Macと音楽と木工と . . .

ditzyzesty.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 18日

SG改モデル

横須賀のA様からGIBSON SGシェイプのデタッチャブルネック用のボディを依頼されました。
ヤフオクを通じて知己ができたのですが、良い意味でとんでもないお方!!
アメリカまでギター材を買いに行くわ、ピックアップアップを特注で名人に巻いてもらうわ、等々加工始まる前からエピソード満載です。
「そろそろ加工始めます」と連絡しても、「今日カナダからトップ材が届いたから送っときます」でどんどん宅急便で材木が届きます。
でもおかげ様で、家具材としては普段見られないような珍しい木材を拝見することが出来、たいへん有意義でした。

バーズアイメープル(鳥の眼の模様のカエデ材)
e0220506_18554463.jpg

アーチトップギター用に木取りした虎目
e0220506_19232393.jpg

キルテッドメープル
e0220506_19242649.jpg

スポルトメープル
e0220506_1857463.jpg

このメープル材は腐る寸前にしてから製材します。
材木を土中に埋めたり水を掛けたりして、腐朽菌の繁殖を促しメープル材の白い部分に模様付けしますが、なかなか思うようにはいかないようです。
木材の外側の白い部分に菌が繁殖するのは、その部分が木の成長のために土中から栄養を運ぶ役割を担っており、切り倒されたあとも腐朽菌が繁殖するための栄養分が残っているからです。
そのため中心部の赤身には腐朽菌は入り込みません。

スポルト+虎目
e0220506_19104458.jpg

墨絵のような. . .
e0220506_1911734.jpg

赤身には腐朽菌は入れないので白辺で繁殖。
スポルト+虎目
e0220506_19113622.jpg

墨絵のようなスポルトに品の良い薄い虎目。
e0220506_19115811.jpg

こんな感じであとからあとから届くので、いつになっても決めることが出来ません。

一ヶ月以上悩んでトップ材として決まったのがメープルのバール(瘤)材。
奇しくも一致!!!
e0220506_1931137.jpg

A様の図面によって外形を描きましたが、少し左右のバランスが悪いので、メールで何度もやり取りして決まった形。
e0220506_1937073.jpg

ここまでくればあとは早いもの。
e0220506_19392493.jpg

e0220506_19394361.jpg

バック材は手持ちのホンジュラスマホガニー。
e0220506_19403963.jpg


それでA様、今月はギター製作月間として休暇だそうです。(たしか3月が製作月間でしたよね? 前倒しですか? Aさん。)

A様はネックを製作することが非常にうまい!!!
きっと今頃は土曜、日曜もなしで、毎日ネックを加工していることでしょう。
[PR]

by ditzyzesty | 2011-02-18 19:57 | ギター


<< たいへん良く出来ました!!      禁色とPCとディープパープル? >>