「ほっ」と。キャンペーン
2011年 08月 31日

去りいく夏を惜しむかのように。

日中は暑い暑いと思っていても、日が落ちると虫の音と秋風。
熱帯アメリカ原産のダチュラ(朝鮮朝顔)は、今を盛りとばかりに咲いています。

2時頃、
e0220506_18482449.jpg

全身をアルカロイドで保護していても、まだ外敵が恐いらしく、
e0220506_18505510.jpg

このように刺を纏っていますが、中身は果肉があるわけでもなく、種子が詰まっているだけ。

夕方には、
e0220506_18545437.jpg

e0220506_18551249.jpg

今年いちばん花数が多いと思われます。
雨のあとなので香りも強い。



9月3日から益子町のギャラリー「もえぎ本店」で企画展が始まります。
大きい家具はギャラリーに預けてあるので、売れやすそうなものを作っていますが、
オイル仕上げのものは、風の通り道で、
e0220506_194368.jpg

拭漆仕上げのものは、風の当たらないところで乾かしています。
e0220506_1965383.jpg


拭漆は塗っている時間より、前後の刷毛の手入れに時間がかかってしまう。
そのため手元にあるギターもつい、
e0220506_1995348.jpg

もう何回塗装したのか?
20日過ぎには組み立てて、発送する気でいたのに。
e0220506_19113182.jpg

こうして見ると、ウォールナットはオイル仕上げより拭漆のがよく思える。
明日、裏側を1回塗って良しとしよう、きりがない. . .


塗り直しでお預かりしていた、フェンダー.カスタム.ショップ製のサンバーストのストラトキャスター。
惜しげもなく、サンダーを掛けました。
e0220506_19162233.jpg

共木のアルダーセンター2ピース、さすがカスタム.ショップだけあって非常な良材。
e0220506_19172991.jpg


これも拭漆で、ブラウンサンバーストぐらいに。
漆を塗ったのですが、前の塗料が染み込んでいてムラに。
もう一度研磨しましたが、まだいまいち。
e0220506_19225376.jpg

e0220506_1923139.jpg

さあどうしようか。



ブログタイトルから去りいく夏を惜しんで、「Summer Of '69」

Bryan Adams「Live! Live! Live!」(1988年)、
e0220506_1928413.jpg

13曲目、「Summer Of '69」
Youtube bryanadamsチャンネルで、ちょうど良い動画がありました!



各地でのツアーの映像の観客のみ編集したようですが、うまくつないでいます!
この頃のBryan Adamsいいですねぇ。
いま見直すと、こんなに良かったんだ!!
DrumsもBassも非常にタイト!
2分20秒あたりからのTommy MandelのOrganの音色が、印象的で効果的!


しばらくぶりで聞いたら、やはり血が騒ぎます。
なのでもう1曲「Hearts On Fire」



あれから1/4世紀近く過ぎたけど、みんな元気か? と思う。
こういう動画を見ると、案内状が届かないことなんて、瑣末なことに思える。
今の自分に出来ることだけやればいい。



WikipediaによるBryan Adams(抜粋です)

ブライアン・アダムス(Bryan Adams OC, 1959年11月5日 - )は、カナダオンタリオ州キングストン出身のミュージシャン・歌手、作曲家、作詞家。
カメラマンとしても活動しており、雑誌などでその腕前を披露している。ベジタリアンでもある。


バンド・メンバー

アダムスはその長いキャリアのほぼ全てにおいて、レコーディング及びツアーのバンド・メンバーを変更していない。現在のラインナップはギターがキース・スコット、ドラムスがミッキー・カリー、ベースがノーム・フィッシャー、キーボードがガリー・ブレイト。1980年代初頭から1997年まではベースがデヴィッド・テイラー、キーボードがトミー・マンデル。ツアーによってはアダムス本人がヴォーカルとベースを兼ねることもある。

アダムス自身はドラム以外の全てのパートを自身も演奏することができ、アルバムでは彼の演奏するトラックと上記のメンバーの演奏するトラックが混在している。また多くのツアーにおいてアダムスはギタリスト兼ヴォーカリストである。フェンダー・ストラトキャスターを演奏することが多く、そのプレイ・スタイルは盟友のスコットにきわめて似ていて、どちらがどのパートを弾いているのか一聴しただけでは区別不能である。

スコットは1970年代後半にアダムスのバンドに参加してからは、ブライアン・フェリーやティナ・ターナーなどのサポートをした以外はほぼアダムスとの活動一本に絞っている。不動のバンド・メンバーの中でもスコットはアダムスの半身とも言うべき存在で、カリーから「僕たちはブライアンとキースのバックバンドさ」とからかわれることもある。メインとして使用しているのはフェンダー・ストラトキャスターである。特別速く指が動くというような派手さはないが、リフや音造りのセンスは抜群であり、アダムスのバックバンド一筋というその地味なキャリアにもかかわらず、多くのギタリストから一目置かれている職人である。エドワード・ヴァン・ヘイレンはかつて雑誌のインタビューで「今好きなギタリストは?」との質問に対し「キース・スコットだ。彼はとてもメロディアスだからね」と回答していた。また、元メガデスのマーティ・フリードマンも、TV番組ROCK FUJIYAMA内で、「ブライアン・アダムスのギタープレイは、ギタリストの手本」という意味の発言をしている。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-31 20:02 | 木工


<< 男もすなる「Don't...      なんだか仕事にモチベーションが... >>