Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 43 )


2011年 08月 16日

どうしてこんなジャケットに??

大好きなカントリーの歌手 Amy Dalley。
かわいいと思うのですが。

e0220506_3445160.jpg

e0220506_3454070.jpg


手持ちの画像でないため小さい(8KB 笑)

ところがCDジャケットは、

e0220506_3473793.jpg


これじゃ売れないと思う。
Curbなのにどうしてこんなデザインを?
Amyさんの趣味?
となると右下の変な女の子は、髪型からしてもAmyさんを戯画化?


Youtubeアップの販促ビデオ。
これも何だかな?です。



曲の内容をそのまま動画にしているので、英語を聞き取れない私には、たいへんありがたいのではありますが. . .

ギターは誰でしょうか?
こういうギター 好きですね!


ライブの動画です。



バスドラは迫力ですが. . .
ナッシュビルでもやはり、そうとうミュージシャンのレベルの差はあるようです。
カントリーにつきもののFiddleとSteel Guiter がないのも、音の貧弱さにつながっています。
そのためカントリーらしさはなく、ほとんどロックでしょうか。



このAmy DalleyのCDも、日本Amazonでは入手できません。

とりあえず、iTunes でMP3購入しましたが、ダウンロード1曲150円。
アルバムをダウンロードで1300円。
アメリカのiTunes だと1曲0.99ドル。
つまり換算すると半額。
でも日本から正規にはアメリカのiTunes では購入不可能。
ネットで調べると、皆さん苦労して裏技で購入していますが、そこまでする元気がありません. . .


e0220506_3473793.jpg


もう贅沢は言いません、こんなジャケットでもいいからCD欲しいんですけど. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-16 04:22 | 音楽
2011年 08月 14日

遅ればせながら、「Micheael Landauと、可愛い義妹の関係は?」

6日以来ブログを休んでいました。
例によって枝葉末節か、本末転倒か分からないようなことが気になってしまって。
つまり句読点に迷って文を書けなくなってしまい、こういう時に無理すると前回のようになるので、当分休もうと。

休んでいる間に今度は、飛蚊症の大きいのが右目に出現!!
蚊どころかカラスぐらいの大きいのが群れをなしている。
PCのモニタを見る時に邪魔で邪魔で. . .

ウェブで調べると、年齢からも強度の近視ということからも、たぶん網膜剥離!!
「一難去ってまた一難」ならいいけど、一難が去ってくれないうちに追加の一難。

こうなったら独眼竜正宗の顰(ひそみ)に倣って、「隻眼の木工家」として売り出してもいいような気もするし. . .
e0220506_16101935.jpg


正宗も右目だし、黒い眼帯はエボニーで作り、貝でインレイを入れればカッコいいに違いない!!



さて、Micheael Landauです。
Wikipediaによると

[1958年、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。ジミ・ヘンドリックスやクリーム、レッド・ツェッペリン等を聴き好んで育ち、11歳の時にギターを始めると、次いで徐々にジャズやフュージョンにも傾倒し始める。高校時代に学内で結成されていたバンドに加入する。このバンドには同校の一学年先輩だったスティーヴ・ルカサーが在籍していたほか、それ以前にはジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ペイチ等も参加していた。高校を卒業してすぐにプロとしてのキャリアをスタートさせ、ルカサーの後任としてボズ・スキャッグス&バンド等に参加していた。

1980年、ロサンゼルスのスタジオ・ミュージシャンによって結成されたAORグループ「マクサス」に加入し、翌年アルバム『Maxus』を発表。ここでの卓越したギタープレイが大いに注目を集め、以後セッションプレイヤーとしてピンク・フロイド、マイルズ・デイヴィス、ロッド・スチュワートなどの大物の作品に起用される人気ミュージシャンとなった。更に多くの日本人ミュージシャンの作品にも参加している(後述)。1990年代からは自身のソロ活動やバンド活動も精力的にこなすようになり、1990年には初のソロアルバム『Tales From The Bulge』を発表。以後セッション業と平行しながら、これまでにソロ、バンドを合わせて13枚のアルバムを発表している。ネット上の音楽コミュニティサイトMy Spaceに自身のページを持っており、そこでいくつかの作品を聴く事ができる。

セッションプレイヤーとして、また卓越したギタリストとして多くプレイヤーに影響を与え、友人のスティーヴ・ルカサーと並び称される存在となっている。そのルカサーはランドウを評して「世界一のギタリスト」との賞賛を送っている]

となっておりますが、私が調べたところによると、現在までに970枚!!!ほどのレコーディングに参加しているようです。
もちろん、シングルやフルアルバム、レコード、カセットなどフォーマットが違っても一枚と数えられているので、実際は七掛けぐらいでしょう。
それにしても凄い!!

このMicheael Landauの弟がBass奏者のTeddy Landauで、あのMichelle Branchの夫でもあります。

Michelle BranchのCDを2枚、どちらもプロデュースは売れっ子のJohn Shanks。
プロデュースのみならず、ギターもベースもキーボードもプログラミングまでも(ちょっとずるい気が. . .才能は偏るという証明みたいなもの)
「The Spirit Room」(2001年)
e0220506_1642878.jpg

DrumsはKenny AronoffとVinnie Colaiutaなので、聞き分けやすい。

「Hotel Paper」(2003年)
e0220506_1642386.jpg

こちらはKenny Aronoffがほとんどですが、知らないドラマーが3曲。
ここでの「The Game Of Love」に、カルロス.サンタナが参加してかなりヒットしました。
2枚ともたいへん売れたので、どこのブックオフにも必ずあります。
あり過ぎるので、救出はもう諦めてしまいました。


