Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

Macintoshと「旭」リンゴ

りんご園を父の遺言に従って3年経営したことは、以前のブログで書きました。
その後放っておいたら病気や害虫で全滅、今やもうあとかたもありません。
リンゴにおいては無農薬での栽培は非常に難しいと思います。

Macintoshはリンゴの品種名でもあり、日本では「旭」、もうほとんど栽培されていないと思う。
8月末頃実る早生種で、保存がまったく利きません。
そのため敬遠されたのでしょうが、香りが非常に良くて甘酸ぱっい、リンゴらしいリンゴです。

Mac好きとしてはやはりMacintoshがなければと考え、リンゴ園をやめたあと苗を1本求めました。
昨年からなり始めましたが、
e0220506_8263657.jpg

現在直径3Cm。

リンゴの病気でいちばん恐ろしい「斑点落葉病」に罹患。
e0220506_8282817.jpg

やはり消毒か。

ここにきて無農薬栽培だと、カリウムと置換してセシウムを吸収しやすいという説も登場するし. . .
時代が変われば、どんなことも永遠ではないと。
自分の状況も放射線の影響で好転するかもしれないし. . .


かじられたリンゴのマークはAppleコンピュータのロゴマーク。
Old Mac
e0220506_7384298.jpg

虹色みたいでわりと小さい。

G3時代のモニタ
e0220506_7573369.jpg


G3 iMac
e0220506_7405461.jpg

ボディ色に合わせて各色揃っていました。
e0220506_7453780.jpg

e0220506_7455837.jpg

iMac フラワー
e0220506_7463954.jpg

これがいちばん!

ヨーヨーみたいなG3ノートブック用のACアダプタ。
e0220506_7532565.jpg

UFOのようなエアステーション。
e0220506_759389.jpg

もっとモダンなUFO。
e0220506_7595717.jpg


最近では、メタリックなリンゴに。
G4 iMacは大きなリンゴ。
e0220506_821975.jpg


G4のモニタ
e0220506_811014.jpg

G5のモニタ
e0220506_852856.jpg


持っているけど、現在タイマーとしてのみ使用中。
アプリたくさん入っているのに. . .
e0220506_881084.jpg



ところで真空管アンプのMC275で有名な、アメリカのオーディオメーカーのマッキントッシュ。
アップルとは綴りが違う。
アップルはMacintosh。
アンプはMcIntosh で、アップルでの小文字のiが大文字のIになっていて、しかもaがない。
もともとは同じで、変化形なだけでしょうか?
MACKINTOSHという洋服のメーカーもあるし。

オーディオ評論家の長岡鉄男先生は、元はコント作家でもあったと仰っていましたが、「マッキントッシュ」をおちょくって、「メッキンテッシュ」と言い換えていたのが今でも忘れられません。
つまりアンプを操作する時は、滅菌したテッシュで手を奇麗にしてからでないと、豪華なクロームメッキが曇ってしまうと。

もうひとつ、「ツマラン」
これは真面目すぎて面白みに欠ける音。
言わずと知れた「マランツ」でした。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-30 08:46 | Mac
2011年 06月 29日

目指せ細マッチョ!! 時代は細マッチョだと。

昨年、友人の阿部さんからいただいたフシグロセンノウ。
e0220506_711324.jpg

木漏れ日の下でひっそりと。
うっそうと暗い杉山のなかで、ぽっかりと明かりが灯ったように咲いているのを思い出し、行ってみても見つからない。



内外ともに危険がいっぱい。
やせてはいても普段重い材木を扱っているので、見た目より力はあります。
でも見た目に迫力がないのでなめられるに違いない、と考えていました。
どうでもいいけど、174Cmで54Kg、20歳のときと同じ(若干の季節変動はありますが)
友人たちはほとんど体型が変わってしまったので、たまに控えめに自慢すると、
「それは栄養失調!!」
う〜ん、そうとも言える、一日2食でCD買ってるからなあ. . .


先日、月刊ステレオを買いに本屋に行った時、となりに並んでいたのがTarzan 582号。
e0220506_7211278.jpg

これだっ!!
でもそのキャッチコピー 夏までに「細マッチョ」???
どこかで見たよなあ。


探しました. . .
e0220506_7271823.jpg

男も女も「細マッチョ」!!
昨年の9月号、買ってはいたけどそれで安心して実行せず。
まったく忘れていました。

これだと、体より先に頭を鍛えなければ. . . 



