Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ

2011年 06月 20日 ( 1 )


2011年 06月 20日

宝の持ち腐れというほどではないが、一度も使ったことのない鉋


若い時は誰でもそうと思いますが、道具に凝って買い漁りました。
ずいぶん生活費を犠牲にして道具を購入。
今考えるとバカみたいですが、30年前で10万円もする寸八の鉋を手に入れて自己満足していたわけです。
全然でもないけど切れなかった、というより切れ味が長続きしない。
道具屋さんに一応言ってみると、「それは甘切れというんだ、鉋はそうでなくちゃ」
何かごまかされた感じ。
で件の鉋は名人と言われた方が打った鉋だったため、3年ぐらい前にオークションに出品したところ、思いがけずの高額落札となりました。
そのようにして3丁ほど売り払って、今あるのは値段がつきそうもない鉋と、普段使いの替え刃式鉋です。


便利そうに思えたので、買っては見たけど未使用です。
e0220506_21382613.jpg

全長180mm、幅32mm、刃先が剣先状です。
e0220506_21413744.jpg

銘は「悦英」川越の鍛冶屋さんですが、こういう小さな特殊な鉋専門。


この鉋は刃先が見えやすいように鉋台を切ってあり、しかも押して削ります。
e0220506_21431384.jpg

全長235mm、幅63mm、額縁の目違いを取るのに良さそうと考えたのですが、別にこれがなくても. . .
e0220506_21445956.jpg

新潟産、鋼は青紙。
e0220506_2158091.jpg

銘は「聖剣」と凄いネーミング、アーサー王のExcaliburからでしょうか?
それとも三種の神器の天叢雲剣か?
恐れ多くておいそれとは使用できない、だから未使用です。

こんな道具がごろごろあって、無駄使いをしたものだなあ、と思います。



ここのところメールの返信が滞っていたり、電話の応答をせず申し訳ありません。
メールの返信がかなりたいへんです。
間違えないかと心配で. . .

電話もかなりな恐怖、余計なことを言ってしまうのでは、という恐れのようです。
少しずつ良くなってはいるのですが. . .

ブログは特定の個人相手ではないので、ハードルが低いようです。
正直自分でも、自分の頭の中が良く分かりません。
いったいどうなっているんでしょうね。


良くなった暁には「怒濤」のごとく仕事をしますので、どうかあと少しお待ちいただけますか。
「破竹」の勢いでもいいけど、それだと破れかぶれみたいなので. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-20 22:10 | 木工