例によってWikipedia、

[ミシェル・ブランチ(Michelle Jacquet DeSevren Branch Landau、1983年7月2日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州フラッグスタッフ市出身の女性シンガーソングライター。母方の血がオランダ、インドネシア、フランス、父方の血がアイルランドということで、東洋的な雰囲気を合わせ持つ。デビューシングル「エヴリウェア」(Everywhere)が大ヒットとなり一躍有名になった。次いで2003年には、サンタナとのコラボレート曲「ゲーム・オブ・ラブ」(The Game Of Love)でグラミー賞を獲得した。ブランチの曲は10代から20代の若い男女を中心に広く受け入れられ、その後にデビューしたアヴリル・ラヴィーンやヴァネッサ・カールトンといった女性アーティストと共に注目を集めている。

ブランチが歌い始めたのは3歳の時である。8歳の時に一家がフラッグスタッフから州内のセドナ市に移住するとヴォイストレイニングを始めた。14歳の誕生日に両親からギターをプレゼントされ、作曲を始めた。高校入学後、大親友である日系人のジェニファー・ハギオ(Jennifer Hagio)と出会い、ハギオや妹のニコール・ブランチ(Nicole Branch)とともにアマチュアバンドを結成し、本格的に作曲に取り組むようになる。

15歳で高校を中退したのち、2000年にインディーズ・アルバム「ブロークン・ブレスレット」(Broken Bracelet)をリリースする。その翌年マドンナ主宰のマーヴェリック・レコードと契約。2001年9月、アルバム「スピリット・ルーム」(The Spirit Room)をリリースしメジャーデビュー。デビュー・シングル「エヴリウェア」(Everywhere)は世界中でメガ・ヒットとなり、その後の2ndシングル「オール・ユー・ウォンテッド」(All You Wanted)、3rdシングル「グッバイ・トゥ・ユー」(Goodbye To You)もヒット。同アルバムは世界で400万枚超、日本でも35万枚を越えるセールスを記録した。2003年2月、サンタナとコラボレートした曲「ザ・ゲイム・オブ・ラヴ」(The Game Of Love)でグラミー賞のベスト・コラボレーション・ウィズ・ヴォーカル部門を受賞。同年6月には2ndアルバムとなる「ホテル・ペイパー」(Hotel Paper)をリリース、1stシングルとして「いまはしあわせ?」(Are You Happy Now?)がシングルカットされた。同アルバムからはその後2ndシングルとして「ブリーズ」(Breathe)、3rdシングルとして「ティル・アイ・ゲット・オーヴァー・ユー」('Til I Get Over You)がリリースされた。

ブランチは他アーティストとの協働にも積極的である。前述のサンタナをはじめ、シャンタール・クレヴィアジックやシェリル・クロウともコラボレート曲を出している。2002年にはアマチュア時代に知り合ったバンド、ジャスティンケイス(Justincase)をプロデュースし、自らもデビューアルバムに参加した。また、サイドプロジェクトとして友人のシンガーソングライターのジェシカ・ハープとザ・レッカーズ(The Wreckers)というユニットを組み、新たな活動を開始している。2005年11月にはザ・レッカーズとしてサンタナのアルバムに再び参加、リードシングル「アイム・フィリング・ユー」(I'm Feeling You)でコラヴォレイトした。2006年5月にはレッカーズとしての1stアルバムである「スタンド・スティル・ルック・プリティ」(Stand Still-Look Pretty)をリリースした。

プライベートでは、2004年5月23日、バックバンドのベーシストである19歳年上のテディ・ランドゥ(人気セッション・ギタリストとして知られるマイケル・ランドゥの実弟)と結婚。2005年8月3日、長女オーウェンを出産した。現在、ブランチはロサンゼルスに在住している]

e0220506_170851.jpg




Teddy Landauが名付け親になって、ミシェルご幼少のみぎりよりの親友Jessica Harpと作ったカントリー風味のバンドが、The Wreckersです。
「Stand Still-Look Pretty」(2006年)
e0220506_17124163.jpg

e0220506_17224568.jpg

ライブ盤 CD+DVD(2007年)
e0220506_1755920.jpg

この2枚のCDだけで、現在The Wreckersはミシェルの子育ても重なり休止中のようです。

ライブの模様を少し、
e0220506_17291646.jpg

DrumsはFred Eltringham 売れっ子です!!
e0220506_17304951.jpg


問題のTeddy Landau 非常にシャイな方、音数は少ないですが、いいベースを弾きます。
e0220506_17324745.jpg


GuiterはTony Obroht、B-3がMichael Webbですが、二人ともいったいどこから見つけて来たんだ!というくらいうまい!!
e0220506_1737619.jpg


このバンドは7人編成ですが、2組のカップルがいます。
ミシェルとテディ+ジェシカとFiddleのJason Mowery。
e0220506_17561713.jpg


Youtubeの動画ですが、上記のDVDではなくナッシュビルはグランド.オール.オープリーでの「Tennessee」を。
この動画のほうがカメラワークがいい!!
音も各楽器の粒立ちが良く、特にBassとDrumsが!!
しかも冒頭がVince Gillだし!!



ジェシカの夫 Jason Moweryは性格が良く(ホントは良く知らないのですが、お顔からすると)、Fiddleのほかにもマンドリン、ドブロ、ギターも良くするので、我らがJohn Fogertyの一員でもあります。


「Comin'Down The Road The Concert At The Royal Albert Hall」(2009年)
e0220506_18259.jpg

ライナーです。
e0220506_1824291.jpg

e0220506_18388.jpg


このDVDの既発DVDと違った最大の特徴は、大好きなDrumsのKenny AronoffがJohnの後ろに位置しているので良く見えること、いままでのDVDの不満を解消してくれます。
e0220506_186194.jpg


ここでのJason Mowery、古くからのメンバーに溶け合って楽しそうに演奏しています。
e0220506_188876.jpg


Youtubeで同じ動画がアップされています。
「Comin'Down The Road」



いつ見ても、Kenny様以上のドラマーはいないと。



さて、Teddy Landauは調べてみても、どうもあまり仕事をしていません。
兄のMicheael LandauとDrumsのAbe Laboriel Jrとで作ったバンド、それとどうしたわけか藤井フミヤ氏のアルバムの中にクレジットが. . .

