Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 02日

人のつながり−日光編

e0220506_19143031.jpg

28日に家のあたりも結構雪が降ったのですが、霧降はさすがに雪景色。
でも道路はほとんどとけていました。
(こうして画像を見ると写真のセンスはゼロ!!ですね)

お世話になっているHさんのお宅は霧降の別荘地の中間地点。
春から秋まで色とりどりの花に囲まれています。
これからの仕事のことなどを相談して、Hさん手製のカレーをご馳走になりました。

そのあとは古くから仕事を手伝ったり、手伝っていただいたりしている、倭文(シトリ)銘木へ。
お父さんは70歳ですが、まだまだ現役で頑張っています。
無垢板の大きなテーブルを作るのを得意としています。
数年前にオーストラリアから、バーチカルプレーナーという大きな鉋盤のような機械を導入しました。
豪州から技術者が泊まり込み(日帰りは無理ですよね)で、セッティングに来たそうです。
私もこの機械には時にお世話になっていますが、1.5mX3.0mを両面完璧にフラットに出来ます。

ご長男は40歳ぐらい、伝統的な指物を得意としています。
真面目でシャイな好青年!!

今回依頼されたのが、これをもう少し売れそうに何とかして欲しい、との相談でした。
e0220506_1931145.jpg
e0220506_19313069.jpg

矯正のために作業させているところで作っている製品でした。
タモ材、ラッカー仕上げと本格的ですが、重いのとデザインが何とも. . .
これをリファインということでしょうか。
それで1台だけ作ればいいのかなと思ったら、まとめて何台か製作して欲しいとのこと、たいへんありがたいお話でした。
実は私は下請け的な仕事が結構好きでして、全くの下請けはもちろん嫌ですが、こういう形の仕事は大歓迎なのです。
与えられた命題に対して、自分の考えで省力化を計り、しかもそれ以上のデザインにするのが面白いのです。

現在ヤフオクに出品しているギターボディのキットも、そういう流れになります。
エレキギターに関しては、完成品を作りたい気持ちが全くありません
落札してくださった方の要望をお聞きして、そのことに寄り添って作るのが非常に楽しく感じます。

今加工中のホンジュラスマホガニーによるテレキャスターモデル。
このマホガニーは最近ヤフオクで落としたのですが、若い木なのに狂いが少なくてたいへん良い材です。
色は少し明るめで若干硬いですが、却って加工しやすく感じます。
e0220506_195703.jpg

e0220506_19573180.jpg


ボディキットは今回でしばらく休もうと考えています。
理由は落札後の加工が貯まってしまったこと.
これには理由がありまして、今年の1.2月が異常に過乾燥で、加工を進めるのが怖かったことにあります。
ここに来て乾燥も和らぎようやくといったところです。
そろそろ漆も乾きやすくなってきます。
加工も同時加工のほうが、治具や工具のセッティングが楽なこともあり、いよいよ明後日からと考えています。
加工依頼されている方、お待たせしました。
あと少しお待ちいただけますか。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-03-02 20:11 | 日常


<< 刃物交換とスピーカエッジ交換      Taylor Swihtと忍者... >>