負けず劣らず細い人、John McCutcheon.
e0220506_7405219.jpg

楽器はHammer Dulcimerで軽いし、ハンマーで叩いて音を出すといっても、ハンマーは細い木の棒なので、これも箸ぐらいの重量でしょう。
だから細くても大丈夫。

「Winter Solstice」(1985年)
e0220506_7464872.jpg

でも30年近く前の顔写真となると、現在では. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-29 07:54 | 日常
2011年 06月 28日

若殿ご乱心で乱暴狼藉! 下克上か? 我が家は戦国時代?!

ブログタイトルどおりの週末。
このところの若殿の不穏なお顔、気になってはいたが. . . まさか我が城まで攻めてくるとは!
時は払暁、敵ながらあっぱれなタイミング!!
お見事!!!(感心してもいられないが)

あやうく寝首を掻かれるところでした。
もっと感覚を鋭敏にしておかなくてはならない。
鳴子をしかけるか、でなければ現代のテクノロジーを取り入れての赤外線センサーか?

仕事場を新築して距離をおけば、と考えていたけどこうなったら計画変更。
母屋まで危険なのでは意味がない。
もう開き直ってこのままここで、どんなことがあっても仕事をやりぬくことを決心。
まあ、新築費用も浮くし. . .と。




でも畑に出てみれば、そんなことには関係なく杏の実が熟しています。
e0220506_604367.jpg

リンゴ園をやめたあと、杏の苗を4種植えました。
実っているのは早生種。
e0220506_63715.jpg


杏は病気もなく害虫もほとんど付かないので無農薬(無農薬でもどうせ放射線汚染だし)
果樹としてはたいへん作りやすいと感じます。
明日収穫して杏ジャムに。
ジャムを煮ているあいだ、家中が杏の香り、それが好きです。



こころがざわざわする時に聞くのは、
Baltimore Consort 「Tunes From The Atic」(1997年)
e0220506_6293136.jpg

Bass ViolのMark Cudekがロックバンドの出身のせいか、ノリが非常にいい!! (画像右手前)

超超高音質で有名なDORIAN RECORDINGSからの発売ですが、どうもグループ会社の大本は銀行のようです。
録音のホールと機材、それとそれに携わる人間のせいでしょう、私の「ジャンク寄せ集めオーディオ」でも、はっきりと録音の良いのが分かる。
音場は広くて深い、しかもスピーカの外側まで音が広がります。

このBaltimore Consortは、どういうわけかYoutubeで最近までアップされていませんでした。
Amazonでも入手できるようになったのは、ずいぶん遅かったし。

歌うのはCuster LaRue
e0220506_633211.jpg

ケンタッキーの人間国宝?と言われたジーン.リッチーの再来か?!と米国の音楽誌で騒がれたようですが、まったく違う気がします。
それぞれの個性。
ジーンさんの怪しい音程、でもいいんですトラッドだし. . .
Custerさんは、さすがに正確なピッチと感情表現でうまい。


フランスのルネッサンス時代の曲を、古楽器でロックンロールしています。
e0220506_6471260.jpg

このアルバムも楽しい。

どうしても手に入らないアルバムが数枚、まだ入手してないのもありますが、Baltimore Consort関係は、
e0220506_65067.jpg




ところでジーン.リッチーさん、お元気なんでしょうか?
22年のお生まれで、ウェブページもなくなってしまっているし. . .

CD見つからないので画像がありませんが、マウンテンダルシマーを弾きながら歌うお姿とやさしいお声、最近聞いてないので懐かしいです。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-28 07:01 | 日常
2011年 06月 25日

BOSE PLS-1210

一ヶ月ほど前にヤフオクで入手しましたが、まったく修理する気がおきずに放置。
普通だと初めての機器はバラしてみたくて仕方ないのに。

PLS-1210 CD再生不能、アンプ部は正常、ボリュームつまみなし、ジャンク扱いでしたので当然安価でしたが、BOSEは人気があるので修理すれば元を取れそうと思い落札、でした。
e0220506_80519.jpg