子供が出来たんだからもっと仕事しないと、あっという間に年取るよ!!



久しぶりのブログなのか、長くなってしまいすみません。
Wikipediaを多用しても、やはり句読点が気になってしまう. . .

久しぶりついでにもうひとつ、Jessica HarpのソロCDが日本のアマゾンで入手できません。
アメリカではもちろんiTunesでも配信されているのに. . .(日本のiTunesでも無理)
P2P(ファイル交換ソフト)でダウンロードを考えてもMacは非常に不利、やはりWindows 7を手に入れるしかないようです。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-14 18:59 | 音楽
2011年 08月 05日

 CDラジオとオリヴィア.ニュートンジョン

ブログにコメントをくださる、山形県の木工家の桑原さんに依頼されていた、ジゥジアーロデザインのSONY D-3000。
e0220506_17283195.jpg


先月の桑原さんの展示会に合わせて持参するつもりでいましたが、体調不良であえなく潰えてしまった。
それで取りあえず工房へは後日訪問するとして、D-3000は宅配便で送ることにしました。

送る前に最後のチェックと思い、先日入手したMax Exerciserなるものを使ってみることに。
e0220506_17391899.jpg


取扱説明書 表面
e0220506_12334558.jpg


裏面です。
e0220506_12264119.jpg


原理は、CDの最内周から一気に最外周まで、ピックアップを強制的に移動させるもの。
ピックアップの動きが悪くて音飛びするCDプレーヤを、その動作で移動をスムーズにさせる。
普通の市販CDで読み込みにくい場合でも、このMax Exerciserはリードインしやすくなっているそうです。
送料込みで1400円ですが、半永久的に使用できるので、これは安いと思います。


それで今日、朝から桑原さんのCDラジオは、強制的にエクササイズをやらされていました。
おかげで動きも快調だし、あとは荷造りして明日発送をするのみ。
e0220506_17531259.jpg




これも無理矢理ですが、エクササイズと言えば、「Physical」Olivia Newton Jon。
怪しげなハングル文字のDVD。
e0220506_17584262.jpg

オリヴィア 全盛期の1982年のライヴ、いまでも少し太めになって活躍しています。
e0220506_18115764.jpg


例によってYoutubeの動画です。

バックのミュージシャンが凄い、当時の西海岸のスターを総動員。
Drums Carlos Vega(何かカーマイン.アピスに似てますね)
Guiter Buzzy Feitten
Guiter Michael Landau
Bass Robert"Pops"Popwell
Keyboards Kevin Bassinson
Keyboards David Iwataki
Sax. Tom Scott(ゲスト)



40秒あたりから出てくるキーボードのケヴィン.バッシンソン、何か目が嫌らしいんですけど。
1分40秒:オリヴィアの出身地、オーストラリアでのライヴのため熱狂的なファンが。
2分51秒:マイケル.ランドゥのソロ、16小節。オリジナルはスティーブ.ルカサーでした。
でも少しだけアレンジを変え、これもまた素晴らしいソロになっています。
3分21秒:バジィ.フェイトンのソロ、32小節です、マイケル.ランドゥの倍 時間を取っていますが、当時の二人の力関係だったのでしょうか。
ギターはアイバニーズ。
4分28秒:待ってましたとばかりベースのロバート.ポップウェルが襲いかかり、
4分48秒でベースを弾きながら、オリヴィアと一緒に踊ります!!
オリヴィアが離れる時に、ロバート.ポップウェルの頬を、両手で撫でていくシーンが何度見てもいい!!
6分過ぎ頃から、オリヴィアが縄跳びしながら登場!!



ロバート.ポップウェルのベースが、全編にわたり豪快に鳴り響いています。
完全に音楽におけるリードをとっています。
それに現在のスラップ奏法とは違い、音が図太い!!
いいですねぇ、何度このビデオを見てるんだろうか。

ロバート.ポップウェル(現在65歳)はクルセイダーズで活躍し、その後ラリー.カールトン、ジョー.サンプル、ベイクド.ポテトなどを手伝い、それから廃業したらしい。
3年ぐらい前の風のたよりによると、なんでもナッシュビルで教会の牧師さんになったという。
音楽の都ナッシュビルでというあたりが、音楽を忘れられないから、と考えていいんでしょうか。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-05 20:49 | 音楽
2011年 08月 02日

Hard Rockだって脚韻だ!!

今日かな明日かなと思い見ていたら、今夕咲いたユウガオの花。
e0220506_18363733.jpg

栃木県名産の干瓢の夕顔ではなく、ヒルガオ科のユウガオです。
e0220506_1838997.jpg

直径10cm、一夜花で密かに甘い香りが。
源氏物語での「夕顔の君」は、どちらのユウガオでしょうか?



普段、CDのライナーはミュージシャンの名前とパートを確認するだけで、歌詞は無視です。
いい曲だけど、何とも陳腐な歌詞もけっこうあって、がっかりすることが多いせいでしょうか。
でも曲を聞いていると、ヒアリングの苦手な耳でも、明らかに「韻を踏んでいる」と思える曲もかなりあります。
特にルネッサンスの頃の歌は、ほとんど脚韻だらけです。


「韻を踏む」ことにはまったく関係なさそうなハードロック、しかし様式美を最重視するだけあって、見事に「韻を踏んで」います。

Rainbow 「Rising」(オリジナルは1976年)
e0220506_2025101.jpg

このなかの大作で名作で、いちばん好きなStargazer

High noon, oh I'd sell my soul for water
Nine years worth of breakin' my back
There's no sun in the shadow of the wizard
See how he glides, why he's lighter than air?
Oh I see his face!

