Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 10日

昨日も今日もアイロン掛け!!

昨日は反りがあるハカランダの薄材に、アイロンを掛けて修正しました。
その最中に福田清さんから電話があり、先日私が用意してやったタモ材のテーブル用の板が反ってしまったという。
こういうのって何なんでしょうか、見計らったように同じような現象。

ほかにも用事があるので、早速出向きました。
e0220506_17402180.jpg

中央部で5mmぐらいの反り。
下に反り止めを入れずに天板は脚に乗せるだけなので、このままではテーブルとしての機能不全になってしまいます。
こういう構造がいつのまにか当たり前のようになってしまいましたが、本来のテーブルの作りではないような気がします。

たまにこのようなテーブルを依頼されることがありますが、「反りますよ」といっても、なかなか理解していただけない。
本やら家具のショールームで見たイメージが強いのでしょうか。
「無理が通れば道理が凹む」


でもいまさらなので何とかしなくては。
昨日に引き続きアイロンですが、板厚40mm どうかな?
テーブル天板を専門に制作しているところでは、高周波で修正しますがこちらは高温度で。
(高調波ならCDをフルボリュームで掛ければ出そうですが)
e0220506_17521091.jpg

めったに出番がない懐の大きなクランプを、久しぶりに持参しました。

もしかしたら天板は作り直しになるので、木工は非常にリスクが大きい。
お客様のご依頼であっても、断る勇気を持たなければすぐに自分に返ってきます。


アイロンは当てたままにして、福田さん流の座面削りの実演を見せていただく。
e0220506_1759983.jpg

上手い!!
e0220506_17595095.jpg

手早い!!
e0220506_180134.jpg

チップのついたディスク、私は見ただけで怖いし、恐ろしい、嫌いです!!
e0220506_18191195.jpg

左から順に使って仕上げるそうです。
e0220506_18192711.jpg

福田さんはこれですべて座面を仕上げるというが、私にはまったく真似できません。
そもそもフリーハンドで電動工具を使うのが恐ろしくて. . .
せいぜいジグソー程度ならいいけど、電動ドリルも固定しないと使いたくない。

こんなやり方(失礼!)でも、仕上がりは非常に奇麗!!
ご自分で拭漆もします。
e0220506_18273278.jpg

凄いですね、その人その人に合ったやり方の木工がある、と気づかされます。

作品の一部を、
e0220506_183237.jpg
e0220506_18322460.jpg
e0220506_18324170.jpg


福田さんはそれこそ悠々自適の環境。
だから奥様は「早くやめて」と仰る。
でも木工が楽しくて楽しくて、いま喜寿 あと30年続けたいという。
先輩として生き方を見習いたいと思います。


福田さんの工房からすぐのところで、友人の高橋靖史さん、牧子さんご夫妻の展覧会が12日まで開かれているので拝見しました。
会場は織物作家の渡辺さん宅
e0220506_18435334.jpg

藁葺きの屋根
e0220506_184461.jpg

倉の屋根は地元の大谷石
e0220506_18443122.jpg

古いガラス窓と、装飾のある大谷石の外壁の取り合わせ。
e0220506_18454147.jpg



室内には、牧子さんとお子様の競作のキルト。
e0220506_1847271.jpg

キルトによるステンドグラスのような照明器具。
e0220506_18482862.jpg
e0220506_18484054.jpg
e0220506_18485682.jpg


靖史さんの木彫によるドアノブ。
e0220506_18495799.jpg

e0220506_18501638.jpg

ご夫妻で美しい作品を作る!!、結婚にこりごりでもうらやましい!!!


そのあと以前テーブルを納品した、タイ料理のレストランで昼食にしようと行きましたが、予約でいっぱいでした。
凄い!!
知り合いの店が繁盛しているのは嬉しいものです。
「象の家」
e0220506_18554460.jpg

浮いた昼食代はCDに回します。
かえって良かった!!!と強がりを. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-10 19:07 | 日常


<< BOSE丸儲け?!      とりあえず出来そうなことから、... >>