バーズアイメープル風の仕上げが、かなりいい雰囲気。

仕様
●総合
サイズ 286(W)×132.5(H)×369.7(D)mm
重量 7.1kg
定格消費電力 85W
●CDプレーヤー部
再生周波数帯域 20Hz〜20kHz ±2dB
ダイナミックレンジ 95dB以上(1kHz A-WTD)
SN比 95dB以上(A-WTD)
全高調波歪率 0.005%以下(1kHz 0dB)
チャンネル・セパレーション 90dB以上(1kHz)
ワウ・フラッター 測定限界値以下
●アンプ部
定格出力 40W+40W
再生周波数帯域 10Hz〜40kHz
SN比 90dB以上
入力感度/入力インピーダンス LINE 1、2:250mV/47kΩ
希望小売価格:¥99,750.

1994年頃のものでその後1310、1410、1510でDVDにも対応と変化を続けましたが、現在はPLS-1610となり重量も3.8Kgに激減、デザインでもまったく別物の感。

この1210はCDレシーバ単体としてより、セットとして有名でした。
このスピーカと組み合わせて、「WestBorough」(ウエストボロウ)シリーズ。
e0220506_7553555.jpg

スタンドがついて、3点セットで20万円近い!!
e0220506_7555948.jpg



それであまり気が進まなかったのですが、何かせずにはいられない状況になってきたので、思い切って分解を。
シャーシ裏は銅メッキ、すべて銅メッキビス!!
e0220506_835312.jpg

レシーバはどのメーカーも主基板が上に乗った形が多く、バラすのが面倒です。
e0220506_86481.jpg

出力トランジスタにまで銅のカバーが、
e0220506_8783.jpg

面倒だなあ、と思いながらも、もうあとに引けないので. . .

ここでデジカメの電池切れ。

修理はピックアップレンズの清掃だけでした。
バラす前に念のためクリーニングCDをセットしたのですが、CDが回転しなかったので光学系が駄目と思っていたのでありがたかった。
このレシーバは内部がたいへん奇麗だったのと、ヤニ臭がなかったため非喫煙者が使用していたと思われます。
レンズはかなり白く曇っていましたが、何で汚れていたのか?
まあ、でも良かった、ピックアップ交換しなくてすんだので。

余談ですが、BOSEでは古い機器の修理はしてないので、隙間産業のようなBOSE専門の修理業者がおります。
それだけ人気があり、高額の修理代金を支払ってでも大切にしたいのでしょうね。
ピックアップもBOSEにはないため、中国で同等のものが作られており、専門に輸入している方もおります。
先日、同じ1210を捨てたと仰る某「象の家」の某斉藤さん、今度はぜひ一言お声をかけていただけますか。


直ったとなると現金なもので、音出ししたくて早速組み立てましたが、
e0220506_8282127.jpg

ビスが一個余っています。
もう一度バラす気がありません、取りあえずしばらくこのまま。
幸いなことに駆動系のビスではないので再生に問題なさそうです。

この1210はやはりBOSEらしく低音重視で、非常に心地よい太い音です。
このボリュームで音域の調整ができます。
e0220506_8341471.jpg

イコライザのセレクタは、BOSEのスピーカ2機種のほかに別メーカ用も。
BOSEではノーマルで最大効果、不思議な考え方です。


試聴はようやく離婚騒動のゴタゴタから解放されたという、
Sara Evans 「Restless」(2003年)
e0220506_8431919.jpg

まだもめていた頃なのか、どことなく憂いが。

Drumsはロックのみならずカントリー界への進出著しい、超売れっ子のMatt Chamberlain!!
非常に粘っこい音のスネアが最高です。
いつものMichael RhodesのBassもひと味違う気が。
けっしてHi-Fiではないのでしょうが、雰囲気と音作りはうまい!!