Where is your star?
Is it far, is it far, is it far?
When do we leave?
I believe, yes, I believe

In the heat and the rain
With whips and chains
To see him fly
So many die
We build a tower of stone
With our flesh and bone
Just to see him fly
But don't know why
Now where do we go?

Hot wind, moving fast across the desert
We feel that our time has arrived
The world spins, while we put his dream together
A tower of stone to take him straight to the sky
Oh I see his face!

Where is your star?
Is it far, is it far, is it far?
When do we leave?
Hey, I believe, I believe

In the heat and the rain
With whips and chains
Just to see him fly
Too many die
We build a tower of stone
With our flesh and bone
To see him fly
But we don't know why

見事です、詩を書いたVocalのRonnie James Dioが中世の音楽に傾倒していただけあって。



動画をアップなさった方、編集が非常にうまい!!
スタジオ録音の音に合わせて、ライブ映像に当時のPVと画像を組み合わせていますが、Cozyのドラムがシンクロしている!!
かなり時間がかかったと思われます。

今聞いてもCozyのシンバルが見事です、シンバルは12音階に合わせてチューニングしたそうですが。



次はやはり大好きな、Ingwie Malmsteenの「Alechemy」(1999年)から、
e0220506_20281426.jpg

名曲、Leonardo

Ab antiquo
Ab integro
Audi vide
Tace si vis vivere in pace

Why cannot man also fly
We're chained down to the earth
Not like birds in the sky
Soaring from birth
Devices of destruction, Devices of death
Find out their construction
Give them life, give them breath

Which God may I thank
Making art from a canvas blank
Paintings from the holy book
Depicting Christ and the chance he took
Oh, tell me

When will you ever learn
the treu depths of my work
Future is my concern
You know art is my church
Gaze inside the quest of man
And find a new machine

I learn everything I can
Dig it up, cut it clean
Always tried my very best
To find what lies within
Put myself to the test
Judge me not, it's not a sin

Which God may I thank
Making art from a canvas blank
Paintings from the holy book
Depicting Christ and the chance he took
Oh, tell me


詩はイングヴェイが尊敬する、レオナルド.ダ.ビンチをモチーフとしていて、やはりきれいな脚韻。
BassはBarry Dunaway うまいですねぇ。

ライナーのThanksを見ると、
e0220506_21341612.jpg

バッハ親子、パガニーニ、モーツァルト、ヴィヴァルディ、アルビノーニ、フェラーリ、H.P.ラヴクラフト、スティーヴン.キング、ロニー.ジェームス.ディオ、リッチー.ブラックモア等々、興味が尽きません。



VocalにMark Boalsが復帰! イングヴェィにはやはりこの方!!
突き抜けるようなハイトーンと情感。



それでMark Boalsの第二弾「Ring Of Fire」(2000年)
e0220506_20344341.jpg

Tony Macalpine参加です。
e0220506_2035048.jpg


たぶん2000年だと思いますが、Ring Of Fireを見に行きました。
e0220506_20555715.jpg

パンフレットと違い、急遽ギターはTony Macalpineに!!
BassもDrumsも凄かった!!
もちろんVitalij KuprijのKeybordsも!!

その時Mark Boalsが飲んでいた、ミネラルウォーターのラベルの切れ端(こんなモノが捨てられない)
e0220506_2104938.jpg


「Ring Of Fire」のなかの1曲目 Ring Of Fire、これもほとんど文末が脚韻になっています。

From the shadows of sorcerer's knights
To the wizard with jewels of light
Secret languages runes and spells
Ouroboros is well
From the alchemists immortal gold
To the elves with their powers untold
Magic weapons and armour blest
Will put you to the test
Prophets, sages through the ages

The celestial flame is burning
Ring of fire forever turning
The unquenchable desire
Born of wisdom in the ring of fire

Sword of Odin and Anvari's ring
Slayed the dragon as orpheous signs
As prometheous fire first burned
Gifts of knowledge were learned
Chidambaram inside us will call
Flaming hearts are the center of all
The salori of mystical peace
Makes all ignorance cease
Prophets sages through the ages

The celestial flame is burning
Ring of fire forever turning
The unquenchable desire
Born of wisdom in the ring of fire




この動画を生で体験しているわけですが、いまあらためて見ても、Philip BynoeのBass 凄い!!





今日も男ばかりになってしまったので、目薬代わりにコスプレーヤーの美少女を。

e0220506_21204695.jpg

[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-02 21:31 | 音楽
2011年 08月 01日

フウランとブキャナン? 何の関係もないけれど、韻を踏んでいるかな?と . . .

先週末、突然長男が勝手にプロバイダ契約を解除したため、ネット接続できない。
これも新たなサイバー攻撃の一種だろうか?
携帯電話を持っていれば、ある程度代用できるけど、なければもうすべてがお手上げ。
でもおかげで、いかにネットとPCに依存しているかが良くわかった。
PCがなくても生活できるように、ある程度は分散しておく必要も、と反省。



そんな親子の見難い争いをよそに、木陰ではフウランの花が. . .
e0220506_18333276.jpg

楠科のタブの木のウロに、水苔と一緒に入っています。
e0220506_18344170.jpg

ほのかな香りも。

昨年、ヤフーオークションで入手しましたが、出品者は熊本県球磨郡の方で山深い地方の様子でした。
でもびっくりするくらい低価格で、よくもまあこんな都合の良い形のウロがあるもの、と感心!!
(ほぼ実物大)
e0220506_18382168.jpg


フウラン(風蘭)の名のとおり、祖父の残した「釣り忍」の隣で風に揺れています。
e0220506_1841446.jpg




Fさんへの、メールの返信もかねて。

突然関係なさそうなRoy Buchanan、フウランとはどう考えても結びつけることはできません。
語尾の「an」が脚韻では? ぐらいしか. . .


