Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 13日

益子の山中で田村さんのご一家と遭遇!!

11日(日)に「家具展 Vol.4」の会場で、4時に神田さんと待ち合わせ。
どうせ神田さんは遅れるに違いない(神田さんゴメン!)と4時ちょうどに到着。
神田さんご夫妻はもう到着していました!!


今後のことを考えて少し写真を撮りました。
写真は撮るのも撮られるのも大嫌い!!
だから今まで35年ほど家具を作っていても、ほとんど画像の記録はありません(威張れることでもないが)
家具をどういうふうに撮ったらいいか分からない。


e0220506_19342550.jpg

色が変だし、ノイズがいっぱい!!
ノイズもフォトショップで取り除けるのだろうか?
PCに入っているけど、まだ面倒でマニュアルを読んでません。
Mac デフォルトのソフトはトリミング程度。




e0220506_19381137.jpg

李朝の棚をモダンにしたつもりではありますが. . .




e0220506_19412135.jpg

ホントに酷い色とノイズ!!


突然田村さんが登場!!
来ると聞いてなかったので、ビックリ!!!
アスペルガーは突発的な出来事に弱い!
でも生きていると、そのほとんどが突然の出来事。
こういうことに、いつになったら慣れるのだろうか?
死ぬまで慣れることができないのだろうか?
e0220506_1945467.jpg

どうして男はオーディオが好きなのか?
女性の友人に聞くと、「音が聞けさえすればいい!!」というけど. . .




e0220506_1947364.jpg

ああでもない、こうでもないと。
左は神田、右は田村(敬称略)、履物のお好みは一緒のようで. . .




e0220506_19522435.jpg

小さなアンモナイトを神代タモの額に入れましたが、いくら神代タモでも、アンモナイトの中生代白亜紀にはかなわない、石炭で額を作れば釣り合うか?




e0220506_1955308.jpg

タモ拭漆のベンチとチェリー拭漆の鏡。




e0220506_202954.jpg

汐崎さんのアクリル画によるKajon(カホン)

この写真だと撮り直しか. . .



このあと川俣さんのお宅見学に。
田村さんは建築会社に勤務しているため、「ぜひ行きたい」となりました。


e0220506_2063461.jpg

唖然というか、呆然というか. . .



このくらいで驚いていては、川俣さんとお付き合いは出来ません。
e0220506_2095195.jpg

家に中に木が生えてるし。




e0220506_2012868.jpg

トラブル発生ではありません。





e0220506_2013064.jpg

和洋、中華にログハウス!!!
ログだってドアだって貰い物。



e0220506_20134050.jpg

引き出しが50もついた机、これも貰い物。




川俣さんから、モノを貰う極意を伝授していただきました。

1.強く欲しいと願うこと、それこそ昼も夜も、夢に見るまで。
2.途中で諦めて、「お金で買おうか」などとは、夢にも思わないこと。
3.欲しいものが出た時は、付随した要らないものまでひっくるめていただくこと。
4.要らないものまで引き受けると、また貰える可能性が大きい。


川俣さんは、ほとんど貰い物で建てた家と公言してはばかりません。



以前の画像ですが、四角い竹をトラック一台分貰ったので、それを生かすために建てた茶室。
e0220506_20233063.jpg

e0220506_20241124.jpg

目的と手段が逆のような気がしますが、これで本人のなかでは整合しているのでしょう。




今日のブログにまったく関係ないYoutubeの動画。
前回に続いてしつこいけれど「Auld Lang Syne」(蛍の光)



なんとも妙なるマンドリンの調べ、美しいですね。
こうして見るとマンドリンを弾きたくなります。
元The Nashvill Bluegras BandのMandorin奏者、Roland White(クラレンス.ホワイトの兄)でした。
この方も若い時に老成した感じだったので、今でもまったく歳をとっていない!!
非常に控えめな方のように見えます(ステージでもそうでした)
現在はソロのCDを発表したり、マンドリンを教えたりと悠々自適なようです。

The Nashvill Bluegras Bandについては後日(だれも期待してなくてもいいんです、自分のための備忘録、と開き直る)
[PR]

by ditzyzesty | 2011-09-13 20:59 | 日常


<< たまには木工の話でも. . .      Bill KeithのBanj... >>