています。
彼女のCDは一枚も持ってないので、この次残っていたら買うことにします。
ホントはCDをさておいて、買わなくてはならないものがあるのですが、日常生活はどうでもよくなってしまっているので. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-09 22:26 | ギター
2011年 06月 08日

麦秋と愁訴


e0220506_20423191.jpg

栃木市と壬生町の境で、麦刈りをしていました。
e0220506_20435111.jpg

遠くで、麦を脱穀して残った茎などを、燃やしているようです。
昔は当たり前の風景でしたが、いまではなかなか煙を出すこともできないので、珍しい風景になりました。
刈り取ったあと、二毛作として稲を作ったり、二期作としてまた麦を栽培したりするそうです。



休んでいた間、できそうなことだけを少し。

大阪のS様のウォールナット ストラトモデルの拭漆が仕上がりました。
最後の2回は、トップとバックを分けて塗装。
e0220506_20583777.jpg

漆は生漆のみではなく、国産漆+MR漆+木地呂漆で艶を良くしています。
e0220506_20592593.jpg


カッタウェイの奥からこちらを見ているのは、モデルの「ai tominaga」
こう見ると「美人モデル」ですが、雑誌の表紙などでは「実力派モデル」 (なるほど、こういう用法は便利ですね、不用意な言葉で相手を傷つけないと思われます)

S様がたいへんお気に入りの様子なので安心しました
このあとパーツを組み込んで、音出ししてお送りします。
ギターアンプの真空管6LGCが壊れてしまったので入手しないと。
コスト削減でロシア製の予定。


少し私の自律神経失調症について(何の参考にもならないでしょうが)

私の周囲にも何人かいますが、それぞれ発現が違うようです。
私もそのときで鬱が強くなったりもしますが、今回は強迫神経症を伴いました。
そのため木工作業がまったくできません。

木工では古くから「3回測って1回で切断」と言われます。
どういう事かと言うと、木材は切断してしまうと(特に長さ方向で)、継ぎ足すことが強度的にも見た目にも非常に困難。
そのため間違えないように「3回測れ」なのでしょう。

強迫神経症がでると、何回測っても安心できません。
強迫神経症で別な症状に、手の皮膚が擦り剥けるまで何度も洗ったり、ドアの鍵を何回確認しても不安だ、と良く耳にします。
それが私の場合は、木材の寸法が安心できない、となるようです。
そのため誰も見てないからいいようなものの、傍目からしたら相当変でしょうね。
メジャーを当てても当てても、計ることができないのだから. . .
でも本人にはどうにもできない。

それと木取り表に書いた数字をすぐに忘れます。
こうなると仕事はできないし、ただただ消耗するだけ。
休む以外ないのです。

本を読むのも音楽を聞くのもつらいのですが、でも休んでいるうちに何となく音楽を聞きたくなってきて、そうするともうすぐ抜け出せるな、となります。
それが昨日あたりからなので、今回早く気がつき、早く休暇を取ったのが良かったようです。
一昨年は半年もかかりました。
これだといい加減お客様にも見放されます。


かなり暗い話題になってしまったので、口直し。

「美人シンガー」でしかも「実力派シンガー」つまり古い言い回しで才色兼備!!!
Juliann Hough(2008年)
e0220506_21503944.jpg

カントリーの歌手ですが歌い方は現代的、バックはナッシュビルの有名ミュージシャンが勢揃い!!
これがデビューアルバム、2枚目を待っているけどなかなか. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-08 22:07 | 日常