ロイ.ブキャナンのコンサートは、1978年に当時は仲の良かった兄弟3人で行きました。
会場が郵便貯金ホールは覚えていても、いつだったか思い出せない。

その時のステッカー、
e0220506_192789.jpg

この間まであった色紙と、コンサートの半券が見つからない。
こういうことが最近多いので、いよいよ大掃除で片付けなければ、と思う。

ステージは何の飾り気もなく、最初から最後までビールを飲みながら、Royは淡々とただギターを弾いていました。
今に思えば、88年に泥酔で保護され、拘置所でその夜のうちに自殺したのが頷けるような. . .
牧師の家に生まれ、奥様との間に6人のお子さんもいたのに。


この時の模様はCD化されていましたが、版権をポリドールから買ったと思われるCD.
e0220506_19293648.jpg

内容は写真が多くて、ポリドール版より豪華です。
e0220506_19304214.jpg

e0220506_19313967.jpg

e0220506_19321839.jpg

e0220506_19323495.jpg



CDはあと一枚しかなくて、
e0220506_19345869.jpg

Royは33歳でデビュー。
e0220506_10551444.jpg

地味ですが、3曲目の「I Am A Lonsome Fugitivu」がいちばん好きです。
レコードでは販売されたものは全部あるけど、プレーヤがないので. . .


DVDの正規盤(2008年)
「Live From Austin Tx」 November 15.1976
e0220506_19482413.jpg

残念ながら5曲のみなので、短い。
e0220506_19484396.jpg


このなかの有名な「Sweet Dreams」、そのままYoutubeでアップされていますが、埋め込み不可のため、別な73年のライブを。
2分37秒で見ることができるBassは何でしょうか?



興味がありましたら、「Live From Austin Tx」版もぜひ。
http://www.youtube.com/watch?v=swX9oq6TVAU&playnext=1&list=PLE39A0C9F85252E62



ところで、「脚韻を踏む」のは末尾の文字さえ合えば、と思っていたらとんでもない、難しいんですね。
アクセントが合わないと「韻を踏む」ことにならない、となるとフウラン:ブキャナンは無理のようです。
厳密に言うと、日本語では「脚韻」にならないで、単なる語呂合わせ?!


以下はコピー&ペーストですが、長いので適当に読み飛ばしていただけたら。

「ソネットの作り方」
http://www.geocities.jp/todok_tosen/todok/sonnet/sonnetmaking.html

脚韻(rhyme)とは詩の行末を同じ響きのことばで終えることば遊びだ。例えば1行目をeyeで終えたら2行目はtieで終える。同様にfriendと end、flowerとpowerという風に行末の音を揃える。こういうことば遊びは英語の歌にはなくてはならない技法だが、面白いことに、私たちにとって脚韻の本家本元のように思われるイギリスでも、脚韻は中世時代にフランスから伝えられた輸入品なのだ。
最近は日本語の歌にも脚韻が使われるようになったのは興味深い。例を探していたら(偶然かもしれないが)「タクシー」と「寂しい」、「ラブ」と「並ぶ」のように英語と日本語の組み合わせが多かったのが面白いと思った。同音語の多い日本語では脚韻はどうしても単調になってしまうので、「3時」と「ランチ」、「会いたい」と「night time」という風な脚韻というより母韻(assonance)の方が聴いていて耳に心地よい。

◇練習問題1(初級編)
eyeの脚韻を探そう。
とにかくeye(アイ)で終わる単語を探せばいいのだから、そう難しくはない。一番短いのはなんといってもI。音もまったく同じだ。そして、Iとくれば my。今にして思えば中学校の最初に習った代名詞の変化形は韻を踏んでいた。新たな驚きだ。これが出ればbuy、high、lie、skyとあとはどんどんつづく。dry、fly、spy、try、こういうのももちろんOKだ。good-bye、July、reply、satisfyなどは少し高度な脚韻だ。

◇練習問題2(中級編)
rhymeの脚韻を探してみよう。
さっきの問題は母音だけの脚韻だったが、今度のは母音のあとに子音が付いている。共有する音が多い分だけ難しい。まず思い浮かぶのがtimeだ。シェイクスピアも『ソネット集』で6回ほどrhymeとtimeで韻を踏んでいる。
そのほかclime, dime, I'm、mimeなどが仲間だ。I'mがrhymeと韻を踏んでいると知った時はやられたと思った。音を通じて本来まったく別な意味が握手をする心地よい驚きが脚韻の味わいだ。
ただ注意しなければいけないのが韻を踏むのはアクセントの付いた音節でなければならない点だ。rhymeとsummertime(強弱強)は韻を踏むが、 rhymeとsometime(強弱)は韻を踏まない。せっかくのことば遊びなのだ、目立たせてやらないと面白さが半減する。

◇練習問題3(上級編)
pleasureの脚韻を探せ。
できなくてもがっかりする必要はない。これはシェイクスピアにとっても、また、英語で詩を書くすべての人々にとって難問なのだ。pleasureの韻は英語の全ボキャブラリーを検索してもleisure、measure、treasureくらいしかない。
おや、それは変だ、pleasure(プレジャー)ならher、sir、were、occurなどまだまだあるじゃないか、と思ったかも知れない。確かに “ジャー”の音だけで韻を踏めればこれでいいのだが、さっきも説明したとおり、音の他にアクセントの条件がある。となると“ジャー”ではなく“エジャー” を強弱のアクセントで読む単語を探さなければならない。ところが“エジャー”(強弱)で終わる英語はさっき挙げた4単語くらいしかないのだ。だからシェイクスピアもこれには苦労したはずだ。

