Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ

2011年 07月 09日 ( 1 )


2011年 07月 09日

仕事するならRailroad Song!!

きょうも直列(シリーズ)接続で仕事しました。
いまのところはうまくいっているので、これを持続させるようにと. . .


益子町H様ストゥールの貫、断面を8角形に。
e0220506_20244551.jpg

眩しい日差しのせいで、明るすぎます。
e0220506_2025264.jpg

あとは平鉋で丸く削ります。


C県Yさんのハカランダトップ材、あれからしばらく経ちますが、平な状態を維持しています。
e0220506_20271243.jpg

裏打ち用のインドローズ材は、手押し鉋盤と自動鉋盤を通しましたが、ハカランダ材はそのままで接着です。
e0220506_20502775.jpg

接着面の反対側に水分を与えて、
e0220506_20523798.jpg

e0220506_20543332.jpg

圧着します。
e0220506_2053299.jpg



Slide ONE様 オバンコール材のバックにメープル材のセンターを接着。
平面が見えなくなるのがもったいない!!でもこれがサイドに出た時の効果たるや. . .
e0220506_20561121.jpg

接着剤はオーシカのPIボンド。
e0220506_20565525.jpg

強固に圧着。
e0220506_20572844.jpg

センターは強度を考慮して0.7mmずらしています。
e0220506_2103849.jpg



宮崎のT様、ヤマハのSJモデルでシンライン風に。
e0220506_2183860.jpg

まだバックキャビティの関係がよく見えない、調子が悪いと、透視図や重層的な構造がまったくわからない。
相当脳に欠陥があるらしい、自分でもなるほど!!と感心している. . .
でも本調子になれば、何のことはない。
しかし本調子より、具合が悪い日が多いのでは?
これからは大丈夫と自問自答。

同じ宮崎繋がりでディンプル加工にすることにしました。
ルーターで奇麗に仕上げるためには、型を作らなければならないけど、これなら早い。
e0220506_21102944.jpg

意識すると余計ランダムに出来なくなってしまう、「わかっていても、できない脳」
e0220506_21121728.jpg




ここでブログタイトル、「仕事するならRailroad Song!!」
手作業の時は基本的に2拍子の曲が良いと思われます。
つまりブルーグラスやアイリッシュパンクなど。

今日はアメリカ開拓時代の「Railroad Song」で。
Freight Train Blues(2000年)


ブルーグラスのコンピレーションアルバムです。
e0220506_21185863.jpg

アーティストは、
e0220506_21193556.jpg

1曲目にMarty Stuartが、(ダッフィさん、わざとらしいのはわかっています)
2曲目、Laurie Lewis、日本に来たそうですが、その頃は残念ながらハードロックしてたので. . .
でもAlison Brownは栃木市のコンサートで、目の前で見たし、サインも貰ってTシャツも買ったし(だからそれがどうしたと)


Railroad Songは現在でも人気らしく、若いアーティストも取り上げています。
Crooked Still 「Shaken by A Low Sound」(2006年)
e0220506_21254427.jpg

3曲目と10曲目の2曲(11曲中)
e0220506_2124573.jpg

ここでゲストにLaurie Lewisと夫のTom Rozumの名が、カリフォルニアで録音のせいでしょうか。

10曲目の「Railroad Bill」でのRushad EgglestonのCelloが凄い!!
この曲を聞くと手が勝手に動いてしまうので、細かい作業にはけっして向きません。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-07-09 21:44 | 木工