2011年 02月 25日

CAJONは寝て待て?!

e0220506_18153542.jpg

3年ほど前に、汐崎さんとカホン製作プロジェクト(というほど大したものではないけど)を立ち上げて5台製作しました。
あちこちの展覧会や知り合いに好評をえて残すは1台のみでしたが、これがあまり鳴りが良くないため不良在庫となっていました。
コイツです。(すみません、画像回転できないので、首を回転して見ていただけますか)
e0220506_18231268.jpg

打面にスウェーデン製の超高級バーチ合板を使用したために響きが悪く、良かれと思いやったことが、全く裏目になってしまったわけです。
適材適所、過ぎたるはなお及ばざるが如し、そのまんま. . .
それで今回、汐崎さんの展覧会に合わせて、打面のみ作り直すことになりました。
全て汐崎さんにお任せしていたところ打面の合板を取り替えて、しかも絵まで新たに描いてくださいました。
TAKANOHASHI CAJONのブランド銘まで(商標取ろうかな?)
e0220506_18535695.jpg

絵がいいですね〜。
音は以前と比べまったく変わり、スネア風の音が良く出るようになり、しかも低音も倍増した感があります。
すごく気に入りました!!!

このカホンはかなり工夫がされています。
1.打面を除き全て無垢板を使用したこと。(側板のみウォールナット材で、あとは日本産のクルミ材)
2.叩きやすいように打面に傾斜をつけたこと。
3.座りやすくするため座面を凹ませたこと。
4.内部に張ってある弦をチューニングするために、ギター用のペグをつけたこと。
e0220506_1952777.jpg

他にもいくつか工夫した点はありますが、まあ自己満足みたいなので. . .

汐崎さんいい男なので、特別に画像3枚奮発!!!
音楽にあわせて右から!
e0220506_1973531.jpg

左から!
e0220506_1983090.jpg

正面から!手が早過ぎてブレてます、凄い!!
e0220506_1994336.jpg


このCDに合わせて叩いています。
e0220506_19114055.jpg

カナダの姉弟Qristina & Quinn Bachand(2008年)
お姉さんのFiddle 非常にうまいです!!
ダブルストップの使い方が絶妙!
伝統的なScottish Fiddleをもう少しモダンに解釈しているようですね。
e0220506_19332151.jpg

弟はGuiterですが、完全にバックに徹していてメロディは一切弾きません。
使用GuiterはLARRIVEE、割と低音が豊かな感じで、しかも切れがいい。
まだ10代半ばのようですが、末恐ろしいですね。
Liz Carrollの名曲「Lost in The Loop」が白眉!!
曲によってはUilleann pipesやBodhran、Accordionが入りますが、ほとんどはFiddleとGuiterのみ、でも最後まで飽きさせません。
この手の音楽 Guiterは伴奏だけなのは分かってますが、8小節だけでもいいから弟のソロを聞きたかった。

汐崎さんのおみやげ!!
e0220506_19474383.jpg

パン屋さんは済生会病院の近くだそうです。
アケビ籠は八木澤正、たぶん1985年頃の作。
(正さん、画像上部切れちゃってゴメン)

何もしないで待っていただけで、こんな果報があったので「CAJONは寝て待て」と. . .
汐崎さん、CAJON 売りたくないけど売れるといいね!!

汐崎弘 ウェブページ  「Atelier Marsion」
http://www.geocities.jp/atelier_marsion/toppage.html
 
[PR]

by ditzyzesty | 2011-02-25 20:08 | 音楽


<< 人のつながりー益子編(でもシリ...      春ですね! >>