ということですが、どの世界にも研究熱心な方がいて、頭がさがります。
勝手にコピペです、ありがとうございました。



先日のPam TillisのYoutube埋め込み、鮮やかな音色のLap Steelは「Jerry Douglas」でした(どうでもいいことでしょうが、気になっていたものですから)



どういうわけか、Lap Steelの音が大きく鳴り響いている、やはりさすがのJerry Douglas!!!
[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-01 20:17 | 音楽
2011年 07月 28日

姉さんだったらいいな!!! Pam Tillis。

PCでYoutubeが見られず、ブログを休んでいました。
いままでFlash Playerの最新版で普通に見れたのに、しかも他の2台のG4とG5は難なく見られるのに。
それで旧バージョンに戻したら、見ることができる。
釈然としませんが、Adobe様から無償提供なので. . .



三人兄弟の長男だったので、小さい頃からず〜っと姉がほしかった。
この年になった今でも。


あこがれの姉のようなカントリー歌手 PamTillis、 でもCDは二枚しか持っていない。
「Greatest Hits」(1997年)
e0220506_20324370.jpg

優しさのなかにも、憂いをふくんだお顔のジャケットで、90年代のヒット曲を網羅。

ライナーにも優しそうな写真が。
e0220506_20341032.jpg

e0220506_20345420.jpg

PamTillisは、お父さんもカントリーの歌手らしい。


もう一枚はTGG Directという怪しげなレコード会社。
Pam Tillis「Live」(2008年)
e0220506_20452283.jpg

もう少しまともな写真にしてほしい、デザインも変だし。
でも音は非常に良い!!

なぜなら、このDVDからのコピーだから。
Pam Tillis 「Live At The Renaissance Center」(2005年)
e0220506_20491994.jpg


e0220506_20492972.jpg


小さい会場らしくステージが狭そうです。
e0220506_2053328.jpg

Bassは低くて深い音色、OrganとSteel Guiter、それにFiddle、Mandorin、Guiterを持ち替えながら歌う若い二人。

GuiterはDorin Favorite いかにもテレキャスターといった音で、気持ちの良いフレーズを繰り出す。
e0220506_213732.jpg


DrumsのKent Slucherはアグレッシブな叩き方、まるで目の前でシンバルが炸裂しているようで、
思わず目をつぶってしまうほど。
e0220506_2104566.jpg

録音も相当いい!!

攻撃的なドラミングが顔に表れています。
e0220506_2113052.jpg


若いメンバーを従えて、
e0220506_215982.jpg

e0220506_2153016.jpg


クレジットにはProducerとBassが同じ姓、兄弟でしょうか。
e0220506_2172388.jpg



もはやYoutubeがなくては、ブログが成り立たなくなりつつあります。
大ヒット曲「Cleopatra, Queen of Denial」
1992年のステージらしい。

右側の赤いジャケットが、先日のブログで紹介したMary-Chapin Carpenter、真ん中はやはりカントリー歌手のSuzzy Boggus、左はわかりません。
でも打ち合わせがなかったのか、三人の動きが合ってない、これも面白い。

右側にFiddleで若き日のMark O'connor、残念ながらFiddleの音が小さい。
他のメンバーの名前をいちいち上げませんが、ナッシュビルの超一流揃いです。

1分40秒に注目、観客の男性が大慌てで、友人のカメラを拝借しています。
そんなに必死にならなくても。



ブログタイトル「姉さんだったらいいな!!! Pam Tillis」ですが、私よりうんと若い、でもいいんです。
あこがれの姉のような存在だから。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-28 21:33 | 音楽
2011年 07月 24日

Makitaのコードレスドリル発注記念で、MR.BIG。

クラブアップルの実が大きくなってきたな、と思っていたらやはり病気が発生。
e0220506_9365859.jpg

病気には強いということだったのですが. . .
Bises 1999.10月号、
e0220506_93924100.jpg

焼きリンゴをするような子供もいないけど、
e0220506_9402680.jpg

リンゴ園の名残が少し欲しかったので、
e0220506_9413763.jpg

4種2本づつ購入、メイポール1本のみが残り、しかも弱った枝に実がつく。
e0220506_9465715.jpg

種を残そうという必死の思いでしょうか。
来年はほんの少しだけ防除をしてみよう。



普段は電動ドリルはほとんど使用しません。
大きい木工機械は好きですが、手に持つ電動工具はあまり好きでなくて。
電動工具は不安定な作業になるから。

40年前に初めて購入した記念すべき電動工具、嬉しかった!!
これでなんでもできると。
e0220506_9563336.jpg

「日立電気大工」 うまいネーミング!!
e0220506_9573585.jpg

このドリルのモーターを利用して、付属アタッチメント(カンナ、丸ノコ、ジグソー)をつけると、電気大工になれる. . .

でも、まったくなれません。
使いものにならない。
唯一残ったのがドリルのみ。
でも6.5mmまで、しかたないので、13mmをあとから買って使っていました。
e0220506_102282.jpg

これが重くて、非力な腕ではコントロールしずらい。

でもギター加工では、どうしてもボール盤で穿孔加工できないような時があり、それが嫌で嫌でもうギター加工もやめようかな、とも。
穿孔加工のみ依頼出来るところもないし. . .


