Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 19日

栃木にもあったルート66!!!

これです! ルート66!!
e0220506_21564583.jpg

「US Root 66」ではなく、あくまでも県道66号線. . .


アメリカのルート66は、
e0220506_164962.jpg

e0220506_226055.jpg

e0220506_2264679.jpg

e0220506_22165838.jpg

画像2枚目、3枚目と4枚目は旧道。
4枚目の光景がいいですね。
e0220506_1514723.jpg

e0220506_14591223.jpg

国土が広いので雄大です。



栃木のルート66、
e0220506_2275240.jpg

画像の大きさでは勝っています!
風景もなかなかいい!!
e0220506_22111014.jpg

アメリカのルート66でどうか分かりませんが、栃木のルート66沿いではイノシシによる被害が甚大で、このような電気柵などで防いでいます。
e0220506_22134468.jpg

e0220506_22144937.jpg




このルート66を通って、現在は佐野市になりましたが、旧田沼町飛駒にある日野さんの染めと織りの工房「日野山房」を先日訪ねました。

県道から入るとすぐに細い道になり、
e0220506_22194529.jpg

急峻な山道を登り(帰りに撮ったので下っていますが)、ほとんど山の頂上近くに「日野山房」がありました。
e0220506_22232558.jpg

素晴らしい環境です!
e0220506_22243988.jpg

前方の山がほとんど目の高さ!!



工房を見せていただきました。
自分の仕事とまったく違うので、非常に面白いのですが、なにを質問したらいいのか分からない!

藍の乾燥した葉、一般的な藍立てと違う方法で藍を染めるそうです。
e0220506_22282174.jpg


織り機
e0220506_22285170.jpg

e0220506_2229999.jpg


作品
e0220506_22325196.jpg

e0220506_22301035.jpg

ショールの表と裏ですが、フェルトを練り込んであるそうです。
もっと作品を撮ってくれば良かった。

11月に小山で個展の予定でしたが、画廊のオーナーの計らいで日野さんとの二人展になりました。
たいへん気が楽になりました!!
でも安心せずに頑張りますので、日野さんどうぞよろしくお願いいたします。



もう恒例になってしまったYoutube。
織りに関係した歌を探しましたが、好きな曲がない、仕方ないのでバンド名でThe Tannahill Weaversを。
79年にデビューのスコットランドを代表するバンド。

The Tannahill WeaversのCDが、例によって見つからない。
CDの管理が悪いので画像なしです。
(まずは自分のためのCDラックを作らなければ. . .)
ライナーにバンド名の由来があった気がしますが、ここでは「染めと織り」に強引に結びつけて、「Tannaの丘で糸を紡ぐ人」と解釈しておきます。



バグパイプは大きいハイランドパイプになります。
録音のせいか、ボウラン(大型のタンバリンの様な打楽器)の音がほとんど聞こえず、残念. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-19 23:04 | 日常


<< 古い軽トラ⇨Derek Trucks      速ければいい!!とはかぎらない... >>