ボリュームツマミと、いまついている右側のツマミをバーズアイメープルで作り直してから、オークションに出品しようと考えていましたがやめることに、当分自家用。

今週3台落札されたアンプとCDプレーヤ、元払いを着払いで送ったり等の不始末(落札者が寛大な方で助かりました)
マルチタスクはどうもまだ無理、当分木工専業で再復活にかけます。
まあ、かけるほどの価値もなさそうではありますが. . . 
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-25 09:26 | オーディオ
2011年 06月 24日

なくて七癖 眼鏡のツルを噛む

「なくて七癖」 もう死語のような気がします。
前から気になっていた、眼鏡のツルを噛む癖。
e0220506_737235.jpg

JoDee Mssina 「Burn」(2000年)のライナーから。
e0220506_7394954.jpg

同じCD2枚は左アマゾン、右はブックオフ 鹿沼店。
これも半年以上売れ残っていたので、切なくて購入。
その半年の間 行くたびに前に出したり、Jポップのコーナーなら売れるかな?と販促に協力しました(妨害みたいな気もしますが)
先日売れ残っていたのを20%Offセール200円で購入。
何だか知らないが、鹿沼店は不思議な品揃え!!


この「眼鏡のツルを噛む」のは、映画やテレビドラマ等でわりに見かけます。
どちらかというと西洋に多いようですが。
エグゼクティブが部下の前で眼鏡を磨いたあと、おもむろに「眼鏡のツルを噛む」ようなシーン。
(エグゼクティブの意味 何となく分かっているのですが、本当のところは分からないので検索したところ、
『executive:英語で管理職、高級社員、行政官、幹部、支配人などの意』とあります)
時々見るということはそのシーンに共通の意味があるはずですが、でもその癖にどういう意味があるのか分からなかった。

先日やはりブックオフで見つけた本。
e0220506_7563664.jpg

e0220506_756564.jpg

この著者のご夫妻は「話を聞かない男、地図が読めない女」でバカ売れしましたが、あまりに男と女をステレオタイプ化していたと. . .

このなかで少し「眼鏡のツルを噛む」癖について解説しています。
e0220506_824455.jpg

なるほど。
決断を迫られての時間稼ぎや、相手に決断を迫る時に威圧感を与えるためなんですね。

そうなるとこのJoDeeの画像は何を意味しているのでしょうか?
e0220506_895111.jpg

誰に向かってこのポーズなのか?
エグゼクティブ.プロデューサーのByron GallimoreとTim MaGraw((Faith Hillの夫)にか?
それともこのCDを購入した人にか?
もうライナーを見ているのだから、迫る決断はないはず。


CDの裏で感謝のため?深く頭を下げています。
e0220506_8232665.jpg

これはお金もないのに2枚もCDを買ってくれたので、私に対する謝意を表していると思いこんでいます。


ついで、
「I'm Alright」(1998年)
e0220506_8211114.jpg

 「Greatest Hits」(2003年)
e0220506_8212457.jpg

「Delicious Surprise」(2005年)
e0220506_822797.jpg

e0220506_8292175.jpg

ライナーの裏がポスターでした。
e0220506_8282166.jpg


JoDee さん ボストンのご出身、男前?なストレートなカントリーで、めげている時に最良です。
元気が出ます。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-24 08:39 | 音楽
2011年 06月 23日

何のオチも関係もないけれど、アリ地獄とBrad Paisley.

このところしばらく用事がなかった材木置き場。
木材が倒れたままなので、見るのが嫌で見ないふりをしています。
昨日友人からサペリマホガニーの問い合わせがあったため、困難を乗り越えて行ったところ足下に、
e0220506_6255934.jpg

ウスバカゲロウの幼虫の住居、アリ地獄でした。
住人に出てきてもらおうとも考えたのですが、あまり好きではないのでそのまま放置。
前に見たのは. . .何年ぶりだろうか。
今までこの場所には作らなかったはずなのに. . .


アリ地獄とはまったく関係ありませんが、Brad Paisleyの新譜!!
This Is Country Music(2011年)
e0220506_6304778.jpg

いつも見せてくれるペイズリー柄のテレキャスター、今回はどこにもない。
e0220506_6324172.jpg

ライナーにも、
e0220506_6331243.jpg

11月には本が出るらしい。

今回のCDはゲストがたくさん。
11.EastwoodでそのまんまClint Eastwood。
どちらが持ちかけたんでしょうか?

