Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 05日

 CDラジオとオリヴィア.ニュートンジョン

ブログにコメントをくださる、山形県の木工家の桑原さんに依頼されていた、ジゥジアーロデザインのSONY D-3000。
e0220506_17283195.jpg


先月の桑原さんの展示会に合わせて持参するつもりでいましたが、体調不良であえなく潰えてしまった。
それで取りあえず工房へは後日訪問するとして、D-3000は宅配便で送ることにしました。

送る前に最後のチェックと思い、先日入手したMax Exerciserなるものを使ってみることに。
e0220506_17391899.jpg


取扱説明書 表面
e0220506_12334558.jpg


裏面です。
e0220506_12264119.jpg


原理は、CDの最内周から一気に最外周まで、ピックアップを強制的に移動させるもの。
ピックアップの動きが悪くて音飛びするCDプレーヤを、その動作で移動をスムーズにさせる。
普通の市販CDで読み込みにくい場合でも、このMax Exerciserはリードインしやすくなっているそうです。
送料込みで1400円ですが、半永久的に使用できるので、これは安いと思います。


それで今日、朝から桑原さんのCDラジオは、強制的にエクササイズをやらされていました。
おかげで動きも快調だし、あとは荷造りして明日発送をするのみ。
e0220506_17531259.jpg




これも無理矢理ですが、エクササイズと言えば、「Physical」Olivia Newton Jon。
怪しげなハングル文字のDVD。
e0220506_17584262.jpg

オリヴィア 全盛期の1982年のライヴ、いまでも少し太めになって活躍しています。
e0220506_18115764.jpg


例によってYoutubeの動画です。

バックのミュージシャンが凄い、当時の西海岸のスターを総動員。
Drums Carlos Vega(何かカーマイン.アピスに似てますね)
Guiter Buzzy Feitten
Guiter Michael Landau
Bass Robert"Pops"Popwell
Keyboards Kevin Bassinson
Keyboards David Iwataki
Sax. Tom Scott(ゲスト)



40秒あたりから出てくるキーボードのケヴィン.バッシンソン、何か目が嫌らしいんですけど。
1分40秒:オリヴィアの出身地、オーストラリアでのライヴのため熱狂的なファンが。
2分51秒:マイケル.ランドゥのソロ、16小節。オリジナルはスティーブ.ルカサーでした。
でも少しだけアレンジを変え、これもまた素晴らしいソロになっています。
3分21秒:バジィ.フェイトンのソロ、32小節です、マイケル.ランドゥの倍 時間を取っていますが、当時の二人の力関係だったのでしょうか。
ギターはアイバニーズ。
4分28秒:待ってましたとばかりベースのロバート.ポップウェルが襲いかかり、
4分48秒でベースを弾きながら、オリヴィアと一緒に踊ります!!
オリヴィアが離れる時に、ロバート.ポップウェルの頬を、両手で撫でていくシーンが何度見てもいい!!
6分過ぎ頃から、オリヴィアが縄跳びしながら登場!!



ロバート.ポップウェルのベースが、全編にわたり豪快に鳴り響いています。
完全に音楽におけるリードをとっています。
それに現在のスラップ奏法とは違い、音が図太い!!
いいですねぇ、何度このビデオを見てるんだろうか。

ロバート.ポップウェル(現在65歳)はクルセイダーズで活躍し、その後ラリー.カールトン、ジョー.サンプル、ベイクド.ポテトなどを手伝い、それから廃業したらしい。
3年ぐらい前の風のたよりによると、なんでもナッシュビルで教会の牧師さんになったという。
音楽の都ナッシュビルでというあたりが、音楽を忘れられないから、と考えていいんでしょうか。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-08-05 20:49 | 音楽


<< 本日のブログは簡略版      せっかく決心したのに. . . >>