Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 08日

麦秋と愁訴


e0220506_20423191.jpg

栃木市と壬生町の境で、麦刈りをしていました。
e0220506_20435111.jpg

遠くで、麦を脱穀して残った茎などを、燃やしているようです。
昔は当たり前の風景でしたが、いまではなかなか煙を出すこともできないので、珍しい風景になりました。
刈り取ったあと、二毛作として稲を作ったり、二期作としてまた麦を栽培したりするそうです。



休んでいた間、できそうなことだけを少し。

大阪のS様のウォールナット ストラトモデルの拭漆が仕上がりました。
最後の2回は、トップとバックを分けて塗装。
e0220506_20583777.jpg

漆は生漆のみではなく、国産漆+MR漆+木地呂漆で艶を良くしています。
e0220506_20592593.jpg


カッタウェイの奥からこちらを見ているのは、モデルの「ai tominaga」
こう見ると「美人モデル」ですが、雑誌の表紙などでは「実力派モデル」 (なるほど、こういう用法は便利ですね、不用意な言葉で相手を傷つけないと思われます)

S様がたいへんお気に入りの様子なので安心しました
このあとパーツを組み込んで、音出ししてお送りします。
ギターアンプの真空管6LGCが壊れてしまったので入手しないと。
コスト削減でロシア製の予定。


少し私の自律神経失調症について(何の参考にもならないでしょうが)

私の周囲にも何人かいますが、それぞれ発現が違うようです。
私もそのときで鬱が強くなったりもしますが、今回は強迫神経症を伴いました。
そのため木工作業がまったくできません。

木工では古くから「3回測って1回で切断」と言われます。
どういう事かと言うと、木材は切断してしまうと(特に長さ方向で)、継ぎ足すことが強度的にも見た目にも非常に困難。
そのため間違えないように「3回測れ」なのでしょう。

強迫神経症がでると、何回測っても安心できません。
強迫神経症で別な症状に、手の皮膚が擦り剥けるまで何度も洗ったり、ドアの鍵を何回確認しても不安だ、と良く耳にします。
それが私の場合は、木材の寸法が安心できない、となるようです。
そのため誰も見てないからいいようなものの、傍目からしたら相当変でしょうね。
メジャーを当てても当てても、計ることができないのだから. . .
でも本人にはどうにもできない。

それと木取り表に書いた数字をすぐに忘れます。
こうなると仕事はできないし、ただただ消耗するだけ。
休む以外ないのです。

本を読むのも音楽を聞くのもつらいのですが、でも休んでいるうちに何となく音楽を聞きたくなってきて、そうするともうすぐ抜け出せるな、となります。
それが昨日あたりからなので、今回早く気がつき、早く休暇を取ったのが良かったようです。
一昨年は半年もかかりました。
これだといい加減お客様にも見放されます。


かなり暗い話題になってしまったので、口直し。

「美人シンガー」でしかも「実力派シンガー」つまり古い言い回しで才色兼備!!!
Juliann Hough(2008年)
e0220506_21503944.jpg

カントリーの歌手ですが歌い方は現代的、バックはナッシュビルの有名ミュージシャンが勢揃い!!
これがデビューアルバム、2枚目を待っているけどなかなか. . .
[PR]

by ditzyzesty | 2011-06-08 22:07 | 日常


<< とりあえず出来そうなことから、...      広くて大きなこころ >>