2.Old AlabamaでこれもそのまんまAlabama、駄洒落みたい。

7.Love Her Like She's Leavin'でDon Henley。

その他、13.15.でも。

それといつもよりコーラスを多用しています。
いつものバンドのメンバーのほかに、IsaacsからSonya Isaacs、Sheryl Crowが3曲で等々。
Sheryl Crowのファンの方には申し訳ないのですが、Sherylさんはご自分のソロ作よりも、別なアーティストのお手伝いのほうがず〜っと良いのはなぜでしょうか?
今回もうまいなあ、と思います。

このアルバム全15曲のなかで一番好きなのが、5.Remind MeでのCarrie Underwoodとのデュエット!!

ここでとりあえずCarrie様のご尊顔。
Some Hearts(2005年)
e0220506_7235012.jpg

Carnival Ride(2007年)
e0220506_726223.jpg

Play One(2009年)
e0220506_7274517.jpg

(Carnival RideでDrumsが売れっ子のMatt Chamberlain!最近カントリーへの進出が著しい)

Carrie Underwoodはアメリカン・アイドルのシーズン4で優勝しデビュー。
その後、売れまくっています。
圧倒的な歌唱力と良く伸びる声!

ネィティブのマスコギー族の出身という。
いままで05年、07年、09年とアルバム発売なので、もうそろそろ次作がでるのでしょう。
もうあとからあとからキリがない。


5.Remind Meは以前からインターネットラジオのカントリー専門局で一日中流れていました。
新譜なので買うのは2年先か?、と諦めていたら何とアマゾンに中古が!!
しかも出品元は日本。
個人出品なのか、たいへん丁寧な方。
e0220506_7332516.jpg

誰でもそうでしょうが、こういうのに弱い!!
気持ちを一言でいいから表す、見習わなくては。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-23 07:50 | 音楽
2011年 06月 21日

「ささのはさ〜らさら〜」七夕には少し早いけど、ささやかな年に一度の楽しみ。

10年ぐらい前までは、毎月購入していた「月刊ステレオ」。
でもいつの間にか買うのは年に一回の工作特集号だけ、毎年6月19日を楽しみにしてます。
(逃すとヤフオクで値段のつり上がったのしか入手できない)

厚い雑誌なのと物を捨てられない性格なので、それならどうしても買いたい特集号だけということに。
e0220506_20545465.jpg

なんと80mm口径のフルレンジスピーカのキットが付属!!
e0220506_21089.jpg

昨年からです、2010年7月号は口径65mm。
e0220506_214382.jpg


当たり前ですが、比べると大きさがちがいます。
左が今年の付録。
e0220506_21265875.jpg

去年の分もまだ完成してないくせに. . .
来年は3個並列に並ぶに違いない。

ステレオの工作特集号の一部。
e0220506_21294311.jpg

順不同

記事の一部 93年7月号、長岡先生はいつもカラーページ。
e0220506_21314564.jpg



江川三郎先生、相変わらず何か実験装置のような. . .
裸の王様とは言い得て妙!
e0220506_21324835.jpg

K原さんのお好きなフレームレス!!

e0220506_21335028.jpg

完成!
e0220506_21365256.jpg

怪しげな楽器テルミンか?手作りのシンセサイザーでも演奏しているようなお姿!!

江川先生、調べたら御年79歳、ご自分でブログも。
最近はバイオリンに力を注いでいるようです。
どうかいつまでもお元気で。



どうしても気になっていたことがあり、福田さんの工房へ。
先日反ってしまった板の修正をしましたが、
e0220506_21492767.jpg

e0220506_21495690.jpg

うまく修正できたようです。
e0220506_2152419.jpg

ほとんど真っ平ら!!


電話にまったく出ないので、益子からやってきました、陶芸家の川俣さん。
シャイなので本人画像なし。
来月下旬ピエロの陶板の展覧会、そういえば2月にお会いした時言ってたなあ. . .

「まだ素焼きだけどイメージだけつかんどいて」と。
箱入りピエロ
e0220506_21564727.jpg

横180mm、縦320mm.

小さいの2種
e0220506_2158249.jpg

このあと、本焼きと上絵で完成、それに私が額装を(50枚も?!)

いまの調子でできるんだろうか?
でもSlide ONE様の仰るようにボケーッとしているので、もうすぐ現役復帰?!