時間がかかってもいいから、手作業なら楽しいのですが、
こんな小さいドリルもあります(もちろん手動)
e0220506_1095461.jpg

0.5mm~1.8mmまで(実物大)


ギター加工は大切な収入源なので、やめるわけにもいかず、いろいろ考えた結果、コードレスの軽いドリルを購入することにしました。
e0220506_10123911.jpg

マキタです。
私の年代はモートル(ロートルではありません)は日立!の刷り込みがあり、いままでマキタのことは視野にありませんでした。
でも道具屋さんが「旧型のドリルがあり、それなら安くできる」と言うのでマキタに決定。

なんと言ってもMR.BIGのPaul Glbert、Billy Sheehanもご愛用だし!!
でも凄いこと考えますね、スタジオでこんなことしてもどうってことないけど、やはりライヴで目に見えるという効果は圧倒的です。

MR.BIGのCDが見つからないので、RACER Xで代用、でもBilly Sheehanはいませんが。
「Superheroes」(2000年)
e0220506_10425319.jpg

ライナーが派手!!
スーパーヒーローだから恐いものなし! 何でもできちゃう!!
e0220506_10432646.jpg

裏はポスター
e0220506_10545636.jpg

再結成第二弾ですが、名盤でしょう(はっきり言って録音はX)


お二人がRYOBIでもHITACHIでもなく、MAKITAのドリルをを選んだ理由はわかりませんが、ツアーにはマキタが相当協力したそうです。
MR.BIGのSignature Model ドリルを作れば、あちらのカーペンター達がこぞって買ったと思うけど. . .(文化の違いか、日本の大工さんは買わないでしょうね、たぶん)

来日の折にはマキタ安城工場へ、見学にも行っています。
e0220506_105148.jpg

友人の話によると、当時お茶の水の楽器屋さんで、ギター、ベースに並んでドリルが売られていたそうですが、宇都宮では見てないなあ。


HARD OFF小山店で、今さらながらのVHS、デッキもないのに. . .
e0220506_1104530.jpg

e0220506_111541.jpg

Live And Kickin'(1992年)での1曲目、「Daddy、Brother、Lover、Littleboy」
こればかりは見なくてはわからないということで、Youtube埋め込みで。
2分45秒から注目です。

ギターとベースがユニゾンで、トリッキーなプレィを。
この頃はピック3枚組み込みでしたが、最近は4枚にパワーアップした模様。

20年近く前の映像ですが、BassのBilly Sheehan(現在はビリー.シーンですが、当初はビリー.シーハンと表記されてました)うまいです、どんなに早弾きしても非常に理知的!!


ついでに歌詞もコピー&ペーストしときます。

If you're a red hot fire cracker
I will light your fuse
If you cry like a little girl
I'll dry your baby blues
When you need a man of action
I'm ready to make my move
Like a shotgun shot, Johnny on the spot
There's nothing I can't do

Everything you're looking for
You can find in me
I'll be anything you want
Anyone you need
I'll be your daddy, your brother, your lover
And your little boy

When your body needs salvation
I'll be your tender touch
I'll take all the love you give me
And give you twice as much
When we get undercover
And do the horizontal mile
I'm in the mood to answer to your call of the wild

Everything you're looking for
You can find in me
I'll be anything you want
Anyone you need
I'll be your daddy, your brother, your lover
And your little boy

Everything you're looking for
You can find in me
I'll be anything you want
Anyone you need
Everything you're looking for
Anything that you want and more
I'll be your daddy, your brother, your lover
And your little boy

Your daddy, your brother, your lover
And your little boy

I'll be your everything
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-24 11:30 | 音楽
2011年 07月 21日

破れかぶれでDropkick Murphys「Worker's Song」

川俣さんのピエロの陶塑展が24日からで、搬入が23日、額縁の納品が20日頃としていましたが、数が多くて決まったのも遅かったため、若干遅れてしまいました。

今日川俣さんが益子から取りに来てくださったので大助かり。
取りあえず2種41枚の積み込みを。

後ろ姿の川俣さん!!
e0220506_2122824.jpg

拭漆は4回。
額に合わせて今晩金箔を押すそうです。
e0220506_21232111.jpg

材はサペリマホガニー。
陶板を貼るための、シナベニアの仕上がりが良くなくて気になっていたけど、「これで上等」と。

以前は北海道のシナの木だったのですが、現在はロシア材、間もなくアメリカのバスウッド材に変わるそうです(偶然今日見えた、東京の材木屋さんが仰っていました)
今はマレーシアでロシアのシナ材で生産、でも間もなくロシアが出荷しなくなるため。
日本のシナベニアは仕上がりが良かったですが、アメリカのバスウッドベニアは、ロシア材よりもっと良くないでしょう。
バスウッドは毛羽立ちが多く、しかも塗装ムラになりやすい、色は真っ白で奇麗ですが。
シナベニアはあまり使用しないけれども、でも気になります。


41枚仕上がっても、残りがまだ2種11枚あります。
木地ができて、
e0220506_2134316.jpg

夕方拭漆を、
e0220506_213558.jpg

昨日までは湿度も温度もあり、乾きすぎるくらいでした。

ここで、Slide ONE様 お気遣いありがとうございます!!
漆の乾燥は、空気中の水分を取り込むことによる酸化重合なので、湿度70〜85%、温度25〜30度ぐらいがいちばん良い条件になります。
ですから昨日までは良かったのですが、こちらは今日の夕方 温度が18度で湿度が45%となってしまいました(寒いくらいです、このまま秋になってもいいくらい)

室内でも、
e0220506_21403535.jpg

これだと乾きがそうとう遅くなるので、加湿します(22度で50%)

これで夜中に1回、明日朝1回、昼頃最後の1回拭漆をして、明日夜益子まで届けます。
乾き具合が不安ですが、こうなったらなるようにしかならないと。


ブログタイトルですが、仕事でもたついて手が動かなくなったら、アイリッシュパンクに限ります。
アイリッシュパンク東の雄、ボストンはDropkick Murphys。
「Live」(2009年) DVD+CD
e0220506_21512034.jpg

