「ほっ」と。キャンペーン
2011年 10月 28日

コスモス街道と、何の脈絡もないCrooked Still。


友人の汐崎さんの工房が家から車で15分ぐらいのところにあり、私が鹿沼に行くときはそのすぐ近くを通って、森林公園経由が近道になっています(ローカルな話で. . .)
昨日久しぶりに通過しようとしたところ、ちょうどコスモスが満開!!
丈の低い種類なため倒れずに、太陽を浴び風に揺れていました。
e0220506_21352226.jpg


汐崎さん、朝は前橋、日中はワークショップ、夕方には日光の湯本で講師という、それこそ東奔西走+八面六臂の大活躍!!!
近くのコスモスも見てる暇がないに違いない、と勝手に想像してコスモスの花をアップしました。
汐崎さん、見てね!!!
e0220506_21414939.jpg


facebookによると、明日は'山に芝刈り'に行こうか、それとも'川で洗濯'しようかと迷っているらしい?!
e0220506_21462298.jpg




これも最近よく聞いているCrooked Still。
いままでにCDを四枚、
e0220506_21485644.jpg

左上の2004年のアルバムは4人でしたが、現在は5名。


2009年の動画、CelloのRushd Egglestonが抜けたあと。



メンバーは、
Cello - Tristan Clarridge
Fiddle - Brittany Haas
Vocals - Aoife O'Donovan
Banjo - Greg Liszt
Bass-Corey DiMario

CelloのRushd Egglestonがいなくなってどうなるのか、と思っていたら二代目のTristan Clarridgeも凄いグルーブ!!!
途中から加わったFiddleのBrittany HaasはMark O'conorのフィドル.キャンプ出身。
お姉さんと一緒にMark O'conorのアルバムにも参加しています。


Crooked Stillでいちばん好きな曲、元歌がGillian Welchの「Orphan Girl」。
父も母も兄も妹もいない、ひとりぼっちの少女の歌です。
エミルー.ハリスも歌っていたはず。





ブログを書きながら見つけたRushd Eggleston在籍時の「Railroad Bill」。
鉄ちゃんや鉄子さんのため歌?!



人と人を比べるのは好きではありませんが、やはりRushd Egglestonのノリは凄い!!!


ところで、Vocals のAoife O'Donovan(変わった名前?なんて発音するんでしょうか)、「Orphan Girl」を歌っていますが、けっしてひとりぼっちではなく、Cello の Tristan Clarridgeがパートナーのようです(想像なので真偽には責任持てません)
e0220506_2223257.jpg

頭の傾けかたが. . .たぶん. . .


追記:「Railroad Bill」は不実でいい加減な、Railroad Billと呼ばれた男を歌った歌という. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-10-28 22:44 | 音楽


<< 深まりゆく秋。      Since U Been Go... >>