毎日悪いことばかりではなく、思わぬいいこともあります。
安い軽トラックを探していたら、今日川俣さんが「あげるよ!!」と仰る。
年式は古いけど距離は走ってないし、しかも四駆!!
ありがとうございます。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-21 22:17 | オーディオ
2011年 06月 20日

宝の持ち腐れというほどではないが、一度も使ったことのない鉋


若い時は誰でもそうと思いますが、道具に凝って買い漁りました。
ずいぶん生活費を犠牲にして道具を購入。
今考えるとバカみたいですが、30年前で10万円もする寸八の鉋を手に入れて自己満足していたわけです。
全然でもないけど切れなかった、というより切れ味が長続きしない。
道具屋さんに一応言ってみると、「それは甘切れというんだ、鉋はそうでなくちゃ」
何かごまかされた感じ。
で件の鉋は名人と言われた方が打った鉋だったため、3年ぐらい前にオークションに出品したところ、思いがけずの高額落札となりました。
そのようにして3丁ほど売り払って、今あるのは値段がつきそうもない鉋と、普段使いの替え刃式鉋です。


便利そうに思えたので、買っては見たけど未使用です。
e0220506_21382613.jpg

全長180mm、幅32mm、刃先が剣先状です。
e0220506_21413744.jpg

銘は「悦英」川越の鍛冶屋さんですが、こういう小さな特殊な鉋専門。


この鉋は刃先が見えやすいように鉋台を切ってあり、しかも押して削ります。
e0220506_21431384.jpg

全長235mm、幅63mm、額縁の目違いを取るのに良さそうと考えたのですが、別にこれがなくても. . .
e0220506_21445956.jpg

新潟産、鋼は青紙。
e0220506_2158091.jpg

銘は「聖剣」と凄いネーミング、アーサー王のExcaliburからでしょうか?
それとも三種の神器の天叢雲剣か?
恐れ多くておいそれとは使用できない、だから未使用です。

こんな道具がごろごろあって、無駄使いをしたものだなあ、と思います。



ここのところメールの返信が滞っていたり、電話の応答をせず申し訳ありません。
メールの返信がかなりたいへんです。
間違えないかと心配で. . .

電話もかなりな恐怖、余計なことを言ってしまうのでは、という恐れのようです。
少しずつ良くなってはいるのですが. . .

ブログは特定の個人相手ではないので、ハードルが低いようです。
正直自分でも、自分の頭の中が良く分かりません。
いったいどうなっているんでしょうね。


良くなった暁には「怒濤」のごとく仕事をしますので、どうかあと少しお待ちいただけますか。
「破竹」の勢いでもいいけど、それだと破れかぶれみたいなので. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-20 22:10 | 木工
2011年 06月 19日

邪道か? 替え刃式鉋

今日は、時々メールなどでも尋ねられる手鉋について。

現在使用中の越翁の替え刃式寸八鉋。
e0220506_2215673.jpg

切削有効幅60mm

替え刃は1枚で2方向(2回)で使用できます。
e0220506_224540.jpg


逆目を止めるための裏刃は固定ではなく、調整可能。
e0220506_2252884.jpg

そのため今までの鉋同様に使え、逆目もしっかり止めることができます。

やっかいな台直しもサンドペーパーで、
e0220506_2283183.jpg


こんな感じで前後に平均に削って平らにして、あとは台の中央付近を横ずりするだけ、
e0220506_221232.jpg

越翁特製定規で確認、
e0220506_22124417.jpg


使い捨てにあらず、再利用まで考えてくれている、ありがたい越翁様(越後の翁らしい?)
左 替え刃を自分で再研磨して再利用。
右 何度か再研磨してどうしようもなくなったら、今度はスクレーパーとして再再利用!!
e0220506_22165624.jpg

e0220506_22171290.jpg


替え刃式鉋を使い始めたのは大工さんが早い、現場仕事で忙しいからでしょう。
道具屋さんに進められても、抵抗があってなかなか使うことができなかった。
でも今までの鉋だと、裏出しやその修正に結構時間がかかるので、思い切って使ってみたらもう元には戻れません。
使い始めは邪道のような気がして抵抗がありましたが、今は便利に使っています。

いくつかのメーカーで替え刃式を販売していて、すべて試しましたが「越翁」がベスト!!
もともとは越後の鉋専業鍛冶、現在はその技術を生かして、タバコの葉をカットする大きな刃物などの工業製品としての刃物メーカーです。

参考までに寸八鉋が13000円程度、替え刃5枚入り4000円弱、5枚で10回使えるので、一回当たり400円相当です。
ハイス鋼なので切れ味も非常に良いし、しかも長切れ。


こんなに鉋があっても、普段使うのは2丁程度。
e0220506_2248277.jpg

e0220506_22485882.jpg

e0220506_22491718.jpg

面取り鉋はトリマーに取って代わってしまったし、ヤフオクで処分しようかとも考えるのですが、初めてのお客様はこういう様子に喜んでくださるので、こけおどしにピッタリ!!!