デザインもパンキッシュ?
e0220506_215353.jpg

結成から15年、2004年からメンバー不動ですが、生粋のアイリッシュはBassのKen Caseyだけです。
可愛い少女たちが大勢でアイリッシュダンスですが、パンクにあってないようで. . .
お互いに困った様子が、ところどころで見られて微笑ましい。
e0220506_21551928.jpg


イギリス軍とアイルランド勢との先祖の遺恨を引きずっているのか、会場のあちこちで末裔たちが小競り合い。
屈強なガードマンが大勢で止めるのに必死。
e0220506_21584914.jpg

でもよく見ると、たぶんに予定調和的で、じゃれあっているとしか思えませんけど。


特筆すべきはDrumsのMatt Kellyの2拍子の上手さ!!
スネアのロールは、この人以上はいないのではないかと。
思うに、有名な手数王みたいなドラマーに限って2拍子は変です、あの方もそしてこの方も. . .
e0220506_2234469.jpg

Matt氏は以前よりも、どんどん上手くなっています。


最近はどうなのか知りませんが、かつて手仕事の工房を訪ねると、割とレゲエを聞いている方が多かったようです。
好きずきなのでどうでもいいんですが、レゲエは自分の場合調子が狂う。
音楽に手が合わない気が。
やはりブルーグラスやアイリッシュ等の2拍子がいい。
そして不安な時は、特にこのDropkick Murphys、曲名も「Worker's Song」!!
不安なことなど蹴散らしてくれる。


Youtubeの貼り付けは、なぜかためらいがあります。
自分でアップロードした訳でもないのに、簡単に貼り付けることが申し訳ないような気がして. . .
一回ハードルを超えると多用しそうですね。

今回ばかりは動画で見ないと。


[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-21 22:42 | 音楽
2011年 07月 14日

見た目でも内容でも、幸せになれるCD。

 
今夜も追い込みで、かんたんなブログに。

Barbara Bonneyのベスト盤(1987〜94年録音)
e0220506_20214934.jpg

1954年 アメリカはニュージャージーのお生まれなので、今年57歳(もっと年上かと. . .)
このCDは96年発売なので、ジャケットの写真は40歳前後のときでしょうか。
まだ少女のようにも見えますが。

歌はビブラートが控えめなので、たいへん聞きやすく感じます。
(一般的な大げさなソプラノは苦手なので)
好きな仕事をしながら、こういう音楽を聞いている時がいちばん幸せです。

現在も活躍中で、最近の画像を借用しました。
e0220506_20273674.jpg

あと少しだけ笑顔が欲しかったけど。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-14 20:42 | 音楽
2011年 07月 13日

嫌なCDジャケット

展示会が急に決まり、写真撮りが15日にあるため、今日と明日の夜はDMに載せるためのもの作り。
ギャラリー企画のグループ展なので、少し気が楽、ものも売るほど在庫してるし。
でも新作も多少は. . .
DM用のものは、少しづつ仕上げていた無指向性のスピーカです。
写真撮るだけなので、細かい詰めは行ないません。
それで、今日のブログは簡単に。


CDもジャケットによって、聞いてみたい気にさせるものと、まったく反対なものとさまざまです。
それぞれ、アーティストやプロデューサーの意向によって、デザインされるのでしょうね。


大好きなVictor Wooten、BanjoのBela Fleckと演っているときはホントに大好きですが、それ以外は良くわからない?
天才過ぎて、私にはついていけないんでしょうか。

「Extraction」(2004年)
e0220506_192418100.jpg

Extraction: そのものズバリ「抜歯」!!
CDにも、
e0220506_19255623.jpg

Extractionされた歯がリング状に。
私にとって非常に嫌なデザインです、だから聞いていません。


この際だから拡大すると、
e0220506_19294069.jpg

コラージュでしょうか、それともフォトショップ?
バーナーの炎は異常に大きいし、血の付いた西洋鋸が台の上に置かれているし、ハンマーは歯科用ではないし. . .
なにやら歯科医は愉悦の表情です。
サディスティックな方のようで、つまり趣味と実益を兼ねているのでしょうか。
それにこの診療台はいつ頃の年代のもの?

ライナーです。
e0220506_20203217.jpg



Victor Wootenは、ほかにもセンスを疑うようなデザインのCDジャケットが、
e0220506_19375827.jpg

これも気持ちが悪い。
8本の手がリアルだから。
まるでキメラのよう。

デザインはかのCozy Powellの「Octopuss」(1990年)がモチーフでしょう。
e0220506_19404956.jpg

Octopussというより、まるで千手観音のよう!!
ライブで、チャイコフスキーの「序曲1812年」に合わせてドラムを叩いていた姿が、今でも目に浮かびます。
亡くなってから、もう13年。


気味の悪いデザインのCDは、デス.メタルやゴシック.メタルに多くあります。
そんなの並べても仕方がないので、一枚だけ正統派のハードロック。
Dio「Lock Up The Wolves」(1990年)
e0220506_2019048.jpg

Rainbowの初代VocalだったRonnie James Dioのバンド。
Ronnie師(どういうわけか「師」と表現されることが多い)も先頃亡くなってしまったし。
このデザインも? 死屍累々か。
どうしてハードロックはこうなってしまうのか。


e0220506_19583747.jpg

左端、ギターのローワン.ロバートソン、弱冠18歳!
(似てるけどMr.ビーンはローワン.アトキンソン)
上手かったし、可愛かったし!!
今、何してんだろうか?
左から2番目がRonnie師。



何だか今日は男くさくなってしまったので、最後に口直しで、これも大好きな美人で実力派のカントリー歌手。
Chery Wright「The Metroporitan Hotel」(2005年)
e0220506_2033030.jpg

儚げな表情がいいです。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-13 20:21 | 音楽