Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 24日

春ですね!

e0220506_16581632.jpg

近くにある自生地へまだ早いかな、と思いながら行ってようやく2株見つけました。
e0220506_170321.jpg

もう少しすると白いアルビノの坐禅草もいくつか咲きます。

春先のほんの一時だけ聞くCD。
Carver Blanchard 「Lute Unleashed」(1992年)
e0220506_17554725.jpg

春の兆しが感じられる晴れた日の夕暮れ時、このCDを聞くようになって10年ぐらいだろうか。
昨年、一昨年と裁判で、とてもそのような気持ちになれなかったのが、今年はようやく聞く気になれた。
どうしてこの季節に聞くようになったのかは、自分でも分からなくなってしまったが、春を待ちわびていた気持ちに合っているのだろうと思う。

Carverは43年の生まれ、録音当時49歳、Wesleyan Universityでリュートとギターを教えていたそう。
非常に艶やかな声で、黒人霊歌からフォスターそしてコール.ポーターまで、北アメリカの近現代の名曲の数々をリュートを奏でながら歌います。
e0220506_19332034.jpg

声が美しすぎて、Stephen Fosterの名曲「Hard Times Come Again No More」は歌の内容と声が合わない気がするほど。
Glen SaundersのWood Bassが彼の歌を引き立てながら、曲によってはHarmonica、Recorderが加わります。
他では聞くことの出来ないような、たいへんきらびやかな音のするリュートは、Robert Cooper作。

もう廃盤だろうと思い念のため調べたところ、アマゾンで一時品切れ中、まだ販売されています。
iTunes Store日本では情報なしですが、アメリカではMP3で配信されているので、まだまだ人気があるのかな、とも思います。
CarverはCDこれ1枚のみでそれが残念ですが、私にとってはかえって宝物のよう。
だからよけい、春先の一週間ぐらいだけ聞くことが良いのかもしれません。


正味5時間で2枚製作したドア
e0220506_201167.jpg

どんな塗装をするのやら、塗装してから来週初めに取り付けだそうです。
夜中引き取りが夕方引き取り。
久しぶりに木工らしい仕事をしました(笑)
やるべきことはやったので、プロヴァンスにならなくても気にしませんっ。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-02-24 20:05 | 音楽


<< CAJONは寝て待て?!      春が来るのにどうして今頃 Wi... >>