「こけおどし」の用法が違うような気がして調べたら、
「こけ脅しとは見せかけはりっぱだが、中身のないこと」
まさしくその通り!!でした。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-19 22:54 | 木工
2011年 06月 18日

連戦連勝 ヤフーオークション!! その2

連戦連勝と言ってもたいしたこともなく、みみっちい話です。


1.その前に昨日のD−3000。

昨日はドライバでネジを回すのが苦痛で(なんかいい訳が多くて. . .)、スピーカの公開はやめにしましたが、今日はそれほどでもないので早速開けました。
e0220506_2063653.jpg


左右がフルレンジ(画像大き過ぎです)
e0220506_2072940.jpg

口径50mm、割と安っぽく見えますが、どうしてクラッシュシンバルの「パッシャーーン」がリアルです。
カーラジオのスピーカにしか見えないのですが. . .

左から2番目 低域専用のウーファ、
e0220506_20194194.jpg

口径100mm、BOSEに比較すると、背面パネルのBass Vol. を最大にしても低音は控えめです。
そのためか、低域から中域、高域までバランスは非常に良い。
でも切れ味のいい音ではなく、ゆったりとしたおだやかな音。

その隣がバスレフポート、
e0220506_20204213.jpg

見て分かる通りホーン状になっていて奥で90度に曲がっており、単なるバスレフではなく若干バックロードの効果も狙っているようです。

サランネットに光るCelebrityの金文字。
e0220506_20241496.jpg

やはり私のところよりも、山形のセレブに使われたほうがふさわしい。
でも江川三郎派なので、スピーカフレームを金鋸で切られてしまいそうですね。


内部を覗くと、音響用のコンデンサのMUSEがたくさん使われています。
e0220506_20333610.jpg

光沢のある緑色のコンデンサがそうです。

コンセントプラグに極性表示されていたり、電動ボリューム(リモコン必要)だったりと、目立たないところもしっかり作られていますが、30万円近いので当たり前と言えば当たり前。
今なら販売しても売れないような気がしますが. . .


2.これも昨日のVince Gillの曲、
e0220506_20481575.jpg

「Old Time Fiddle」の詩の中に、Diggy Diggy Li Diggy Diggy Loという言葉が何度もくり返されています。

Fiddleの天才、Mark O'Connarの「Heroes」(1992年)
e0220506_20504528.jpg

このなかの6曲目に「Diggy Diggy Lo」があります。
e0220506_20573129.jpg

これはFiddlerのDoug Kershawの持ち歌(持ち曲?)として有名ですが、Diggy Diggy Loとはいったいどういう意味なのか?
最近検索が苦痛なので少ししか調べませんでしたが(ほら、またここで言い訳している)、意味不明です。
両曲ともFiddle曲なので弾き方に関係している言葉なのか?

このアルバムはMark O'Connarが、自分のヒーローとしていた方たちをゲストに招いて作り上げたアルバム。
ここからカタカナ表記(まだ病み上っていませんので)

ゲスト一覧
ジャン.リュック.ポンティ(ジャズバイオリン)
チャーリー.ダニエルズ
バイロン.バーライン
ジョニー.ギンブル
ダグ.カーショー
バディ.スパイカー
ケニー.ベーカー
テキサス.ショーティ
ベニィ.トマソン
バッサー.クレメンツ
ピンカス.ズッカーマン(クラシック)
ステファン.グラッペリ(オコナーはフランスまで行って録音)
ラヴィ.シャンカール(10弦フィドルを演奏、シタールといい復弦でないと楽器ではない?! もう70歳ぐらいかな、と思っていたら今年61歳!そうするとノラ.ジョーンズはわりと若い時のお子さんなんだ)
以上がフィドル。

