Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ

2011年 06月 12日 ( 1 )


2011年 06月 12日

艱難汝を玉にする?のか、しないのか。

最近はあまり聞かれなくなったことわざに「艱難汝を玉にする」があります。
検索したところ意味は、
「人は辛いことや苦しいことを乗り越えてこそ、大成するものだということ。英語の“Adversity makes a man wise.(逆境が人を賢くする)”を意訳したことばと言う」
だそうです、まあ思っていた通り、でも英語からきているとは意外!!

艱難は下限何歳から上限何歳ぐらいまでの間で有効でしょうか。
5歳ごろから艱難だらけだと、きっといじけたり、ひねくれたりして逆にまずいのではないか。
もちろんその人しだいで、りっぱな大人にもなれることでしょう。
でも「同情するなら金をくれ!!」みたいなことにもなりかねない。

この艱難が70〜80歳にもなったらつらいでしょうね。
私のなかでは上限50歳ぐらいかな、と考えていますが、それ以上の年齢だと「玉」になれずに砕け散ってしまうのではないかと. . .


ここで私自身のこと。
自律神経失調症やら強迫神経症が出現するのは、現在置かれた環境のせいと考えています。
もちろん持って生まれた資質もあることでしょう。
あまり楽しい話題ではないので簡単に記しますが、工房で木工機械を運転中に長男に後ろから角材で殴りつけられたり、油断している時に足蹴りされたり、まあ今はやりのDVです。
そのほか留守中にオーディオを壊されたりと、枚挙にいとまがない。

長男に言わせると現在の自分の状況が良くないのは、父親が悪いからということです。
100歩譲って100%私が悪かったとしても(100X100で100.000単位譲っています)、暴力は良くないと思う。
友人に言わせると、「手伝うから一回グウの音も出ないほど凝らしめればいい」となるのですが、暴力に対しての暴力の応酬では. . .

公的機関に相談にも行きましたが、「まずお父さんが変わること」って私、まったく暴力的ではありません(「暴力的に変われ」ですか)
警察も呼びましたが、「その最中ではないとどうにもならない」そうです(卑怯なので、逃げ足が速い)
警官曰く「この地区多いんですよね」 こんなの慰めにもならない。
こういうことは相対的なものでなく、自分にとっては絶対的なもの。

戸塚ヨットスクールがまた繁盛(不適切な言葉ではありますが)しているそうです。
親の力ではどうにもならないことってあると思います。
極限状態まで追いつめて人格を変えるのでしょうか。


ここのところこの環境に対する閉塞感が強く、どうにも解決しようもなくかなりまいっていました。
それが精神的な症状として発現しているのでしょう。

今の工房は長男の住居と繋がっているため、いつ襲われるか分からないので何とも落ち着かない。
特に機械加工中は物音が聞こえないので、非常に不安になる(しょっちゅう後ろを振り返っている)
集中もできないし、お客様を迎えるのもためらわれる。

でも光明を見いだしました。
それなら新しい工房を建てればいい!!

なんで今まで気がつかなかったのだろうか。
1.たぶん今にきっと良くなるに違いない。
2.長い間かかって使いやすくした仕事場なので、また再出発はたいへんだ。
3.建築費用がない。

幸い土地はあるので、少し離れたところに20坪の工房を建てることにしました。
友人の神田さんがローコスト建築に明るいので、昨日相談に来てもらいました(本来は出向かなくてはならないのに)
想像以上に安くできそう。
骨組みだけ本職に作ってもらえば、内装は自分で出来るので今秋から始めます。
そのためには早く病気を直して仕事をしなければ。
でないともう60近いので、「玉」になるどころか「玉砕」されてしまう。


このところ友人から依頼されたオーディオをオークションで落札しています。

NEC A-10 III (1986年 118.000円)
e0220506_21274486.jpg

非常に程度がいい!!
これで落札22.500円、ゴリゴリした低音のでるアンプ、と言われたらこれしかない!!
トーンコントロールなどの余計な機能はバッサリ省略、潔いアンプ!

内部はほとんど電源が占めています。
e0220506_21315677.jpg

巨大なトランス2個に電解コンデンサ8本。
e0220506_21325171.jpg

リザーブ電源、電池と同様の働きという(50Hzの正弦波の谷間を逆相の正弦波で埋めてフラットにしています)
そのため8オーム60W+60Wが4オームで理論値通りの120W+120W!!

インシュレーターは面接触と点接触を付け替えられます。
電源コードは普通。
e0220506_2140418.jpg

底部のパネルは厚さ3mm!
e0220506_2271392.jpg

ツマミはすべてアルミの無垢!!
全体の重量は25Kg!!!

作っても作っても原価を割って赤字だったという。
それならどうしてA-10、A-10 II、A-10 III、A-10 IVまで作ったのか?
こういう話ってけっこうあるけどホントかなあ?

音はさすがに雄大です。
低域の延びが凄い、高域はクリア過ぎるくらい。
音場は広いし、いいアンプです。

これも昨日のBOSEといっしょで渡すのが惜しい、でもお金預かっているので詐欺になってしまう。
パイロットランプが点灯しないのと、ボリュームにガリがあるので、そのことを名目にしてしばらく楽しみます。
代理落札はけっこう気を使うので、役得です!!


別なCDを探していてでてきたCD。

Les Paul with Mary Ford
e0220506_21522596.jpg

e0220506_21533047.jpg

20曲でも45分程度、1曲が短い。
好きなのが6曲目の「The World Is Waiting For The Sunrise」
邦題「世界は日の出を待っている」直訳ですが非常にうまい!!
Maryさん 歌はさほどうまくはないのですが、雰囲気がなんともすばらしい!!!
もともとモノラルを疑似ステレオ化したようですが、時代を感じてこれもいい。
できたら真空管アンプで、コーン紙のうんと軽いスピーカならいいだろうなぁ。

MaryさんはLes Paulさんの3度目の奥様、12年ぐらいで離婚しました。
ちょうどレコードが売れなくて苦境の時期、たいへんな時こそ支え合えたらいいのに. . .
ホントに結婚て難しい。
Les Paulさん、懲りずに4度目、5度目の結婚があったかどうか、不明。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-12 22:14 | 日常