「ほっ」と。キャンペーン
2011年 05月 17日

下請け仕事が忙しい、前回に続き少しBOSEのことを。

15日は木工家福田清さんご依頼の仕事。
機械設備の関係で、私の工房で途中までの加工をしたほうが能率的、かつ私には現金収入が。
天板が850mmX1800mmの大きさのテーブルとイス6脚です。
材木はこの先、今のペースでギターのボディ材として使っていたなら、40年どころか100年は持つに違いない。
それなので材木も使ってもらえるので、たいへんありがたいことです。

今となっては、なかなか入手しずらいタモの幅広材を2枚矧ぎにします、仕上がり厚さは40mm。
e0220506_5201155.jpg

家具を真剣に作っていた頃なら、たぶん惜しくて譲れなかったと思いますが、なんだかまったくこだわりがなくなってしまって. . .

その他テーブルの脚、イスの座面、その脚とスピンドル材一式。
e0220506_5231184.jpg

実はここまでがそれなりの設備がないと大変な作業、でもこのあともですが。

クランプも一緒について行きます。
e0220506_5264376.jpg

工房まで私のところから10分足らずなので、上に何も掛けずにと仰るのですが、この季節は乾燥が激しいのと日差しが強い、木口割れが心配です。


現金収入があったので、以前から狙っていたスピーカーを買いに、ハードオフへ。
KENWOOD Omni 7
e0220506_531245.jpg

2ウエィで円錐形の反射板がそれぞれのユニットについています。
底面にはバスレフポートも。
e0220506_5324388.jpg

今秋、二カ所で展覧会が決まっていて、小さなオーディオ装置を何台か並べる予定。
昨年もこういった無指向性のスピーカーシステムを作ったのですが、
e0220506_6583333.jpg

あまりに家具屋らしい作りなので、今度はオブジェ風にしようと考えたためです。

まあそういうふうに自分に言い訳しながら、先行投資だとか、資料だと言いながら好きな物を買っています。
でもジャンクなので。



ダッフイさんのコメントにもありましたように、BOSEの低音重視は最初からと思います。
CD以前のカセットとラジオのBOSE、現在の形とほぼ同じ。
e0220506_5543687.jpg

しつこいですが、念のため左は神田、右は田村(敬称省略)
どこかで見かけたら声掛けてやってください、二人とも人なつこいですから。

田村さんはこれにiPod接続で楽しんでいるそうです。
中高音用が左右に一個ずつで、内部にウーファーユニット一個、約2.4Mの音道を通って低音が増強され、出口ではライターの炎が消えます!!!
音道はアルミダイキャスト製で、見ることは壊さない限り不可能です。
途中まで分解して、あきらめて撤退しました。
凄いですね、古いフレーズですが、インド人もびっくり。
BOSE博士はインド系アメリカ人なので、不適切な言葉ではありますが、それにしてもこの大きさでボリュームを上げると、10帖の仕事場が振動します。
ただその低音に比較すると高域が弱いのです、たぶん電解コンデンサーが古くなっていたので、そのせいかも知れません。
これも手放しましたが、田村さんとこで幸せな余生を送っているに違いない。


今時々聞いているのが、BOSEのAWM(Acoustic Wave Music System)
寸法は約510X290X210mm。
e0220506_663849.jpg

CD+カセット+ラジオ。
e0220506_671238.jpg

これのすごい所は、中高域のスピーカーが左右で6個。
全面2個で両端にも2個。
e0220506_611534.jpg

下のスリットから圧倒的な低音!!部屋が揺れます、それでも聴感上の歪みは感じません。
背面にも2個。
e0220506_6132471.jpg


6個のユニットは位相操作がなされています。
詳しくは公開されていませんが、たぶん全面ユニットは普通のステレオチャンネルのまま。
左右は、お互いのチャンネルの音の逆相成分をミックスしています。
それで背面はお互いの逆相成分ミックス+音を少し遅らせていると考えます。
なにしろBOSEは徹底した秘密主義なので、本当のところは分かりませんが、素人考えと思ってください。

これを生かすにはしっかりした床、背面はこれもきちんとした硬い壁の部屋の中央に置くと、相当広い音場が出現してしまいます。
AVアンプの不自然なサラウンド効果とは全く違う。
ライブ会場の奥行きまで分かるよう。
それとこの製品に関しては低音と中高音のバランスが非常に良い!!


BOSE博士は父親の援助で、ラジオ修理を13歳で開始、またたくまに成功したそうで、常人には想像もつきません。
ご幼少時代は相当貧しかったようです。
でも有名なMITに進み、64年には学内にBOSE社を立ち上げたそう(28年生まれなので、36歳時ですか)
産学共同体のはしりのようなものでしょうね。


このAWMもご多分に漏れずジャンクで購入、修理はばかみたいに簡単でした。
つまりみなさんお金持ちだから、音が出ないとあっさり諦めてヤフオク出品なさる、ありがたいことです。
当分恩恵を被っていられます。

ちなみに新品時の価格は諸説ありますが、28万円から30万円!!
でもアメリカでは1000ドルぐらいだったらしい。
これの最新モデルもたぶん発売まだされていると思います。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-05-17 06:58 | 日常


<< 記憶力減退。      Mosriteアベンジャーより... >>