以下主だった方のみ。
ビル.モンロー(マンドリン)
ジョニー.キャッシュ(ボーカル)
ジョン.コーワン(ボーカル)
ジェリー.ダグラス(ドブロ)
ブレント.メーソン(ギター)
ロイ.ハスキー.ジュニア(ベース)
マット.ローリングス(ピアノ)
デビッド.グリア(ギター)
サム.ブッシュ(マンドリン)
ジョッシュ.グレーブス(ドブロ)
ラス.バレンバーグ(ギター)
エドガー.メイヤー(ベース)
そのほかたくさん、とまあ凄いことやっちゃってます。

マーク.オコナーについて詳しくはまたまた後日。


本日の主題。
連戦連勝 その2  アリアのリュート。
e0220506_21304599.jpg


2年ほど前に友人から「リュートが欲しいけど高くて、形だけでも真似できない?」、と言われ「そのうち作ってみようか」になっていました。
友人はリュート弾きではないのですが、音が普通にでて普段は飾って見て楽しみたいとのこと。
ちょうどその頃は裁判で何もできず、気が滅入っていた時なので励ます意味もあったのでしょう。
私もリュート音楽が好きなので、そのことだけで少し明るい気持ちになれたことを覚えています。

けっきょく、製作本を購入したくらいで棚上げになっていたけど、忘れていた訳ではなく作るならやはり見本が欲しいと思っていました。
一時はイギリスのEMS社からでているキットを買ってみようかとも、
e0220506_21455114.jpg

でも約6万円とけっこうな値段。
e0220506_21463870.jpg


ほかにもチェンバロのキット
e0220506_21481770.jpg

ハーディ.ガーディ
e0220506_21485649.jpg

バグ.パイプ
e0220506_21495612.jpg

リュートの完成品(50万円〜100万円超)
e0220506_2151116.jpg

古楽器や民族楽器がなんでも揃っています。


それで長い間見本を探していたところ、つい先日オークションに出品がありました。
でも日本のリュート奏者からは、非常に評判の良くないアリアリュート(でも1985年当時 定価85000円は安いと思う)
まあクラシックギターとリュートに関しては、この業界の方達 閉鎖的でなんでもケチをつける、つまり自分の持っている楽器が一番。
その方達に買っていただくわけではないので関係ない、言いたい方は言っていればいいし. . .

このアリアリュートは細部は違いますが、どうもこのへんのモデルを見本にしたようです。
日本のリュート奏者の草分け、佐藤豊彦「Renaissance Dance」(1981年)
e0220506_2159581.jpg

この方は「現代の吟遊詩人になる」と言ってヨーロッパに渡り、吟遊詩人どころかオランダの大学の古楽の教授になってしまった、教え子もたくさんいる第一人者。
10年ほど前に宇都宮市の文化会館の小ホールで見ましたが、アンサンブルでシェークスピアの音楽を主に演奏していて本当に良かった。

当時は宇都宮の小さな会場で、リュートの演奏会が多く開かれました。
栃木県は足尾町のご出身、水戸茂雄さん。
e0220506_22104654.jpg

弦数が多いバロックリュート
e0220506_22112770.jpg

やはりバロックリュートの大島秀文さん。
e0220506_2212457.jpg

もうひと方、宇都宮出身の菊池さん(CD貸したまま、戻ってないことに気がついてしまった)
なので画像なし。

ところが、どういうわけか最近はまったくない。


話をアリアリュートに戻します。
これが25000円までならと思っていたら、14001円で落札!!
たぶんセロテープが貼ってあったり、
e0220506_22182696.jpg

フレットが取れていたり、
e0220506_2219355.jpg

あとから追加されたと思われる、ペグが曲がっていたりと、
e0220506_22201745.jpg

この辺りが入札金額が上がらなかった理由と思われます。

でも作りは本格的で、手を入れれば十分実用になります。
e0220506_2227430.jpg

e0220506_22272571.jpg

ケースだけでもかなり価値がありそう。
e0220506_22282624.jpg

せいぜいこれを手本にして、より以上のリュートを作るつもり。


最後にリュートの親戚 全長1.8Mぐらいあるテオルボ。
e0220506_22321364.jpg

平井満美子、佐野健二ご夫妻 若かりし頃(1992年)
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-18 22:39 | 音楽